林芳正のキャバクラヨガ(セクシー個室ヨガ)の場所はP.S.Yで、実態がヤバい!指名料やマッサージは風俗と変わらない?

この記事は4分で読めます

出典:P.S.Y


スポンサーリンク

 

林芳正文科相に公用車でセクシーヨガ教室に通っていると文春砲が炸裂し、話題となっています。

林芳正文科相 “セクシー個室”ヨガ通い

文春オンラインが以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

林芳正文科相(57)が、平日の白昼、“キャバクラヨガ”と呼ばれる店に、公用車で出かけていたことがわかった。

週刊文春の取材によれば、4月16日14時半、林大臣を乗せた公用車は、恵比寿にある雑居ビルの前に到着。林氏はヨガスタジオに入り、2時間を過ごした後、待たせていた公用車に乗り込んだ。

店は、元AV女優が経営し、個室で元グラビアタレントや元キャバクラ嬢のインストラクターらが一対一でヨガを指導した後、オイルマッサージなどを行う。料金は男性客は1時間1万1000円なのに対し、女性は3000円。客とのLINE交換や食事、交際も認めており、テレビでは「キャバクラヨガ」として扱われていた。

また、この日は加計学園の獣医学部新設を巡り、文科省内で「首相案件」文書の探索が行われていた。

林大臣は、週刊文春の取材に事実関係をこう認めた。

――16日午後に恵比寿に行っていた。ヨガとか?

「そうですね」

――毎週のように?

「あのー、定期的には」

――体を鍛えるため?

「そうです。健康のため」

――加計問題の最中、誤解を招くのではないか。

「まぁ、ちょっと予定の空いた時間にそういう所に」

――このお店が“キャバクラヨガ”と呼ばれたりしていることは?

「それは知りません」

――プライベートなのか。

「注意したいと思います。そこは。すいません」

公用車を巡っては、舛添要一都知事(当時)が湯河原の別荘通いなどに利用していたことで、公私混同と批判を浴び、経費の一部を都に返還している。

また、前川喜平前文科事務次官が勤務時間外に、“出会い系バー”に出入りしていた問題で首相官邸から厳重注意を受けており、官邸の対応が注目される。

4月25日(水)発売の「週刊文春」では、“キャバクラヨガ”の実態やテレビ朝日記者のセクハラ告発を巡る真相について詳報している。また「 週刊文春デジタル 」では、直撃の様子などをおさめた動画の完全版を同日5時より公開する。

出典:文春オンライン

 

林芳正文科相について

こちらが、文春砲が放たれた林文科相のプロフィールです。

「林芳正 」の画像検索結果

出典:時事ドットコム

名前:林芳正(はやし よしまさ)

生年月日:1961年1月19日

年齢:57歳(2018年4月現在)

出生地:東京都

学歴:東京大学法学部卒業→ハーバード大学ケネディスクール修了

前職:衆議院議員政策担当秘書

所属政党:自由民主党(岸田派)

称号:法学士(東京大学・1984年)MPA(ハーバード大学・1994年)国会議員政策担当秘書

林芳正文科相は、1995年、第17回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で山口県選挙区から出馬し、初当選した日本の政治家であり、現在は文部科学大臣を務めている人物です。

外交・安全保障・財政・金融まで幅広く精通する政策通であるとされているほか、理知的で周囲の信頼も篤いとされるているのですが、思い切りの良さや突破力に欠けるとの指摘もある人物です。

 

キャバクラヨガとは?

出典:PSY

では、林芳正文科相が行ったとされ「キャバクラヨガ」とは一体どこなのでしょうか?

