大江戸線遅延トラブルの小学生は有名私立の制服だった?悪ふざけやイタズラにより親の躾の悪さが助長

この記事は3分で読めます

出典:photozou.jp

スポンサーリンク

 

東京都の地下鉄で最下部を走り都庁前から終点の光が丘までを繋ぐ画期的な路線の都営お大江戸線の電車内で、小学生電車の連結部分で悪ふざけをしており、電車が遅延するというトラブルが発生し話題となっています。

大江戸線で遅延のトラブル 原因は?

J CASTニュースが以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 東京都新宿区内の都営大江戸線で、小学生3人が電車の連結部で悪ふざけをして1人が手を挟み、電車が6分遅延するトラブルがあった。

ツイッター上では、周囲が注意しても小学生らは聞かなかったとの証言も出ている。

東京都交通局の報道担当者にJ-CASTニュースが2018年4月17日に聞いたところでは、トラブルがあったのは、16日午前7時55分ごろ。小学生たちが悪ふざけをしていて、電車の戸袋に挟まれたようだと、都庁前駅で乗客から駅員に申告があった。

駅員が駆け付けたところ、光が丘発都庁前行き各駅停車の電車に乗っていた小学生3人のうち1人が、戸袋ではなく別の場所で手を挟んでいた。車両連結部の手前の細長い手すりで、ひじの近くまで右腕が挟まっている状態だった。この小学生は、「痛い」と言って騒いだが、駅員が洗剤を使って腕が入ったと思われる角度で引っ張ったところ、腕がすっぽりと抜けた。

駅員が小学生を医務室に連れて行き、小学生は医師の診断を受けたが、ケガなどはなかったという。

電車は、通勤・通学ラッシュで車内は混んでいる中、6分遅れで出発した。

そのときの様子は、その場に居合わせたとみられる人がツイッター上で報告している。

ー中略ー

出典:JCASTニュース

 

問題を起こした小学生は?

では、問題を起こしたとされる小学生は一体どのような人物たちだったのでしょうか?

まずは発端となったツイートをご覧ください。

つまり、このツイートによれば、とある小学生が騒いでおり、注意したのにも関わらず止めない他、挙句自分たちが怪我をすれば泣き叫び、さらには学校名や親の番号すらも分からないのだと言います。

このあまりにも躾がなっていない小学生に関し、マナーの悪いのはこの辺りであると心当たりのある人物のツイートがこちら。

その小学生とは、東京都新宿区河田町にある都営大江戸線の若松河田駅でを利用している小学生なのでは?との推測がされています。

しかしながら、現場に居た方が写真や動画などを撮っておらず、制服などを確認することが出来ませんので、特定するには至っておりません。

 

都営大江戸線とは?

関連画像

出典:photozou.jp

大江戸線は、正式には都営地下鉄大江戸線といい、東京都交通局が運営する地下鉄として有名な鉄道です。

東京都新宿区西新宿二丁目にある都庁前駅から、東京都練馬区光が丘二丁目にある光ヶ丘駅までを結んでいる路線で、駅数は全体で38駅あり、門前仲町や月島といった下町から、麻布十番や六本木、青山一丁目という高級街をも網羅している他、国立競技場前や代々木、新宿、などという都心からもアクセスできるようになっています。

さらに、日本の地下鉄では最深部を走行しており、耐震性に富み、災害時には救助作業の大動脈として利用されることになっている他、非常時の際のための非常用の備蓄倉庫が麻布十番と清澄白河の両駅に設置されているなど、災害や有事の際にも使用されることが期待できる路線でもあるのです。

 

スポンサーリンク

 

マナーの悪さが目立っている

ここ最近では、小学生のマナーの悪さが目立っており、非常に胸糞悪い事件も多発しています。

悪ふざけの延長なのでしょうが、東京や大都会であるならば、私立の小学校に通わせるために、電車を利用させることも少なくないでしょう。

そうした中で、小さな頃は友達と遊びたいですし、悪ふざけをしたいと思うのは当然ですが、公共交通機関を利用するのであれば、それなりのマナーを守って行動しなければならないことは明白であると思います。

それを教育するのは、もちろん両親でありますし、時には周りの大人たちが厳しく叱ってあげることで「これはダメなことなのだ」と学習し、よりより人間性を形成していくのに役立つのです。

一昔前までは、子供はみんなで守るというのが当たり前でしたが、それと同時にみんなで育てていくということも当たり前のように行われていました。

悪いことをすれば、他人の子供であろうと厳しく叱りましたし、逆に良い行いをした時には思いっきり褒めてあげることも教育には大切な要素です。

しかしながら、昨今ではモンスターペアレンツと呼ばれる親が出現し、他人の子供を叱った際に「なぜあなたに叱られなければならないのですか」と、逆にお咎めを受け、その結果世間がこうした迷惑行為に対して、無関心となり、躾が行き届かなくなってしまったのでしょう。

全員が全員こうであるとは限りませんが、こうしたちゃんとして情操教育を受けて来なかった人が、そのまま成長し、大人になった場合に善悪の判断がつかずに犯罪に手を染めてしまうことも少なくないのではないでしょうか?

いずれにしても、マナーの悪さが目立っている昨今では、まずは親の躾、そして何より乗り合わせて乗客の誰かが勇気を振り絞って叱り、教育していくことが必要なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

なぜ電源オフに?当事者が語る「携帯がペースメーカーに与える影響」について

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!