1000万円を盗んだ中3の14歳少女(犯人)の顔画像を特定か!ネットに実名報道の規制はない!友人宅から窃盗した動機や手口なども

この記事は4分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

 

友人宅から現金1000万円を盗んだとして、警視庁少年事件課は16日までに、窃盗容疑で東京都江東区に住む区立中学3年の少女を逮捕しました。

14歳少女、友人宅から1000万円を窃盗

時事通信社ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

友人宅から現金1000万円を盗み、同級生に配ったとして、警視庁少年事件課などは16日までに、窃盗容疑で東京都江東区に住む中学3年の女子生徒(14)を逮捕した。容疑を認め、「遊びに行った時に2回盗んだ。同級生に仲間外れにされていると感じ、ストレスがあった」と供述しているという。

〔写真特集〕希代の犯罪者

逮捕容疑は1~2月、江東区に住む無職女性(41)の自宅マンションの居間に置かれていた現金1000万円を盗んだ疑い。
同課によると、被害に遭ったのは小学校時代の友人宅で、女子生徒は頻繁に遊びに行っていた。
女子生徒の母親が2月中旬、生徒の部屋のクローゼットから、トートバッグに入った帯付きの現金1000万円を発見。生徒は「知らない男から預かった」と話した。母親は事件に巻き込まれたと心配し、現金を自室に移したが、生徒は隙を見て持ち出し、校内などで同級生約10人に数十万~100万円を配ったという。

出典:時事通信社

 

犯人の少女について

こちらが、逮捕された犯人のプロフィールです。

名前:非公開

年齢:14歳

職業:中学生

所属:東京都江東区の区立中3年生

在住:東京都江東区

逮捕された14歳の少女は、1月初旬~2月27日、同区の友人宅に保管されていた現金1000万円を盗み、盗んだ現金のうち、少なくとも740万円を、中学校の同級生およそ10人に、数10万円から100万円ほどに分け、封筒に入れて通学路などで手渡していたとして、窃盗の容疑で警視庁に逮捕された中学3年生の女子生徒です。

少女の母親が、少女の部屋のクローゼットから1000万円の帯付きの現金が入ったトートバッグを見つけた際に、「知らない男から預かった」と説明しているのですが、事件に巻き込まれている可能性を示唆して、細心の注意を払っ見張っていたそうですが、現金を配ってしまったということです。

 

顔画像や名前の公開は?

少年法では、家庭裁判所は禁錮以上の罪につき「刑事処分が相当」と判断した少年を検察官に送致(逆送)することができるのですが、死刑は無期刑に、無期刑は懲役20年以下の有期刑に減刑されてしまいます。

16歳や17歳の場合は、被害者が死亡した故意犯については原則として送致されるのですが、今回は14歳ですので、送致されるのかは怪しいの一方で、2000年の法改正によって、刑事処分の可能年齢が「16歳以上」から「14歳以上」となったため、厳重に処分されるのかもしれません。

さらに、少年法では以下のように報道規制がかけられています。

家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であることを推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない。

出典:少年法

これは、出版物や新聞等の報道機関が対象であり、インターネット上での実名掲載は規制対象外であることから、ネット上ではもしかすると、特定がされているのかもしれません。

マスコミ各社は、原則的に実名報道が禁止されていない場合でも、自主規制を行い匿名で報道するのだそうですが、インターネットには実名掲載の規制は対象外でありますので、テレビ以外のネット媒体を使うニュースメディアなどは、積極的に顔画像や実名を報道してもいいはずなのに、この14歳の少女に関しては、何一つ情報が入ってきておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して14歳の少女は「同級生に仲間外れにされているような感じがしてストレスを抱えていた」と供述をしているとのことで、仲間に入るためにお金を利用したということで間違いないでしょう。

中学生や高校生の多感な時期というのは、”仲間”やコミュニティが1番の生き甲斐であり、それなしには行動することは不可能とされるくらい重要なものです。

もちろん、集団生活をしているわけですから、人の好き嫌いもあって当然ですし、育ってきた環境が違うために馬が合わないこともあるでしょう。

だからといって、同じ学校に通う仲間を仲間外れにすることは決して許されることではありませんし、さらに言えば、それを解決するためにお金を持ち出さざるを得ない状況を作ってしまったことも問題であります。

一度お金で関係を築いてしまっては、「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉あるように、確実に次回から金額の要求が大きくなっていき、支払えなくなったら、さらに窃盗を繰り返すなど、徐々にエスカレートしていくことでしょう。

そのため、今回は一回きりの窃盗で住んだだけでまだ幸いだったのかもしれませんし、仲間に好かれるようにお金を盗むようになってしまったのは、家庭環境の教育がそうさせたり、学校生活での環境がそうさせた可能性がありますので、事件のあった学校の関係者や保護者などは今一度、自らの教育方針が間違っていなかったなどを再確認することが重要であると思われます。

 

1000万円を盗むということ

そもそも、盗まれたご家庭では現金1000万円という大金をよく自宅に保管していたものです。

それもそうで、2010年4月19日時点で、全国の銀行の普通預金の金利は0.02~0.09%であり、8年たった現在もほぼ横ばいであると考えられますので、1000万円を銀行に預けるよりも、資産運用をするか現金として持っていることの方が賢明と判断したために、キャッシュで1000万円ほどの大金を持っていたのでしょう。

もしくは、宝くじなどに当選したために、そのお金を受け取り自宅に保管していたとうことも考えられますが、少女は友人宅に度々、遊びに行っており、現金の存在を知ったとみられるていることからも、相当適当な場所に置いていた可能性も考えられます。

新品の一万円券1000枚、つまり1000万円の重さは、1.05kgであり、十分中学生の女の子でも持ち出すことが可能ですが、どのようにして友人宅から持ち出したのかは明らかとなっておりません。

いずれにしても、非常にセンセーショナルなニュースであるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

彼女を介抱した上司を殴った容疑者(犯人)の会社員を特定か?実名(名前)や顔画像、犯行動機についても!加古川で暴行事件発生

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!