大西智博(おおにしともひろ/19歳巡査)の顔画像と生い立ち、動機がこちら!彦根警察官殺害事件で射殺した男を逮捕

この記事は5分で読めます

出典:Twitter


スポンサーリンク

 

滋賀県彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番内で、男性巡査が射殺されるというなんともおぞましい事件が発生し、犯人の男が逃走していましたが、昨夜未明に身柄が確保され逮捕されたのは、大西智博(おおにし ともひろ)巡査19歳であることが明らかとなったのです。

身柄を確保

時事通信社ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

11日午後8時45分ごろ、滋賀県彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番内で、同交番に勤務する男性巡査部長(41)が倒れているのを、県警彦根署員が発見した。県警によると、頭と背中を撃たれており、病院に搬送されたが死亡が確認された。県警は、同僚の巡査の男(19)が拳銃で撃って逃走したとみて殺人容疑で行方を追っていたが、12日未明に身柄を確保した。

県警によると、死亡したのは井本光巡査部長。同日午後8時15分ごろ、滋賀県愛荘町の田んぼにパトカーが突っ込んでいると110番があった。人は乗っておらず、彦根署員が確認のためパトカーの配備先の同交番に向かったところ、机に突っ伏して血を流している巡査部長を発見した。
巡査部長は後頭部と背中に銃弾による傷があり、椅子に座った状態で背後から2発撃たれたとみられる。
同交番は3人体制で、11日は午前8時半から巡査部長と男が2人で勤務していた。現場に巡査部長の拳銃は残されていたが、男の拳銃はなく、県警は拳銃を持ったままパトカーで現場を離れ、乗り捨てて逃げたとみている。
男は昨年4月に採用され、今年1月29日に彦根署へ配属された。
同交番はJR東海道線河瀬駅近くの、商店や住宅が立ち並ぶ一角にあり、周囲には幼稚園や中学校などもある。

出典:時事通信社

 

発砲した19歳巡査とは?

では、発砲した19歳の巡査とは一体誰なのでしょうか?

報道機関の発表によれば19歳ということで、匿名での報道がされているのですが、容疑者の巡査が拳銃を持って逃走している点から考えて、市民に危険が及ぶおそれがあるとして名前と写真を公開して行方を捜査していました。

NHKニュースなどが、その顔画像と名前を公開したとして話題となっています。

その発砲した19歳の巡査の名前は、大西智博(おおにし ともひろ)という人物のようです。

続報:大西容疑者の生い立ちや人物像が判明しました↓

大西智博は安曇川高校出身の元高校球児!人物像や生い立ちが判明!日本の警察官の発砲件数についても

 

大西智博巡査について

こちらが、逮捕された大西容疑者のプロフィールです。

出典:Twitter

名前:大西智博(おおにし ともひろ)

年齢:19歳

職業:巡査

在住:滋賀県彦根市

所属:滋賀県警彦根署

出身高校:安曇川高校 野球部

ポジション:ライト

大西容疑者は、亡くなった井本光巡査部長と共に、河瀨駅前交番に勤務していましたが、後頭部と背中を拳銃で発砲し、死亡させたとした逮捕された19歳の巡査部長です。

この事件が発生した際、交番で井本巡査部長と一緒に勤務していた大西容疑者の行方が分からなくなっており、滋賀県警が行方を追っていたところ、事件発生からおよそ5時間後の、2018年4月12日午前1時35分ごろ、滋賀県愛荘町内で発見し、身柄を確保されています。

続報:大西容疑者の生い立ちや人物像が判明しました↓

大西智博は安曇川高校出身の元高校球児!人物像や生い立ちが判明!日本の警察官の発砲件数についても

 

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、大西容疑者は警察の調べに対して、「間違いありません」と容疑を認めているほか、「罵倒(ばとう)されたので撃った」と話しているそうです。

つまり、勤務態度や業績が悪く、上司である井本巡査部長に怒られたから、精神的に参って殺害しようと思ったのでしょう。

そのために、手っ取り早かったのが警察官ですから、自前の拳銃で発砲するということだったのです。

ネットには大西容疑者は「ゆとり世代の典型」と、揶揄されているほど、非常に愚かな行為であり、現代の新人がいかに怒られたり、罵倒されたりすることに弱く、慣れていないのかとということを痛感させられる事件でもあります。

