山口達也の相手女子高生が家に行った理由がこちら!事件の時系列から真相が判明!

この記事は4分で読めます

出典:FNN


スポンサーリンク

 

TOKIOのメンバー山口達也氏が女子高生に強制わいせつをしたという事件で、2018年4月26日14:00から本人が都内で記者会見を開き、段々と事件の詳細が明らかとなってきましたので、ここでご紹介します。

Rの法則が終了した理由についてはこちら↓

「Rの法則」が終了した本当の理由がヤバい!ジャニーズの隠蔽は真実だった!世間に情報が漏れた経緯なども

山口達也の犯行詳細

スポーツ報知ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

26日放送のフジテレビ系「FNNプライムニュースデイズ」(月~金ひる11時30分)でアイドルグループ・TOKIOの山口達也(46)が、今年2月に自宅マンションで女子高生に無理やりキスをするなどしたとして、強制わいせつ容疑で警視庁から書類送検されていた事件の犯行詳細を報じた。

 それによると、山口は、NHK Eテレ「Rの法則」収録後に2人の女子高生を自宅に誘ったとみられ、部屋に入るなりに卑猥な言葉を投げかけて、2人が驚いて立ちすくんでいたことが新たに分かったという。

 さらに山口は、女子高生に無理矢理キスしたなどの疑いがもたれているが、当時は酩酊状態で「何もしないなら帰れ」と怒鳴りつけたという。その後、女子高生は被害届を提出。両親が激怒し示談には応じない意向だったと報じていた。

出典:スポーツ報知

Rの法則が終了した理由についてはこちら↓

「Rの法則」が終了した本当の理由がヤバい!ジャニーズの隠蔽は真実だった!世間に情報が漏れた経緯なども

 

事件の時系列

山口達也メンバーが起こした事件の時系列は以下のようになっています。

・2018年1月15日から〜2月12の期間に自身のお酒の飲み過ぎにより入院をする

・2018年2月12日に退院

・同日は朝のみの仕事

・仕事終わりに、午前中から昼過ぎにかけて入院した際の荷物(衣服類)などの片付け

・久しぶりということでお酒を飲みながら片付け

・焼酎瓶1本程度を空け、夕方くらいに酩酊状態に入る

・20時くらいに被害女性を電話で呼び出す

・その際に「友達も連れて行っていい?」と言われる

・2人で山口達也メンバーの自宅に向かう

・部屋に入るなりに卑猥な言葉を投げかけて、2人が驚いて立ちすむ

・山口達也メンバーから何もしないなら帰れと怒鳴られる

・被害に遭った女子高生は山口メンバーから迫られたため、トイレに駆け込んで携帯電話で母親に連絡

・駆けつけた母親が娘たちを連れ出すとともに、警視庁麻布署に被害届を提出

・3月末に山口達也メンバーに知らされる

・所属事務所が被害届の取り下げに向け水面下で示談交渉を続けため、書類送検が2ヶ月以上も遅れた

Rの法則が終了した理由についてはこちら↓

「Rの法則」が終了した本当の理由がヤバい!ジャニーズの隠蔽は真実だった!世間に情報が漏れた経緯なども

 


スポンサーリンク

 

なぜ山口達也メンバーの家に行ったのか?

では、なぜ被害に遭われた女子高生は山口達也メンバーの家を訪れてしまったのでしょうか?

事件のあった2018年2月12日には、前日の建国記念日の振替休日であり、月曜日でありながら休日でありました。

そのため、女子高生は学校は休日だったと思われますが、山口達也メンバーから呼び出されたのが20時ですので、一般的に女子高生が出歩くのには遅い時間とされているために、なぜその時間に出て行ったのかが気になります。

もちろん、最初からわいせつな行為をされると思って行ったわけではなく、お酒なんかも強要されると知って行ったわけではないと思いますが、そもそも何が目的だったのでしょうか?

もちろん、未成年の女子高生を家に呼ぶ行為自体が決して許されることではないのですが、いくら番組のMCだからと言って「呼び出されたから行こう」というのは、非常に浅はかであり、軽率な行動であると共に、親御さんもよくOKを出したなという印象を受けます。

さらに、呼び出された際に山口達也メンバーは酩酊状態に入っているために、うまく会話が出来たとは到底思えず「酔っているならなおさら危険なのでは?」と危機感を感じることが出来たはずです。

何らかの目的があって行った可能性もありますし、友達と2人だから安心して遊びに行ったということも十分に考えられるでしょう。

検察や警察の調べによって今後、この詳細は明らかとなると思いますが、どう考えても山口達也メンバーの立場は不利であり、その当時を証明する物的証拠もないために、状況証拠のみでの捜査となるのでしょうが、女子高生たちや親御さんたちが口裏を合わせれば何とでもなる事件であるために、真相の解明は非常に困難であるでしょう。

Rの法則が終了した理由についてはこちら↓

「Rの法則」が終了した本当の理由がヤバい!ジャニーズの隠蔽は真実だった!世間に情報が漏れた経緯なども

 

山口達也の今後は?

では、山口達也メンバーの今後は一体どうなってしまうのでしょうか?

まずは、今回の事件で会見を開き事務所側の対応として「無期限の謹慎処分」に処されることが決定しました。

そして、今後は刑事上の処分になるのですが、書類送検をされた段階で検察側(今回の場合は東京地検)は起訴か不起訴かを決定しなければなりません。

証拠が揃い、裁判で勝訴できるもしくは罪を認めさようとすることが出来ると判断されれば起訴され、初公判が開かれ裁判によって罪状が決定していきます。

しかしながら、嫌疑不十分で不起訴となる場合や、起訴猶予処分となる場合があるのです。

捜査の結果、被疑者が当事者であり人違いでないかどうか、被疑者の行為が犯罪に当たるかどうか、といった点について、証拠がなかったり十分な証拠を示すことができなかった場合、嫌疑不十分となります。

逆に起訴猶予処分とは、被疑事実が明白な場合において、被疑者の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときに検察官が行う不起訴処分のことを言います。

おそらくこのどちらかによって不起訴となるのでしょが、示談が成立しているにも関わらず、報道により事件が明るみに出てしまい、無期限謹慎処分を食らってしまっては、TOKIOやジャニーズ事務所はおろか、芸能界への復帰は難しいとみて間違いないでしょう。

Rの法則が終了した理由についてはこちら↓

「Rの法則」が終了した本当の理由がヤバい!ジャニーズの隠蔽は真実だった!世間に情報が漏れた経緯なども

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

山口達也被害者(女子高生)の親のコメントでは「Rの法則」終了は望んでいない!社会復帰困難な過酷な状況に疑問の声

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!