磧本佳巳(せきもとよしみ)の顔画像の情報がこちら!犯行動機は産後うつの可能性が!

この記事は3分で読めます

出典:JNN


スポンサーリンク

 

長女を自宅マンションから落として殺害したとして、大阪府警は30日、母親で無職の磧本佳巳(せきもとよしみ)容疑者を逮捕しました。

長女を5階から突き落とす

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

マンション5階から長女(2)を落として殺害したとして、大阪府警住吉署は30日、大阪市住吉区苅田2、無職、磧本佳巳(せきもとよしみ)容疑者(31)を殺人容疑で緊急逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は30日午前9時20分ごろ、自宅マンション5階のベランダから長女優月(ゆづき)ちゃんを約12メートル下に落とし、殺害したとしている。

 府警によると、通行人の女性がマンション東側で優月ちゃんが倒れているのを見つけて119番したが、全身を強く打っており搬送先の病院で死亡が確認された。磧本容疑者は夫(36)と優月ちゃんの3人暮らしで、当時3人とも室内にいた。磧本容疑者は、止めようとする夫を振り切って優月ちゃんをベランダの手すり(高さ約1.1メートル)越しに落としたとみられ、府警が動機を調べている。

(ー中略ー)

出典:毎日新聞

 

磧本佳巳容疑者について

こちらが、逮捕された磧本佳巳(せきもと よしみ)容疑者のプロフィールです。

名前:磧本佳巳(せきもと よしみ)

年齢:31歳

職業:無職

在住:大阪市住吉区苅田2

磧本容疑者は、午前9時20分ごろ、5階の自宅ベランダから優月ちゃんを約12メートル下の敷地内の駐車場に落とし、殺害したとして逮捕された人物です。

遺体には日常的に虐待を受けたようなあざや傷などは確認されていないということで、おそらく衝動的な犯行であったと思われます。

マンションの住人の話によれば、午前9時過ぎに「キャー!!」という叫び声を聞き、ベランダから地上を覗くと、そこには優月ちゃんが倒れていたとのことです。

ちなみに、磧本容疑者の顔画像などは公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 


スポンサーリンク

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

YOMIURI ONLINEの情報によれば、以下のようなことが挙げられるそうです。

磧本容疑者は優月ちゃんと夫(36)との3人暮らし。当時、自宅には3人でいたが、府警によると、磧本容疑者は止めようとした夫を振り切り優月ちゃんを落としたという。

親族によると、磧本容疑者は優月ちゃんを出産後に精神的に不安定になったといい、夫は府警に「入院させることも考えていた」と説明。近隣住民によると、事件直後、磧本容疑者とみられる女性は地面に横たわる優月ちゃんのそばでしゃがみ込んでいたという。

一方、優月ちゃんの遺体には、落とされた際の傷以外は確認されていない。児童相談所にも磧本容疑者や優月ちゃんに関する虐待の情報はなかったという。

出典:YOMIURI ONLINE

つまり、衝動的に犯行に及んでいることが伺えますし、さらには産後、精神的に不安定となるとされるマタニティブルーの症状があったものと思われています。

普段から虐待をしているのであれば、泣き止まない我が子に苛立ちを覚え、犯行に及ぶこともあるかと思いますが、マタニティブルーの場合には、精神的に非常に不安定な状態に陥りますので、自分が犯したことを知って初めて我に帰り「取り返しのつかないことをしてしまった」と後悔する事となるでしょう。

 

マタニティブルーとは?

では、「マタニティブルー」ですが、一体どのような症状であるのでしょうか?

マタニティブルーとは、産後や妊娠中に訪れる精神的に不安定になる症状のことで、原因はホルモンバランスの乱れであるとされています。

女性は妊娠をすると、プロゲステロンやエストロゲンという女性ホルモンや、母乳の準備のためのプロラクチンなどのホルモンが大量に分泌されるので、ホルモンバランスが大幅に崩れてしまうことになります。

さらに言えば妊娠中に、赤ちゃんを育てることへの不安や、出産の痛みへの恐怖や不信感、産後の生活への不安などが大きなストレスやプレッシャーとなり、マタニティブルーを発症してしまうことがあるのだそうです。

真面目で几帳面、さらには心配性である方が多く発症しているようですが、マタニティブルーは一過性のものでありますので、もしかすればこれよりも精神的に不安定な期間が長く続いていた場合には、磧本容疑者は産後鬱であることが疑われます。

産後うつは、産後数週間から数ヶ月以内に発症する精神的疾患のことで、精神的症状のみならず、頭痛や、食欲不振などの身体的症状を伴うのも特徴のひとつとされています。

マタニティブルー同様に漠然とした不安や抑うつ感にとどまらず、「母乳が出ないのは母親失格だ」「泣き止まないのは、私が母親として未熟だからだ」というような罪悪感に苛まれるのが特徴です。

こうしたマタニティブルーや産後うつというのは、その不安やストレスを完璧に解消してあげることで症状は緩和されますが、こうしたことを出来ずに幼い命が奪われてしまったことは、非常に残念であると言えるでしょう。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

中村悟志,勇誠ら4人の容疑者の顔画像がこちら!硫酸の入手経路も判明!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!