渋谷甲哉(渋谷空くん父親)の現在の情報がこちら!ビバークとは?居場所判明で熊に襲われた可能性も?

この記事は2分で読めます

出典:FNN Prime


スポンサーリンク

 

6日午後6時ごろ、新潟県阿賀野市の赤安山(582メートル)と扇山(524メートル)に登山に行った新潟市北区の渋谷甲哉さん(37)と、長男で小学1年の空くん(6)が戻らないと、県警阿賀野署に届け出があり、現在も捜索が続けられています。

登山中に行方が分からなくなる

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

6日午後6時ごろ、新潟県阿賀野市の赤安山と扇山に5日から登山に出掛けていた新潟市北区早通南の会社員、渋谷甲哉さん(37)と、長男で小学1年の空君(6)が戻らないと家族から阿賀野署に届け出があった。二つの山はいずれも標高が500メートル台で、7日早朝から警察や消防、阿賀野市役所などが捜索を始めた。

阿賀野署によると、2人は5日午後2時ごろ、登山に出掛け、同日午後4時ごろ「道に迷ったのでビバークする」と甲哉さんの父親に連絡があった。だが、6日午前7時半ごろ「下山する」との電話がかかってきて以降、通話ができない状態になっているという。

二つの山は登山用のコースが整備されており、毎年家族連れなどが多く訪れている。遭難する人は少ないという。

出典:産経ニュース

 

渋谷甲哉さんと空くんについて

こちらが、行方が分からなくなっている渋谷甲哉さんと空くんのプロフィールです。

渋谷甲哉さん

名前:渋谷甲哉(しぶや こうや)

年齢:37歳

職業:会社員

在住:新潟市北区早通南

渋谷空くん

名前:渋谷空(しぶや そら)

年齢:6歳

職業:小学校1年生

在住:新潟市北区早通南

渋谷さんはGWの5日夕方、携帯電話で73歳の父親に対して「道に迷ったのでビバークする」と連絡をし、さらには6午前7時過ぎにも「これから下山する」と連絡をしたにも関わらず、夕方になっても戻らなかったほか、携帯電話もつながらなくなり、行方が分からなくなってしまった人物です。

空くんと甲哉さんは親子であり、2人で登山に出かけていたものと思われていますが、行方が分からなくなっており、警察がおよそ30人体制で捜索に当たっているとのことです。

 


スポンサーリンク

 

ビバークとは?

では、報道機関の発表によって明らかとなった「ビバーク」とは、一体どのようなものなのでしょうか?

ビバークとはそもそも登山やキャンプなどにおいて、緊急的に野営することを指す用語のことで、野宿や不時泊などという場合もあります。

あまりピンとこないかもしれませんが、ビバークとは結論から言えば、「緊急事態」であるということです。

基本的にビバークをする場合は、樹林帯や岩陰、草地と草地の間など、安全が確保できると判断される場所を選んで行いますが、この判断をするに当たっては、素人では難しく、以下のような危険な場所にテントを張ってしまうこともあるのだそうです。

・山頂や稜線上

・川の流れのすぐそば

・崖地

・草原、湿地・・

草原や湿地などは、一見すると安全なように感じられるかもしれませんが、何も遮るものがない草原では、落雷の可能性があるほか、湿地帯では湿ってしまうことで体温を奪われてしまう危険性もあるため、適していません。

もしかすれば、ビバークした際に、この湿地にテントを張ってしまって体温を奪われてしまい、低体温症に堕ちっている可能性も十分に考えられるでしょう。

 

現在の居場所は?

では、2人の現在の居場所は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、2人が遭難したとされるのが、新潟県阿賀野市の赤安山(582メートル)と扇山(524メートル)であるとのことです。

標高は500m前後ですので、比較的穏やかな山なのではないかと推測されますし、この山々では遭難する人は少ないものだそうです。

おそらく、この辺り一体にいることは間違いないのでしょうが、遭難した際に熊などの害獣に襲われてしまっていては命の危険性もあるために、警察による一刻も早い捜索が求められるでしょう。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

田中蓮くんは生きていた?犯人の手がかりと思われる情報がこちら!祖父の証言は二転三転している?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!