西沢理(さとし)容疑者の顔画像がこちら!犯行動機と児童ポルノ禁止法についても!

この記事は3分で読めます

出典:NNN


スポンサーリンク

 

千葉県船橋市の自宅で男子高校生らを部屋に呼び、乱交パーティーをさせたとして30歳の西沢理(にしざわ さとし)容疑者が逮捕されました。

男子高校生ら呼び“乱パ”30歳男を逮捕

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 ツイッターで男子高校生らを募って「乱交パーティー」をさせたとして、神奈川県警は9日、会社員西沢理(さとし)容疑者(30)=千葉県船橋市前原西4丁目=を児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで逮捕し、発表した。「私には身に覚えがないことだ」と容疑を否認しているという。

県警少年捜査課によると、西沢容疑者は2016年8月13日に自宅で、当時高校1年だった3年の男子生徒(17)を、当時高校3年だった大学2年の男子学生(20)ら男性4人と引き合わせ、みだらな行為をさせた疑いがある。西沢容疑者は行為を撮影するのが目的だったといい、撮影のみを担当していたという。

西沢容疑者はツイッターに「男の中高生の乱パやるよ」と書き込み、参加者を募集。参加者には事前に学生証などの画像を送らせ、年齢を確認していた。金銭のやりとりはなかったという。

県警は昨年9月、参加者の男(22)を別の児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕。押収したスマートフォンに保存されていた画像などから、今回の事件が発覚したという。

出典:朝日新聞デジタル

 

西沢理容疑者について

こちらが、逮捕された西沢理容疑者のプロフィールです。

名前:西沢理(にしざわ さとし)

年齢:30歳

職業:会社員

在住:千葉県船橋市前原西4丁目

西沢容疑者は、2016年8月、船橋市の自宅で当時、高校1年の男子高校生ら男性5人を集めて、わいせつ行為をさせ、撮影した疑いで逮捕された人物です。

募集の方法としてはTwitterを使用していたということで、つぶやきに反応したユーザーさんを募ってこうしたいかがわしい行為をしていたのでしょう。

ちなみに、こちらが逮捕された際の西沢容疑者の顔画像です。

出典:NNN

 

犯行動機は?

では、西沢容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して西沢容疑者は、「私には身に覚えがないことだ」と容疑を否認しているとのことです。

しかしながら、西沢容疑者のTwitterの履歴などを調べれば分かることだと思いますし、さらに言えば、押収したスマホの中に画像や動画などが確認されていることからも、間違いなく西沢容疑者の犯行なのでしょう。

行為を撮影するのが目的だったのだそうで、自分が混ざって行為を行うことはなかったのだそうで、相当変わった趣味をお持ちなのかなと推測されます。

 


スポンサーリンク

 

非常に変わった趣味?

この参加者を募集する際に、参加者には事前に学生証などの画像を送らせ、年齢を確認していたのだと言い、児童ポルノにひっかっかることは覚悟の上の確信犯であったことも考えられます。

また、金銭のやり取りはなかったのだそうで、単純に若い男性の行為を撮影することが目的であったとすると、かなり変わった趣味を持っていることになります。

もちろん同性愛を否定するつもりはありませんが、やはり18歳未満と知りながらこうした行為を行うこと自体は犯罪ですし、ましてや若い学生ばかりを狙っていることは少々好奇な目で見られることでしょう。

 

どのような罪に問われる?

では、一体どのような西沢容疑者はどのような罪に問われるのでしょうか?

18歳未満の少年または少女に対してわいせつな行為をしたり、買春したりすることは「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」によって固く禁じられており、わいせつな画像を送ったり受信したりすることもこれに該当します。

さらに、同法律の第7上にはこのようなことも。

自己の性的好奇心を満たす目的で、児童ポルノを所持した者(自己の意思に基づいて所持するに至った者であり、かつ、当該者であることが明らかに認められる者に限る。)は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。自己の性的好奇心を満たす目的で、第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録を保管した者(自己の意思に基づいて保管するに至った者であり、かつ、当該者であることが明らかに認められる者に限る。)も、同様とする。
2 児童ポルノを提供した者は、三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。電気通信回線を通じて第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録その他の記録を提供した者も、同様とする。
3 前項に掲げる行為の目的で、児童ポルノを製造し、所持し、運搬し、本邦に輸入し、又は本邦から輸出した者も、同項と同様とする。同項に掲げる行為の目的で、同項の電磁的記録を保管した者も、同様とする。
4 前項に規定するもののほか、児童に第二条第三項各号のいずれかに掲げる姿態をとらせ、これを写真、電磁的記録に係る記録媒体その他の物に描写することにより、当該児童に係る児童ポルノを製造した者も、第二項と同様とする。

出典:eCav

すなわち、1年以下の懲役刑か、100万円の罰金が科せられるというのです。

いずれにしても、非常にセンセーショナルな内容の事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

江口勇紀(えぐちゆうき)容疑者は帝京大学・大学院生で顔画像がこちら!児童ポルノ禁止法についても

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!