鹿嶋学の生い立ちと北口さんの関係性がこちら!近所でも評判の〇〇だった?廿日市女子高生殺害事件の真相

この記事は5分で読めます

出典:FNN

 

スポンサーリンク

 

14年前の広島県で女子高校生が殺害された事件で、殺人の疑いで山口県に住む35歳の男が逮捕されました。

14年前の高2女子刺殺事件で男を逮捕

TBSニュースほか、メディア各局が、以下のようなニュースを報じ話題となっています。

14年前、広島県で女子高校生が殺害された事件で、警察は、殺人の疑いで山口県に住む35歳の男を逮捕しました。

鹿嶋容疑者(35)は、午前6時半ごろ、山口県内で捜査員から任意同行を求められました。

その後、午前10時過ぎに捜査本部のある広島県警の廿日市警察署に向かうため、施設を出ました。

事件は、2004年10月5日に発生しました。当時高校2年の北口聡美さん(当時17)は、定期試験のためふだんより早く廿日市市上平良の家に帰宅。午後3時ごろ、自分の部屋に居たところを侵入してきた男に刃物で刺され、殺害されました。

北口さんは首や胸、背中をナイフのような刃物で10か所程度刺され、血まみれの状態で階段の下で見つかりました。警察は目撃情報に基づいて似顔絵を公開。現場には、スポーツシューズの足跡や、犯人のものと見られる血のついた指紋など、多くの「証拠」も残されていましたが、捜査は難航しました。

2008年からは、犯人逮捕に結びつく情報に最高で300万円の報奨金を支給する制度を適用しました。北口さんの父、忠さんは事件解決につながる情報を求めてブログをつづってきました。毎年、命日の前後には、捜査員らと一緒に事件解決を願ってチラシを配り続けてきました。

今年を最後にしたい、去年10月にもそう話していました。13日朝、忠さんは次のように話しました。

「犯人は見つかったんだなと。(聡美さんへの)報告は自分の胸の中で言うだけ」(聡美さんの父・忠さん)

事件現場で採取された指紋やDNA型が鹿嶋容疑者のものと一致したということです。

出典:TBSニュース

 

鹿嶋学容疑者について

こちらが、逮捕された鹿嶋学容疑者のプロフィールです。

名前:鹿嶋学(かしま まなぶ)

年齢:35歳

職業:会社員

在住:山口県宇部市

鹿嶋容疑者は、2004年広島県廿日市市で、当時高校2年生で17歳であった北口聡美さんが、自宅に侵入した何者かによって殺害された事件で、事件の容疑者として逮捕された人物です。

報道機関の発表によれば、警察の調べにより、事件現場で採取した指紋やDNA型が鹿嶋容疑者のものと一致したということで、逮捕令状が発行され、逮捕に至ったということです。

ちなみに、こちらが鹿嶋容疑者の逮捕された当時の顔画像です。

出典:JNN

 

スポンサーリンク

 

廿日市女子高生殺人事件とは

では、この事件の詳細についておさらいしておきましょう。

このおぞましい事件は2004年10月5日15頃、広島県廿日市市上平良の北口さんのご自宅で、北口聡美(きたぐち さとみ)さんが、男にナイフのような刃物で刺されて死亡し、現場に駆け付けた祖母も切りつけられて重傷を負ったという事件です。

広島県警には捜査本部が設置され捜査が開始されており、目撃者の情報などを元にすれば、犯人は20歳前後(事件発生当時)で身長はおよそ165cm前後であるとされていました。

広島県警は事件直後から犯人の似顔絵を公開している他、2008年には遺族たちが※捜査特別報奨金の300万円の懸賞金を用意し、犯行当日の目撃者や、犯人に心当たりがある人物に懸命に呼びかけていました。

※有力情報の提供者に公費で支払うお金のこと

2016年には事件現場付近で、道路を逆走している犯人が乗っていると思われるバイクの情報などを公開し、新たな展開を望んでいたのですが、捜査は難航をきわめました。

しかしながら、2018年4月3日に別の暴行事件で山口県警から任意で捜査されその後書類送検されていた、鹿嶋容疑者の指紋を調査した結果、廿日市市女子高生殺害事件の現場のドアノブに残されていた指紋やDNAとほぼ一致していることが明らかとなり、事態は急変し逮捕に至ったそうです。

そして、この事件の時系列と特徴をまとめるとこのようになります。

2004年10月5日15時頃、広島県廿日市市上平良の北口さんの自宅にて、長女である聡美さんがが若い男に刃物で刺殺されました。

  • 聡美さんは高校から帰宅後、自宅離れ2階の自室で仮眠中だった
  • 聡美さんの悲鳴と階段を駆け下りる音を聞きつけた、祖母と妹(次女)が現場に慌てて駆けつけると玄関先で聡美さんが刺されており、大量の血が
  • 聡美さんの部屋の枕元には、音楽プレイヤーに接続されていたイヤホンが無造作に外された形跡があり、聡美さんは焦ってベッドを離れたとものと見られている
  • 離れ1階で鹿嶋容疑者は現場に駆けつけた祖母も襲撃し、背中や腹を10ヵ所ほどを刺して逃走
  • 次女である妹は裸足のまま、30m離れた近所の園芸店に駆け込み、助けを求めた
  • 聡美さんと祖母は重体であり病院に運ばれたのですが、祖母は助かり、聡美さんだけは出血多量で亡くなりました。

 

鹿嶋容疑者の生い立ち

鹿嶋容疑者の生い立ちは一体、どのようなのもなのでしょうか?

事件当時、鹿嶋容疑者は21歳であり、北口聡美さんは17歳であり、年齢が離れているのにもかかわらず、容疑者と被害者はどのような関係だったのでしょうか。容疑者と北口さんは4歳差ということは、小学校がかぶっていて、顔見知りだった可能性が考えられます。現在の廿日市市内の小学校の平均児童数は約356人のため、学校内で知り合うことは十分に考えられます。また、北口さんは設計士を目指し、理数系の大学に進学しようとしていたため塾に通っていたそうで、鹿嶋容疑者が塾の講師だったことも考えられます。塾の講師だった可能性があるとすれば、大学生だったのでしょうか?しかし、廿日市市には大学は二つしかなく、看護大学と女子大しかないため考えにくく、県内には約30校の大学があるため、ほかの大学に通っていた可能性が考えられるのではないでしょうか。

 

ツイッター上の反応

この事件に対して、Twitterでは様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

 

あなたのオススメの記事

 

鹿嶋学容疑者の犯行動機と本当の殺害理由がヤバい!誰でもよかった?廿日市高2刺殺に新展開

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!