仕事が出来なければ、上司や先輩から指導され、たまにはキツく厳しく叱咤激励されることもあると思うのですが、実際のところはパワハラなどが横行していた可能性も否定できませんが、だからと言って殺人を犯していいということにはなりません。

大西容疑者も19歳ですからこれからの人生を考えると、一時の感情に流され、これから先続く人生を棒に振ってしまうのは、非常に愚かなことです。

こうした世代というのは、目先の利益や感情にすぐに流されてしまい、物事を長期的に見るだけの我慢強さや精神力はないものと思われます。

そのために、罵倒されたくらいで発砲し、殺害してしまったのでしょう。

続報:大西容疑者の生い立ちや人物像が判明しました↓

大西智博は安曇川高校出身の元高校球児!人物像や生い立ちが判明!日本の警察官の発砲件数についても

 


スポンサーリンク

 

現場は?

では、発砲事件の現場はどこであったのでしょうか?

報道機関の発表によれば現場は、滋賀県彦根市南川瀬町1509−8にある、彦根警察署河瀬駅前交番であるとのことで、東海道本線の河瀬駅のすぐそばに隣接している駅前の交番です。

周りには民家もある他、商店や住宅が立ち並ぶ一角にあり、周囲には幼稚園や中学校などもあるとのことで、事件発生当時は周辺住民に不安が立ち込めていたのも事実です。

その川瀬駅前交番の地図がこちらです。

また、逃走経路と思われるがこちらです。

 

警官が発砲するということ

警察官が拳銃を発砲するに当たっては、警察官職務執行法の第7条に基づき、発砲することが許されています。

警察官は、犯人の逮捕若しくは逃走の防止、自己若しくは他人に対する防護又は公務執行に対する抵抗の抑止のため必要であると認める相当な理由のある場合においては、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度において、武器を使用することができる

出典:警察官職務執行法

しかしながら、亡くなった井本巡査部長が凶悪な犯罪者であった可能性は極めて低く、また大西容疑者は、逃走をしていることからも、非常に身勝手な判断によって発砲をしたものでありますし、これはれっきとした殺人事件として今後捜査が続けられそうです。

そして、拳銃を構えることができる具体的な事例がこちらのようです。

■現場臨場

(1) 刃物を携帯した者が街中を徘徊しているとの通報を受け現場臨場したところ、その者が刃物を警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(2) 刃物を使用した傷害事件現場に臨場したところ、犯人が刃物を警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(3) 強盗の通報を受け現場臨場したところ、犯人が隠し持っていたけん銃様の物を取り出そうとした場合

(4) けん銃の発砲の通報を受け現場に臨場したところ、犯人らしき者が懐に手を入れ、何かを取り出そうとした場合

(5) 暴走族等の非行集団がい集している現場において、数人の少年が鉄パイプ等を警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(6) 極左暴力集団による、テロ、ゲリラ、内ゲバ事件の現場において、犯人が鉄パイプ又は刃物等を警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(7) 集団密航事案の現場において、密航ブローカー等が刃物を警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(8) 公道上で刃物を振り回している者が、通行人に対して襲いかかる気勢を示している場合

(9) 持凶器強盗事件現場に臨場したところ、犯人が近くにいる通行人を人質に取ろうとした場合

■職務質問

(1) 警ら中、不審者を発見し、職務質問するために近づこうとしたところ、相手が隠し持っていた刃物を取り出して警察官に向けて身構え、抵抗しようとした場合

(2) 不審車両を発見し、職務質問しようとしたところ、パトカーに車両を衝突させて抵抗しようとする場合

出典:警察庁

しかしながら、このどの項目を見ても、大西容疑者の発砲事件は当てはまりませんので、これは滋賀県警というよりも、警察庁までもが絡んだ大きな騒動となることでしょう。

続報:マスコミ各社が匿名報道に切り替えた理由が判明しました↓

大西智博巡査の事件をマスコミが実名から匿名報道に切り替えた理由!少年法と自主規制の見直しが必要

続報2:大西容疑者の生い立ちや人物像が判明しました↓

大西智博は安曇川高校出身の元高校球児!人物像や生い立ちが判明!日本の警察官の発砲件数についても

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

大西智博は安曇川高校出身の元高校球児!人物像や生い立ちが判明!日本の警察官の発砲件数についても

 

大西智博巡査の事件をマスコミが実名から匿名報道に切り替えた理由!少年法と自主規制の見直しが必要

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!