それは、渋谷区恵比寿南2-20-2ガイア恵比寿ビル7階にある、「株式会社ポジティブスターヨガ」が運営するP.S.Y(Positive Star Yoga)というもので、女性はもちろん、男性も楽しめるヨガ教室として近年有名となっています。

また、料金制度はワンレッスン1万2千円と高額なのですが、完全個室でヨガをするほか、インストラクターを指名できたり連絡先を交換したりすることが許されるなど、普通のヨガ教室とは一線を画しており、キャバクラや風俗のようなシステムであることから、このような名前が付いているのだそうです。

男性ワンレッスン1万2000円の秘密
完全予約制のヨガスタジオというのは、まあ普通だ。ただ、そのスタジオでは、女性はワンレッスン3000円、男性は1万2000円と、かなりの価格差が設定されている(男性は2万円の入会金も必要)。

・先生と一緒にごはんに行ける
女性向けには一般的なヨガスタジオのサービスを提供しているのだが、独自性が高いのは男性向けのサービスだ。男性は1万2000円払う代わりに、お気に入りの先生を選び、レッスン後、その先生と一緒にごはんに行けるそうである。

出典:NAVER

また、P.S.Yの公式ホームページには、コンセプトとして以下のようなことが掲載されています。

「世の中の女性、男性を明るく元気にする!」を合言葉にヨガ教室を行っています。

女性向けヨガ教室は数多くありますが、「ヨガなんか女性がやるものだ」「男性は体が硬いからヨガに向いていない」というような固定観念から男性向けのヨガ教室はあまり見かけません。

しかしながら、女性と同様にヨガは無理なくゆっくりとした動きの中で汗をかくことでダイエット効果だけではなく精神面で落ち着きが出るようになり心が穏やかになります。

無理な食事制限や、疲れるランニングによってダイエットに失敗した男性も数多くいらっしゃり、そんな方にこそ、無理なく楽しくできるヨガをやってもらいたいと思っています。

女性は勿論のこと、沢山の男性にヨガに広めたい、教えたい、ヨガを始めるきっかけになれればいいという想いで日々活動しているのがポジティブスターヨガです。

私たちが、日本の男性を明るく、元気にして世の中の経済を発展させる!これがポジティブスターヨガが生まれたコンセプトです。

出典:P.S.Y

続報:文春がキャバクラヨガとして記事を報じた理由が明らかとなりました↓

庄司ゆうこの店を文春が「キャバクラヨガ」として報じた本当の理由がこちら!出川の番組で弄られただけ?

 


スポンサーリンク

 

P.S.Yの実態は?

キャバクラヨガに通うことが問題視されているのには、P.S.Yのとある実態が隠されているからなのです。

P.S.Yは「セクシー個室ヨガ」を謳っていますが、男性も参加して行う一般的な健全ヨガ教室とは全くの別物です。

その実態は、女性インストラクターが行うヨガを鑑賞するというもので、さらにメインはそのあとに行われるオイルリンパマッサージを受けることなのです。

店に入店した場合、キャバクラのようにインストラクターを指名します。

そして、そのインストラクターと共に、完全個室の密室空間でヨガ鑑賞を楽しんだ後に、シャワーを浴びて紙おむつ一枚で待機し、オイルリンパマッサージが繰り広げられるのです。

女性スタッフは高時給が売りでありますので、働く人も多く、昼間から営業をしているために専業主婦などもいるとのことです。

スタッフは基本的にはヨガインストラクターの資格を持った方が大半ですが、マッサージ師としては素人の方もいるようですし、とにかく男性側はセクシーな衣装でヨガを鑑賞しマッサージを受けることが出来れば何でもよくて、その後のアフターサービス(食事など)を目当てにしている人も多いのだとか。

オイルリンパマッサージを受けることができると豪語していますが、その実態は指名欲しさに女性スタッフによる過激なサービスをしていることがあるのだそうで、完全個室でありますので、林文科相しかり中で何が行われているのかははっきりと分かっておりません。

何しても、違法性がなかったとしても公用車で堂々とこういう誤解されるようなサービスがある店舗を利用するというのは、脇が甘いとしか言いようがありません。

続報:文春がキャバクラヨガとして記事を報じた理由が明らかとなりました↓

庄司ゆうこの店を文春が「キャバクラヨガ」として報じた本当の理由がこちら!出川の番組で弄られただけ?

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

庄司ゆうこの店を文春が「キャバクラヨガ」として報じた本当の理由がこちら!出川の番組で弄られただけ?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!