漫画村がついに復活で再びアクセス可能に!サイトに繋がらない場合はこちらから!

この記事は4分で読めます

出典:漫画村


スポンサーリンク

 

違法な海賊版サイトとして知られている、「漫画村」が閉鎖されて問題で、運営側が公式Twitterを更新。

漫画村が復活していることを言及し、話題となっています。

漫画村復活

J-Castニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 ページに接続できない状態が続いていた海賊版サイト「漫画村」が、2018年4月16日18時現在、再び閲覧できる状態となっている。

「漫画村」は4月11日頃から、サイトトップを除くほとんどのページにアクセスできない状況が続いていた。ネット上の一部では「閉鎖したのではないか」との噂も広まっていたが、再びアクセスが可能な状態となった。

「漫画村復活してるやん」
16日17時ごろ、インターネット上に「漫画村復活してるやん」「普通に開けた」「マジで読めるやん」といった報告が相次いで寄せられた。違法にアップロードされた漫画コンテンツも、再び閲覧できる状態になっているという。

サイトの更新を再開したかどうかは不明。ただ、記者が16日18時過ぎに確認した限りでは、アクセス障害が発生した11日以降に発売されたコミックスや漫画雑誌はサイトに存在しなかった。

なお、アクセスが集中しているためか、「漫画村」のサイトは非常に重くなっており、ページへの接続がタイムアウトすることもあった(16日18時時点)。

「漫画村」を始めとした海賊版サイトをめぐっては、講談社や集英社など複数の大手出版社が、4月13日に事態を問題視し対策を進める旨をつづった「緊急声明」を相次いで発表していた。

また、政府は13日の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議で、「漫画村」など3サイトを名指しで接続の遮断(ブロッキング)を進める方針を決定。これに、日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)が反対声明を公表するなど、その対策方法をめぐっても議論が交わされている。

出典:J-Castニュース

※これは、J-Castニュースの編集部が記事を執筆している、2018年4月16日18時現在の情報であり、弊編集部が執筆している2018年4月17日午前11時現在では、閲覧することが不可能となっています。

 

漫画村の代替サイトが出現

Twitter上に投稿されたツイートに注目が集まっています。

ツイートしたのは、「漫画タウン【公式】」と呼ばれるアカウントで、閉鎖された漫画村の代替サイトを紹介しているとのこです。

漫画村が閉鎖され今度は「タウン(街)」へとグレードアップした漫画タウンですが、漫画村を閉鎖されてから間も無く、代替サイト用意しサービスを再開しています。

これは、一番末端にあるウェブサイトを閉鎖し続けても、運営者を摘発しなければ再開のノウハウを持っていますので、いつでも別のドメインで再開することが可能であるために起こるいたちごっこなのです。

もしも政府が規制やサイトブロッキングに乗り出したり、検索エンジンであるGoogle側にDMCAクレームや削除申請をしたとしても、大元の運営者を摘発しなければ指摘のあったサイトを即座に閉鎖し、別ドメインで再びサービスを開始することが可能なのです。

 


スポンサーリンク

 

漫画村が復活か?

漫画村の公式Twitterによれば、既存のドメインで漫画村が復活したとのことです。

漫画村は、Googleなどの検索エンジンなどで検索してもヒットしないために、直接URLを入力するか、ブックマークあるいはTwitterなどのリンクから飛ぶ必要があるでしょう。

メンテナンス中と出ることもありますし、普通に閲覧をすることが出来ることもあるとのことですが、アクセスが非常に集中している場合には、サーバー側に負荷がかかってしまいますので、ページ表示速度が遅くなってしまい、閲覧することが難しくなってしまうと言います。

 

漫画村の新しいビジネスモデルとは?

そんな閉鎖されたり、復活したりを繰り返している漫画村ですが、過去には公式Twitterで以下のようなコメントを残しています。

「特定のサイトを潰しても新しいサイト出てきたら無意味だよ。根本的に解決しないと終わらないよ。それ、証明したよね」

「ネットで無料で読んでる人と本屋で立ち読みしてる人は同じだよ。問題なのは、無料で読める環境が身近になったのに、本を売ることでしかお金と交換できない仕組みだよ。出版社総出で新しいシステムを作らないと衰退していくよ」

「これだけオープンにしてるのにまだサイトは健在だよ。なにしてるの? 人気すぎて重くなるのはごめんね」

「「コンテンツが無料になったら漫画家になる人がいなくなる〜」って言う人は、本を売ることでしかお金にできないと思ってるんだろうけど、コンテンツを無料にしても、ファンが増えたら他でお金と交換したらいいよ。コンテンツを無料で読めて、なおかつ著者にもお金が回る仕組みは可能だよね」

「出版社は古い体質をやめてオープンになればいいよ。政府は中途半端な規制をするなら他のサイトもするべきだよ。まとめサイトも、動画投稿サイトも、やるなら徹底的に取り締まらないと終わらないよ。それかユーザー側も罪にするかだよ」

「敵は僕たちじゃないんだよ。変えなきゃ生き残れないのに、尻が重いみたいだから叩いてあげてるんだよ」

出典:Twitter

漫画や出版業界が、YouTubeなどの無料で映像や音楽コンテンツを配信するサービスより躍起になって廃止を訴えているのは、以下のようなサイクルが存在しているからです。

漫画家→出版→製紙・印刷→輸送→小売り

この既得権益の利権サイクルが絡んでいるため、漫画を購入することで国民から多く搾取できると言いますから、出版業界は漫画村の言うオープンな体質に改善することも必要なのではないかと思われます。

ロケットニュースでは、このように表現されています。

「既存のビジネスモデルにあぐらをかいてきた出版業界に一石を投じている」

出典:ロケットニュース

しかしながら、これは出版業界側が提示するのであれば納得できますが、違法にアップロードされていると知りながら、それをただ閲覧できるようにするサービスを展開しているようでは、漫画村は何も説得力がありません。

もしも、無料でコンテンツが読めて、さらに著作者に対してお金が回るようなシステムを構築するのが可能であるならば、それを早めに具現化することで出版業界からは逆に、「漫画村」は重宝される存在になるのではないでしょうか?

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

漫画タウンが読めない理由はサーバーダウンで重い!「Error522」の意味とは?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!