山口達也の示談金は2000万円は本当なのか?今後山口メンバーは過酷な状況に

この記事は4分で読めます

出典:Jonny


スポンサーリンク

 

人気アイドルグループでジャニーズ事務所所属のタレントTOKIOの山口達也メンバーが、今年の2月に女子高生に強制わいせつをし、先週書類送検をされている事件が発生しました。

今回は、なぜこの時期の報道になったのか?そして、別の女子高生も一緒だったりするなどの真相が次々と明らかとなっていますので、示談金の額などと共に、この事件の謎について迫ってみたいと思います。

Rの法則が終了した理由についてはこちら↓

「Rの法則」が終了した本当の理由がヤバい!ジャニーズの隠蔽は真実だった!世間に情報が漏れた経緯なども

TOKIO 山口達也がわいせつ

FNNプライムほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

人気グループのTOKIOの山口達也メンバーが今年2月、16歳の女子高生に無理やりキスをしたなどの疑いで、警視庁に書類送検されていた。

被害者の女子高生は、自分が所属する芸能事務所の関係者とともに、警視庁麻布署に被害届を提出していたことが分かった。
また、当初の調べには山口メンバーは否認していたということだ。

山口達也メンバーは、自宅で16歳の女子高生に酒をすすめ、無理やりキスをしていたという。
また、その際、17歳の別の少女もいたということだ。

人気グループTOKIOで、ベースを担当している山口達也メンバー(46)は、今年2月、東京・港区の自宅で女子高生に無理やりキスをするなどした強制わいせつの疑いで先週、書類送検された。

山口メンバーは、女子高生とNHKの「Rの法則」という番組で知り合ったという。

山口メンバーと女子高生は既に示談が成立していて、女子高生は被害届を取り下げる手続きを
行っているいうことだ。

ただ、山口メンバーは犯行当時、女子高生に酒をすすめていたということで、今後は、未成年に飲酒をさせたかどうかについても調べが行われる可能性がある。

出典:FNNプライム

 

なぜこの時期の報道なのか?

この事件が発生したのは、2018年の2月であるとのことで、被害に遭われた2人の女子高生は、なんとか逃げ出して麻布署に被害届を出したのだそうです。

そして、そこから双方の話し合いが行われ示談が成立し、被害届を取り下げるなどの事後処理が行われたにも関わらず、こうして書類送検をされてしまっています。

確かに、書類送検は刑事上の手続きですし、未成年への強制わいせつ罪は非親告罪でありますので、警察側に被害届を取り下げたとしても、違法性が高いと判断したら書類送検ないしは捜査が進められます。

しかしながら、書類送検がされたのがこの報道があった2018年4月25日のおよそ1週間前であるとされていますので、2018年4月18日前後なのではないかと推測されます。

一般的に考えて、この規模のニュースであるならば、書類送検がされて時点で検察庁もしくは警視庁の記者クラブから大手マスコミへ連絡が入り、報道されるはずですが、ここには1週間の空白の期間が存在しています。

では、なぜ存在しているのでしょう?

2018年4月18日前後に世間を賑わせていたニュースと言えば、新潟県知事の米山隆一知事が大学生と援助交際をしたとするニュースや、財務省の福田淳一元財務次官がセクハラをしたとされる相手の女性記者が判明したりと、政治関連のスキャンダルが多くあったのも事実です。

つまり、山口達也メンバーのニュースが流れることによって福田財務次官のセクハラや米山知事の女性問題が霞むのを防いだ可能性もありますし、逆に、今発表することで、現在騒がれている林芳正文科相のヨガ教室通いなどのニュースをかすめたのではないかとも考えられるのです。

続報:Rの法則が終了した理由についてはこちら↓

「Rの法則」が終了した本当の理由がヤバい!ジャニーズの隠蔽は真実だった!世間に情報が漏れた経緯なども

 


スポンサーリンク

 

あまりにも過酷な状況

Twitterには、この山口さんが置かれた状況があまりにも過酷なのでは?とするツイートが大きな反響を呼んでいます。

確かに、アルコール依存であり、さらには2人の子供の養育費を支払わなければならないのに、この働き盛りの歳で無職となるのはあまりにも悲惨すぎます。

ですが、被害者の女子高生の親御さんは、ここまで社会的に抹殺されることを望んではいません。

「娘が被ったことは、親としては決して許せるものではありません。しかし、娘にも山口氏にもこれからがあります。この過ちによって1人の人間の未来がすべて奪われてしまうことは私たちも望んでおりません。山口氏には娘の心の傷に向き合いながら、これからを考えていただき、娘についてもそっとしていただければと思います」

出典:デイリースポーツ

先にも述べました通り、私達は、娘はもちろん、誰一人の人生の未来も、この事件によって奪われてほしくないと切に願っております。娘について、また関係する方々についても、どうかそっとしておいていただきたいと重ねてお願い申し上げます

出典:日刊スポーツ

被害者が側が望まないのに対して、なぜここまで過酷な制裁を受けなければならないのでしょうか?

 

社会復帰は困難?

この強制わいせつ事件で、山口達也さんは世間からの信頼と信用、そして何より仕事と地位や名声、財産などのすべてのものを失ったことでしょう。

一社会人や一般人であるならば、いくら性犯罪であるからといってここまで生活が地獄へと急変することはないはずです。

現在の日本の司法では、基本的に犯罪者というのは社会復帰をするために刑務所に入れられたり、執行猶予がついたりするのですが、起訴すら猶予され不起訴処分となっており、示談金もしっかり支払って和解をしているにも関わらず、ここまで地獄に落ちてしまっています。

一般人ではまず、殺人犯であろうと”社会復帰”ということを人権派の団体が訴えたりしますが、なぜ強制わいせつの山口達也さんは、社会復帰はおろか、現状の仕事をすべて失うこととなってしまったのでしょう?

タレントやアイドルという職業は、もちろんイメージが大事ですし、自らに商品価値があるわけですから、その体で犯してしまった特に性犯罪は取り返しがつかないことは重々にわかっていると思いますし、決してアイドルだから性犯罪が正当化されるような世の中ではないことも分かっています。

ですが、一社会人として対応するにあたり、この世間の風当たりや社会的な制裁はあまりにも強すぎるのではないかと考えています。

いずれにしても、大きな影響を与え続けるだけに、今後はどのような対応を取っていくのかが注目されます。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

山口達也被害者(女子高生)の親のコメントでは「Rの法則」終了は望んでいない!社会復帰困難な過酷な状況に疑問の声

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!