小林遼の驚愕の人物像と卒アル写真が判明!過去には女児にわいせつ罪で前科あり!生い立ちは新潟工業高校の電気科出身

この記事は4分で読めます

出典:デイリー新潮


スポンサーリンク

 

新潟市立小針小2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、同市西区のJR越後線の線路内に遺棄された事件で、新潟県警捜査本部は14日、同区の会社員、小林遼(こばやし はるか)容疑者(23)を死体遺棄と死体損壊の両容疑で逮捕しました。

新潟女児殺害事件で小林容疑者を逮捕

時事通信社ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

新潟市西区の小学2年大桃珠生さん(7)が殺害され線路内に遺棄された事件で、新潟県警新潟西署捜査本部は14日、死体遺棄・損壊容疑で、大桃さんの自宅近くに住む会社員小林遼容疑者(23)を逮捕した。容疑を認めているという。捜査本部は、大桃さんが死亡した経緯についても小林容疑者が知っているとみて捜査を進める。

逮捕容疑は7日午後10時19~30分ごろ、西区青山水道の線路内に大桃さんの遺体を放置し、列車にひかせた疑い。
捜査本部によると、小林容疑者は電気工事士で、事件当日は仕事を休んでいたという。
7日午後10時半ごろ、現場付近に差し掛かったJR越後線の列車の運転士が、線路に横たわっていた大桃さんを発見。急ブレーキをかけたが間に合わなかった。
司法解剖の結果、死因は窒息と判明。捜査本部は、大桃さんがはねられる前に別の場所で殺害された上、線路に放置されたとみて捜査していた。

大桃さんは、7日午後3時すぎに友人数人と一緒に下校。途中で友人と別れ一人で自宅に向かう途中、行方が分からなくなった。家族が同日午後5時ごろ、「娘が帰らない」と警察に通報した。遺体の発見現場は、自宅から百数十メートルの距離だった。
捜査関係者によると、大桃さんが持っていたピンク色の傘が見つかっておらず、現場で発見されたランドセルなどから複数の指紋が検出された。
県警にはこれまで、事件前後に現場周辺で目撃された不審な車両や人物の情報が寄せられており、捜査本部は防犯カメラの映像や、付近を通った車のドライブレコーダーの記録を分析するなど捜査を進めていた。

出典:時事通信社

 

小林容疑者について

名前:小林遼(こばやし はるか)

年齢:23歳

職業:会社員

在住:新潟県新潟市西区

学歴:新潟工業高校

資格:電気工事士

小林遼容疑者は、新潟女児殺害事件で逮捕された人物であり、この事件の首謀者であるとされている男性です。

犯行現場付近に住んでいるとされており、朝新潟市西区の道の駅「新潟ふるさと村」の駐車場にいるところを警察が発見し、任意同行を求め、逮捕に至ったのだと言います。

 

小林容疑者の人物像

そんな小林遼容疑者ですが、小林容疑者を知る人物の証言では、このような事件を起こす人物ではないことが明らかとなっていますので、ご紹介します。

・気さくな人柄だった、信じられない(以前から知る人)

・「生まれたときから知っている。会えば『おはよう』『お帰り』とあいさつする、優しくていい子。高校を卒業して就職が決まったときはお母さんが喜んでいた」(近所の女性70代)

・「小学校のときしか知らないが、明るくて普通の感じのいい子だった」(近所の女性70代)

・「あいさつを欠かさず、感じのいい人」(小林容疑者をよく知る人物)

・「小学生くらいのころ、お母さんの代わりに町内会費をうちまで持ってきてくれた。飼っていた犬を連れて遊びに来てくれたこともあった」(小林容疑者の自宅近くに住む女性80代)

・「優しくて明るい子。こんな事件に関わっているなんて信じられない」(近所の女性80代)

・「大きくなってからも、よく回覧板を持ってきてくれた。悪い印象は全くなく、小さい子に危害を加えるようにはとても思えない」(家族ぐるみで付き合いのあった女性)

・「礼儀正しそうな雰囲気だったのに…」(出勤姿をよく見かける女性)

・「家族ぐるみの仲で年齢が近いこともあり仲良く遊んでいました。小学生の時は家でテレビゲームをしたり外でボールで遊んだりしていました。高校は別々だったので会う機会が少なくなりましたが、去年、近所で偶然会って仕事や学校の話をしたのを覚えています。高校を卒業したあとは電気工事関係の仕事に就いていて、軽乗用車で毎日、通勤していたようです。暗い雰囲気ではなく気さくな人でした」(近所に住む男性21歳)

出典:NHK 産経ニュース 毎日新聞

つまり、このような証言を元にすると、小林容疑者は到底事件を起こすようには思えないということのようです。

挨拶もきちんとし、近所でも評判が良かった人物がなぜこのような凄惨な事件を引き起こしてしまったのでしょうか?

 


スポンサーリンク

 

生い立ちは?

こちらが、小林容疑者の卒業アルバム写真です。

小林容疑者は、大桃さんと同じ小学校を卒業したのち、地元の中学高に進学。

そして新潟県立新潟工業高校の電気科を卒業した後、地元の企業で電気工事士として働いていたのだと言い、出勤は作業着の時もあればスーツの時もあるのだと言います。

小さいころは町会費の回収や回覧板の配布などを家族に頼まれ、近隣住民宅に伺っていたとのことで、どこにでもいる普通の礼儀正しく優しい人物であったということです。

兄弟は3人兄弟の真ん中であるそうで、事件前後も変わった様子はなかったのだと言います。

デイリー新潮によって公開された電気科時代の写真がこちらです。

小林遼容疑者電気時代の顔画像

髪が長く、どことなく悲しげな雰囲気が見て取れるのですが、それでも近所からの評判は良く、生い立ちを見ても決して事件を引き起こすようなタイプには見えないのだと言います。

 

自宅は?

小林容疑者は大桃さんの自宅と近所ということのようですが、一体どこが実家なのでしょうか?

毎日新聞によれば、ここであるそうです。

出典:毎日新聞

そして、こちらが小林容疑者の自宅であるとこと。

自宅からわずか数百メートルという距離の間で事件を引き起こし、そして遺体を遺棄すると言う残虐性には耳を疑いますが、残念ながら事件は起こってしまったのです。

 

前科持ちだった?

Twitter上の証言によれば、小林容疑者は先月にわいせつ事件を引き起こしており、書類送検されていたということです。

書類送検されているということは、少なくとも警察関係者もしくは検察関係の人に指紋を取られているということになり、ここでランドセルや電車の柵にあったという指紋と一致したために、逮捕に至ったのでしょう。

いずれにしても、あまりにも凄惨な事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

小林遼(こばやしはるか)の顔画像がこちら!生い立ちや犯行動機がヤバい!不敵な笑みはサイコキラーの象徴か?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!