西城秀樹の死因の急性心不全は病気ではない!残された家族(子供)や奥さん(嫁/妻)などについても!

この記事は3分で読めます

出典:あっぷあっぷ


スポンサーリンク

 

昭和の歌謡史を情熱的な歌唱と激しいアクションで彩った歌手西城秀樹(さいじょう・ひでき)さんが亡くなっていたことが明らかとなりました。

西城秀樹さんが死去

スポニチアネックス他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」などのヒットで知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったことが17日に分かった。63歳だった。広島市出身。2003年と11年に脳梗塞を発症、右半身麻痺の後遺症が残っていた。4月25日に入院し、そのまま帰らぬ人となった。

通夜は25日午後6時、告別式は26日午前11時から、いずれも青山葬儀所で営まれる。

(ー中略ー)

出典:スポニチアネックス

 

西城秀樹について

こちらが、亡くなった西城秀樹さんのプロフィールです。

「西城秀樹」の画像検索結果

出典:デイリースポーツ

名前:西城秀樹(さいじょう ひでき)

本名:木本 龍雄

生年月日:1955年4月13日

年齢:63歳(享年 2018年5月16日)

出身地:広島県広島市東区

学歴:明治大学付属中野高等学校定時制卒業

ジャンル:J-POP

職業:歌手、俳優

所属事務所:アースコーポレーション所属

西城秀樹さんの詳しい経歴がこちらです。

小学5年生で兄とバンドを組み、高校時代にジャズ喫茶で演奏していた際にスカウトされ、家族の反対を押し切って上京。1972年(昭和47)3月に「恋する季節」でデビューした。郷ひろみ、野口五郎とともに「新御三家」と呼ばれトップアイドルとなった。73、74年と連続して日本レコード大賞歌唱賞を受賞。テレビドラマ「寺内貫太郎一家」(74年、TBS)、映画「愛と誠」(74年)に出演し、芸域を広げた。ハウス食品「バーモントカレー」のCMには73年から12年間出演、「ヒデキ、感激!」などのキャッチフレーズは商品とともに世に広まった。

その後「炎」(78年)、「勇気があれば」(79年)、「ギャランドゥ」(83年)などのヒットを飛ばし、外国曲のアレンジとなった「YOUNG MAN」では、両腕を使って「Y.M.C.A.」を表現する振り付けが流行し、子供から大人まで親しまれ、TBS「ザ・ベストテン」では2週連続「9999点」の満点という唯一の記録を打ち立てた。

03年に韓国でのディナーショーの後、脳梗塞を発症。言葉をうまく発音できないなどの障害に見舞われながらリハビリで復帰し「あきらめない 脳梗塞からの挑戦」を出版。しばしばステージにも立ったが、11年に再発。右半身麻痺の後遺症が残っていた。

出典:スポニチアネックス

 

死因は?

では、死因はいったい何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、西城さんの死因は急性心不全ということのようですが、おそらく脳梗塞絡みで何か別の病気を併発していた恐れがります。

ですが、直接的な原因として挙げられるのが、急性心不全であるというのです。

急性心不全とは,「ポンプである心臓に器質的およびあるいは機能的な異常が生じて急速にポンプ機能の代償機転が破綻し,心室充満圧の上昇や主要臓器への灌流不全をきたし,それに基づく症状や徴候が急性に出現した状態」のことです。

つまり、心臓に何らかの負担や異常をきたしたために、血液を送ることが困難となり、停止してしまう病気です。

原因には虚血性心疾患,高血圧性心疾患,弁膜症,不整脈,心筋症,心筋炎などがあり,心機能の急速な破綻により致死的となることから早期診断・早期治療が不可欠な病気としても有名です。

 


スポンサーリンク

 

急性心不全は病名ではない

そもそも急性心不全とは「心臓に器質的および/あるいは機能的異常が生じて急速に心ポンプ機能の代償機転が破綻し,心室拡張末期圧の上昇や主要臓器への灌流不全を来たし,それに基づく症状や徴候が急性に出現,あるいは悪化した病態」と定義されています。

つまりこれは「心臓が何らかの理由で急激に動かなくなり、循環状態に病的な影響を及ぼす」という状態のことを指すのです。

心臓はご存知の通り、全身に血液を送るポンプの役割を果たしておりますが、そのポンプが故障したために全身に血液を循環させる事ができなくなるため、血液中に含まれる体の機能を維持する酸素や栄養素が全身を循環できないという事態に陥るために、死に直結するというのです。

厚生労働省の報告によれば、急性心不全という疾患分類はなく、未だ明確な実態や動向は明らかにされていないのが現状です。

急性心不全を起こす原因は、心疾患の三大危険因子と言われる「高血圧・糖尿病・高コレステロール血症や高脂血症などといった脂質代謝異常」から、「風邪などの感染症」、「アルコール」、「ストレス」など非常に多くのものが複合的に絡んでおり、直接的な原因が何であるのかは医学的には解明されておりません。

元々不整脈を持病として持っている人が急性心不全を起こす事も多く、致死性不整脈が急性心不全の原因のひとつともなる事も多々あるそうですが、大杉さん場合は不正脈ということはなっかたそうなので、これには当てはまらないでしょう。

この様に、1つの疾患としての分類には急性心不全は位置づけられていないために、医学的な調査も本格的にはあまり行われていない謎の死因として有名なのです。

 

現在の姿は?

では、西城さんの現在の姿は行ったどのようなものだったのでしょうか?

「西城秀樹 現在」の画像検索結果出典:YouTube

これはYpouTube上で公開されていた西城さんの生前元気であった姿であるとされていますが、脳梗塞の後遺症が残っており、顔はやつれ、コメントもままならなかったのだと言います。

二度の脳梗塞を乗り越え、2015年には60才という高齢でありながら、還暦を祝うLIVEを行うなど、積極的に活動に取り組んでいました。

 

奥さんや家族は?

西城さんは、2001年6月30日に現在の奥さんである、槙原美紀さんと挙式をしており、お相手の槇原さんは19才も年下であるとのことです。

槇原さんとの間には、お子さんは3人いるとのことで、長女である莉子さん(16才)と、長男の慎之介君(15歳)、次男の悠天君(14歳)の3人がいらっしゃるのだそうです。

西城さんが脳梗塞を発症した際に懸命に看病をしたとされるのが、何を隠そうこの奥さんであり、お子さん達も必死に回復を祈っていたのだと言います。

いずれにしても、亡くなった西城さんには心よりご冥福をお祈り申しあげます。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!