小嶋寛人のTwitterから可愛い彼女の顔画像が流出!自転車ひき逃げは30万円以下の罰金に科せられる

この記事は5分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

自転車で小学2年の男児(7)をひき逃げして重傷を負わせたとして、札幌・中央署は20日、過失傷害と道交法違反(救護義務違反、事故不申告)の疑いで、小嶋寛人(こじま ひろと)容疑者を逮捕しました。

自転車ひき逃げの容疑で大学生を逮捕

産経WEST他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 自転車で小学2年の男児(7)をひき逃げして重傷を負わせたとして、札幌・中央署は20日、過失傷害と道交法違反(救護義務違反、事故不申告)の疑いで、札幌市豊平区水車町、大学生、小嶋寛人容疑者(20)を逮捕した。小嶋容疑者は「バイトに行く途中で急いでいた」と話し、容疑を認めている。

逮捕容疑は9日午後5時ごろ、札幌市中央区南9条西3丁目の歩道で、近くに住む小学2年の男児を自転車ではねて左足の骨を折るなどの重傷を負わせ、逃走したとしている。

署によると、現場はコンビニの駐車場近くの歩道で、コンビニから出てきた男児と出合い頭に衝突した。現場近くの複数の監視カメラや目撃情報などから小嶋容疑者が浮上した。

出典:産経WEST

 

 

小嶋寛人容疑者について

こちらが、逮捕された小嶋寛人容疑者のプロフィールです。

名前:小嶋寛人(こじま ひろと)

年齢:20歳

職業:大学生

在住:札幌市豊平区

学歴:北海道栄高等学校→北海学園大学(在籍)

小嶋寛人容疑者は、今月9日、札幌市中央区の路上で小学2年の男の子に自転車で衝突して、けがをさせ、そのまま逃げた疑いで逮捕された人物であり、小嶋容疑者の衝突によって男の子は左足の骨を折るなどの重傷を負ってしまったそうです。

防犯カメラなどの映像を必死に解析した結果、札幌一の繁華街であるススキノに自転車を止めており、これが逮捕のきっかけとなったそうです。

 

Twitterから彼女との写真流出

そんな小嶋容疑者ですが、Twitterアカウントが流出しており、そこには彼女である紗弥佳さんとの写真が多く掲載されていますので、ご紹介します。

2017年10月6日で1年交際して1年経っているということで、結構長いこと交際をしていたのではないかと推測されます。

かなり幸せそうに見えるのですが、このような過失傷害と道交法違反で逮捕されてしまっていますので、関係は破綻するのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク

 

小嶋容疑者は野球部のエース?

小嶋容疑者は、北海道栄高校を卒業しておりますが、そこで野球部に所属しており、エースだった可能性が出てきているのです。

北海道栄高等学校は北海道白老郡白老町にある私立の高等学校で、学校法人京都育英館が運営しています。

白老町は、苫小牧市に隣接する町でありますので、2015年7月18日には苫小牧市の地元新聞、苫小牧民報が夏の全国高校野球選手権の地方大会が開催されることを記事にしており、その中に、小嶋容疑者の名前があるのです。

以下詳細です。

夏の甲子園への最終関門、第97回全国高校野球選手権大会南北海道大会が19日、札幌円山球場で開幕する。室蘭支部からは、今春の全道大会で準優勝した駒大苫小牧をはじめ、苫小牧東、北海道栄の3校が出場。25日まで(23日休養日)の計6日間にわたって、優勝1校のみに与えられる大舞台切符を懸け、白熱のトーナメント戦を繰り広げる。

(ー中略ー)

初戦から春の全道覇者と対峙(たいじ)する道栄。支部予選では、チーム打率4割5分2厘と南大会出場校中トップの打撃力を誇っただけに、期待が持てる。昨秋は中継ぎ投手として活躍した右腕佐々木英治(3年)が、先発として覚醒したのは大きい。エース小嶋寛人(同)、左腕金澤祐汰(2年)と投手の駒もそろっている。

開会式は、19日午前8時半から同球場で行われる。選手宣誓は、東海大四の宮崎隼斗主将が務める。

 

出典:苫小牧民報

ここでいう道栄とは、北海道栄高校の略称であり、苫小牧市を中心に全校的にも名を馳せた駒大苫小牧高校などと並び、エースとして新聞に紹介されているのが小嶋容疑です。

キレのある変化球と、140km台の速球が持ち味だったそうで、投手の選手層が厚く、鉄壁の守りで守りからリズムを作るチームであったそうですが、残念ながら2015年の夏の全国高校野球選手権の南北海道代表は名門「北海」高校が出場しておりますので、甲子園出場の夢は叶わなかったそうです。

 

事故現場は?

では、事故現場は一体どこなのでしょうか?

現場となったのは、北海道札幌市中央区南9条西3丁目1−1にある、「ゼブンイレブン札幌南9条西3丁目店」前の歩道であり、この防犯カメラの映像は、セブンイレブンのお店の防犯カメラが捉えたものです。

その現場の地図がこちら。

現場付近の歩道は、そこまで狭いという訳ではなく、自転車が一台ずつ行き来できるだけのスペースは十分にあるほか、さらに言えば、歩行者もしっかりと歩行できるだけの幅はあります。

 

どのような罪に問われるのか?

では、一体どのような罪に問われるのでしょうか?

自転車は道路交通法上の「軽車両」に該当しますので、事故を起こせば刑事と民事の両方で責任を問われることになります。

運転していた運転手が13歳以下の少年であれば刑事責任は問われないのですが、14歳以上で、今回の事件のように被害者が重傷を負ったり死亡したりした場合には、警察によって直ぐさま身柄を拘束されます(すなわち逮捕)。

相手が怪我をしてしまった場合じゃ、「刑事責任」としては過失傷害罪として30万円以下の罰金が科せられますが親告罪であるために、相手が告訴しなければ刑事罰が科されることはありません。

(親告罪とは告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪のこと)

また、不幸にも相手の方が亡くなってしまった場合には、重大な過失があったとして、重過失致死罪として5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金となり、実刑の可能性も十分に考えられるでしょう。

その一方で、「民事責任」では、被害者の怪我の度合いや年齢により、加害者側に損害賠償の義務が発生するのですが、今回は加害者が20歳の大学生であり、被害者は小学生でしかも左足を骨折してしまっていますので、治療費や慰謝料を含めた損害賠償請求がなされることと思われます。

もちろん、自転車保険に加入していれば、それらを賄うことは可能なのですが、被害者側の家族が納得しなかったり、骨折によって生活することの利益が損なわれてしまった場合には、支払額の請求が高額になることは止むを得ません。

もしもこれがひき逃げでなければ、刑事上そして民事上の処罰はもっと軽くなったに違いありませんから、決してひき逃げをすることはよくありません。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

小嶋寛人(こじまひろと)容疑者の顔画像特定!北海学園大在籍で元道栄野球部のエース!札幌自転車ひき逃げ男を逮捕

 
error: You never click here!!