大桃珠生(おおももたまき)さんの殺害の犯人は顔見知りで複数犯か?事件の謎と時系列から真相が明らかに?

この記事は4分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

 

新潟市西区の市立小針小2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、線路に遺棄された後に列車にひかれた事件で、新たな展開があったのでご紹介します。

列車にひかれる数時間前に絞殺か

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

新潟市西区の市立小針小2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、線路に遺棄された後に列車にひかれた事件で、大桃さんは遺棄の数時間前に絞殺された可能性があることが、捜査関係者への取材でわかった。新潟県警は、何者かが列車が来る直前に遺体を遺棄したとみており、現場周辺で不審な人物が目撃されていないかなど、前後の状況を捜査している。

県警によると、大桃さんは7日午後3時ごろ、小学校から友達と一緒に下校し、現場から約470メートルの踏切付近で別れた。その後1人で歩く姿も目撃されているが、自宅には戻らず、同日午後10時半ごろにJR越後線の線路で列車にひかれたという。約10分前に別の列車が通過した際に異常はなく、県警はこの約10分の間に遺棄されたとみている。

司法解剖の結果、死亡推定時刻は7日午後だった。捜査関係者によると、遺体からの出血が通常の列車事故に比べて多量ではなかったことや遺体の状況などから、県警は、ひかれた時点では死後数時間が経っていたとみている。首には絞められたような跡があり、何者かが大桃さんを殺害後、数時間経ってから、列車事故を装うために線路に遺体を遺棄したとみて捜査している。

殺人事件と断定されてから一夜明けた9日朝、大桃さんの通っていた小針小学校では、教員や地域住民が見守る中、児童らが集団で登校した。同小では同日、全校集会を開き、事件について児童らに説明した。

出典:朝日新聞デジタル

 

大桃珠生さんについて

こちらが、亡くなった大桃さんのプロフィールです。

名前:大桃珠生(おおもも たまき)

年齢:7歳

小学校:新潟市立小針小2年

在住:新潟市西区

大桃さんは、何者かに絞殺されたのちに、JR越後線の線路内に死体を逝きされてしまった人物です。

大桃さんは、関係者の話によると優しく穏やかな性格で、勉強やクラスの当番など何事に対しても頑張り屋だったのだそうで、事件が発生したこの現場にはおよそ2年前に父、母、兄の4人家族で引っ越してきたのだといいます。

近隣住民の話によれば、大桃さんは兄や友人と自転車で遊んだり、サッカーボールを蹴ったりするなど活発な様子だったといい、事件に巻き込まれたとされる午後3時頃には、1人で学校から帰宅する様子も見受けられたのだといいます。

 

事故現場は?

報道機関の発表によれば、こちらが事故現場であるそうです。

出典:FNN Prime

そしてこちらが、事故があったとされる事故現場の様子です。

現場は、新潟県新潟市西区小針上山7−13付近のJR越後線がすぐ傍に走る閑静な住宅街であり、夜中になると非常に暗くなるそうで、「線路に人が歩いていも気がつかない」という証言もあるほど、人通りは少ないのだそうです。

街灯も少なく、ここで夜中に不審な動きをしていたとしても、気がつかないということが起こりうるのだと推測されます。

 

時系列を整理

こちらが、事件の時系列を整理したものです。

2018年5月7日14時50分頃:大桃さんの授業が終了

2018年5月7日15時00分頃:大桃さんが友人と下校

2018年5月7日16時20分頃:大桃さんのお母さんが小学校に「子供が帰らない」と連絡

2018年5月7日17時過ぎ:大桃さんの母親が警察に届け出

2018年5月7日17〜22時の間:遺体発見の数時間前であるこの時間帯に殺害が行われる

2018年5月7日22時20分頃:遺体遺棄現場をJR越後線の下り電車が通過したが異常は見られなかった

2018年5月7日22時30分頃:大桃さんが電車にはねられ、遺体が発見される

大桃さんがは、おそらく何者かに連れ去れれたのちに、遺体が遺棄される数時間前に絞殺されている可能性があるとのことです。

なぜなら、司法解剖の結果、死亡推定時刻は7日午後と断定されているからであり、遺体からの出血が通常の列車事故に比べてそこまで多くはなかった点や、遺体に首を絞められた痕などがあることからも、こうした見解がなされているのです。

基本的に生前に電車に轢かれて亡くなった場合は、そのほとんどが移動する装置表面に衝突した事による打撲と重量物が上を通過した事による圧搾であるそうで、出血多量で死亡することもあるのだそうです。

しかしながら、電車に轢かれたしてはあまりにも出血が少ないことなどが不審に思った警察が司法解剖をしたのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

この事件の謎

この事件には多くの謎が残されています。

亡くなった大桃さんに関して、近隣住民の話によれば「元気な子で、お兄ちゃんと道路でサッカーをするなど仲のよい姿がみられた。ただ、1人で帰ってくることが多かった」と話しているのだそうです。

1人で帰ってくることが多かったとしていますが、別の住民の話によれば「見知らぬ誰かについていくような子では決してない」という証言もあるそうで、そうした善悪の判断をしっかりと出来る人物であったとも証言されています。

つまり、見知らぬ人についていかない子ということは、言い換えれば知り合いであるならば、ついていく可能性があるとのことです。

また、この事件の死体遺棄に関しては、電車が通過しないわずか10分間の犯行であるとのことで、その手際の良さも謎が多い部分であると推測されます。

さらに、犯人に関しては「このあたりは住宅街で行き止まりや狭い道も多い。犯人は土地勘がある人かも」と別の隣人が証言していることからも、極めて内部犯や顔見知りによる犯行が高いことも示唆しています。

 

犯人は顔見知りなのか?

大桃さんを殺害し、死体を遺棄した人物は一体どのような人物なのでしょうか?

前述した通り、大桃さんが見知らぬ人についていかないという判断力がある人物であるのであれば、おそらく大桃さんと顔見知りの犯行の可能性が非常に高くなってくるでしょう。

もしかすれば、背後から睡眠薬などを嗅がされ、抵抗できないようにして襲ったという可能性もありますが、小学校から自宅までの帰宅するために、少なくとも県道16号線との交差点から伸びる大通りを通らなければならないために、その可能性は非常に低いものと思われます。

さらに、県道16号線から帰るというルートであったとしても、車の交通量は多いとされていますので、容易に大桃さんを襲うことは不可能ですし、もし運転手1人が犯人だとするのであれば、路肩に駐車して大桃さんを襲ったことになりますので、実行犯とドライバーは別にいる複数犯であるのではないかと推測されます。

しかしながら、大通りから一本道を入ってしまえば非常に狭くなっており、人通りも少ない住宅地となることからも、襲うとするならばそのあたりが考えられるのですが、やはり夕方の時間帯は外出している人も多いため、襲うことは不自然で不審に思われますので、顔見知りの犯人が声をかけ言葉たくみに誘ったのではないかと考えるのが妥当ではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

大桃珠生ちゃん殺人事件で犯人は事件当日に女児と接触していた!犯人は土地勘がある地元民で、自分で遺体を処理できない心理か

 
error: You never click here!!