坂野雅哉(ばんのまさや)容疑者の顔画像がこちら!犯行動機がヤバい!稲沢市での事件以外にも余罪が多数か

この記事は3分で読めます

出典:メ〜テレ

スポンサーリンク

 

帰宅途中の少女に乱暴しけがをさせたとして、33歳の坂野雅哉(ばんの まさや)容疑者が逮捕されました。

3年前の事件の容疑者を逮捕

東海テレビほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

愛知県稲沢市で3年前、帰宅途中の当時16歳の少女に畑で乱暴してケガをさせたとして、33歳の男が再逮捕されました。

再逮捕されたのは名古屋市西区の建築作業員・坂野雅哉容疑者(33)で2015年4月、稲沢市内で自転車で帰宅途中の少女(当時16)を押し倒して畑に連れ込み乱暴してケガをさせた疑いです。

少女は全治1週間程度の軽いケガをしました。

愛知県警によりますと、坂野容疑者は今年3月、岐阜県内で起きた別の性犯罪事件の容疑者として逮捕されていて、捜査の過程で、稲沢市の事件への関与が発覚したということです。

坂野容疑者は「逮捕されたことに納得できません」と容疑を否認しています。警察は、余罪が複数あるとみて調べています。

出典:東海テレビ

 

坂野雅哉容疑者について

こちらが、逮捕された坂野雅哉容疑者のプロフィールです。

名前:坂野雅哉(ばんの まさや)

年齢:33歳

職業:建築作業員

在住:愛知県名古屋市西区

坂野容疑者は、2015年4月に愛知県稲沢市内で、自転車で帰宅途中だった当時16歳の少女を押し倒した上、近くの畑に連れ込んで乱暴し、すり傷などのけがをさせた疑いで逮捕された人物で、岐阜県内で起きた別の性犯罪にも関与しているとして、逮捕されてい際に、捜査線上に浮上したために、逮捕されてます。

ちなみに、こちらが警察によって公開された坂野容疑者の顔画像です。

出典:メ〜テレ

 

スポンサーリンク

 

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して坂野容疑者は「逮捕されたことに納得できません」と容疑を否認している供述をしているために、この3年前の事件に関しては、関与を認めていません。

しかしながら、別の事件で逮捕されているということですが、その事件も性犯罪であるために、可能性としては非常に高くなるのではないかと推測されますし、警察の懸命な調べによって坂野容疑者の関与が認められていますので、そうした趣味・嗜好があるのではないかと推測されます。

余罪も多く追求されるとのことですので、この事件に関しても例外なく関与していることでしょう。

 

強姦傷害とは?

では、強姦傷害とは一体どのような罪なのでしょうか?

刑法第177条には、以下のように定義されてあります。

暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫(かんいん)した者は、強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする。

引用:刑法第177条

しかしながら、2017年6月16日に成立し、6月23日に公布された改正刑法によって、強姦罪は強制性交罪へと名称を変え、親告罪から非親告罪へと変わっているほか、今までは女性のみが被害者の対象でありましたが、男性も被害者の対象になりうるということです。

そして、改正後の条文がこちら。

強制性交等罪:
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

出典:新刑法177条

今までは3年上の懲役であったのに対して、今回の法改正によって5年以上の懲役に処される恐れがあるので、法が厳罰化へと動いているということになります。

これはすなわち、情状酌量などの余地がない限り、執行猶予はつかないということ意味し、一発で実刑判決が降るということになります。

今までは親告罪であったために、泣き寝入りをしなければならかかった事案も、こうした110年ぶりの刑法の法改正によって被害者にとっては非常に大きなメリットとなっていることは間違いなく、加害者も容易に犯罪を犯すことが出来ないという抑止力に繋がっているでしょう。

いずれにしても、こうしたことが逮捕の決め手となっていると思いますので、日本の司法の厳罰化が役に立っているのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

山口達也の示談金は2000万円でレ◯プの可能性も!女子高生は病院に通院か?

 
error: You never click here!!