大西智博は安曇川高校出身の元高校球児!人物像や生い立ちが判明!日本の警察官の発砲件数についても

この記事は4分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で、11日夜、勤務中の井本光(あきら)査部長(41)が拳銃で後頭部や背中を撃たれて死亡した事件で、逮捕された大西智博おおにしともひろ容疑者は、殉職された警官の指導係であったことが明かとなり、指導方法を巡って口論となった末に、射殺をしたとのだそうです。

指導方法が頭に来て発砲

京都新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

滋賀県彦根市の交番で滋賀県警の警察官が一緒に勤務していた同僚を射殺した事件で、県警は12日未明、現場から逃走していた彦根署地域課勤務の男性巡査(19)=同市=の身柄を愛荘町内で確保し、同日朝、殺人容疑で逮捕した。巡査は「間違いありません」と容疑を認めているという。同僚は巡査の教育係だった。県警関係者によると、県警が身柄を拘束した後、「頭が真っ白になって撃った」という趣旨の話をしたという。また、巡査は今年1月に彦根署に配属されて以降、指導を巡り上司と衝突したといい、県警は動機について慎重に調べている。
逮捕容疑は、11日午後7時47分ごろ、彦根市南川瀬町の彦根署河瀬駅前交番で、一緒に勤務していた同僚の井本光(あきら)巡査部長(41)の後頭部と背中を拳銃で撃ち、殺害した疑い。同交番の防犯カメラには、撃たれたとみられる井本巡査部長が、机に突っ伏すように倒れ込む様子が写っていた。県警は犯行動機について、「捜査に支障がある」として説明していない。巡査部長と巡査の関係に特に問題はなかったとしている。
県警によると、巡査は交番からパトカーで逃走し、交番から南に約4・5キロ離れた愛荘町目加田の田んぼにパトカーを放置し、徒歩で逃げていたとみられる。12日午前1時35分ごろ、同町川久保の近江鉄道線路内で、制服姿で歩いていた巡査を捜査員が見つけた。落ち着いた様子で、捜査員が巡査の名前を確認すると、本人だと返答したという。
巡査は確保された際に拳銃を所持していなかった。同7時ごろ、乗り捨てられたパトカーから北東に600メートル離れた豊郷町八町の田んぼで、収納するベルト部分に入ったまま警棒や手錠とともに見つかった。銃弾は残り3発すべて残っていた。
県警は同8時から会見し、武田一志警務部長が「警察官が貸与された拳銃を使用して殺人事件を起こしたことは極めて遺憾で、深くおわび申し上げる」と謝罪した。巡査は、昨年4月に県警に採用され、今年1月29日に彦根署地域課に配属された。3月26日から井本巡査部長ともう1人の巡査と3人体制で、3日に1度、同交番で24時間の勤務をしていた。11日は1人が病欠し、午前8時半から井本巡査部長と2人で勤務していたという。
警察庁によると、未成年の警察官による殺人事件は初めてとみられる。

出典:京都新聞

 

 

大西智博巡査について

こちらが、逮捕された大西容疑者のプロフィールです。

出典:Twitter

名前:大西智博(おおにし ともひろ)

年齢:19歳

職業:巡査

在住:滋賀県彦根市

所属:滋賀県警彦根署

出身高校:安曇川高校 野球部

ポジション:ライト

大西容疑者は、亡くなった井本光巡査部長と共に、河瀨駅前交番に勤務していましたが、後頭部と背中を拳銃で発砲し、死亡させたとした逮捕された19歳の巡査部長です。

この事件が発生した際、交番で井本巡査部長と一緒に勤務していた大西容疑者の行方が分からなくなっており、滋賀県警が行方を追っていたところ、事件発生からおよそ5時間後の、2018年4月12日午前1時35分ごろ、滋賀県愛荘町内で発見し、身柄を確保されています。

また、逃走経路についてですが、近江鉄道の線路上を歩いていたところを確保されています。

 

高校球児だった?

ネット上の情報によれば、大西容疑者は滋賀県立安曇川高校(あどがわ)の野球部であったそうで、「第98回全国高校野球選手権滋賀県大会」にメンバー登録されています。

また、中日新聞のホームページには、以下のように安曇川高等学校の野球部メンバーが掲載されており、そこに大西容疑者の名前があります。

出典:中日新聞+

第98回全国高等学校野球選手権大会は、2016年に開催されていますので、今からおよそ2年前の出来事ですが、その当時3年生であるということは、17歳もしくは18歳であり、2年経った2081年現在の19歳というのは妥当でしょう。

4月現在ということは、まだ誕生日を迎えていない可能性が非常に高いものと思われますので、大西容疑者が判断して間違い無いでしょう。

また、出身中学校ですが、「滋賀県大津市本堅田3丁目22−1」にある、滋賀県大津市立堅田(かたた)中学校出身であるとのことで、この当時から野球に勤しんでいた可能性もあり、根っからの球児だったのでは無いかと推測されます。

安曇川高校は、98回全国夏の高校野球選手権大会の本戦に滋賀県代表として出場した近江高校に、滋賀県大会の3回線で15−2で破れており、残念ながら甲子園出場は果たせなかったのですが、ベスト16という素晴らしい結果を残しており、そこまで弱小高校ではないと判断できます。

 

スポンサーリンク

 

大西容疑者の人物像は?

そんな大西容疑者の人物像は一体どのようなものだったのでしょうか?

大西容疑者はよく知る人物の話では、「あいさつも、よくしていた。『おはようございます』と。感じも悪いことないですよ」と高校球児らしく、爽やかでハキハキとした印象を持っていたそうです。

大西容疑者は昨年の春に採用されたそうで昨年4月に警察学校に入校し、今年1月29日に彦根署地域課に配属されています。

そこで、先月末から教育係を務めていたのが、殉職された井本光(あきら)巡査部長なのです。

事件現場となった交番は3人体制であったそうですが、事件当日の11日は1人が病気で休み、午前8時半から2人で24時間勤務に入っていたのだそうです。

大西容疑者は警察の調べに対して「罵倒(ばとう)されたので撃った」と容疑を認めているほか、指導方法を巡って口論となったのではないかと推測されています。

さらに、パワハラ的な指導があったのではないかと指摘する声もありますが、詳しい犯行動機に関しては「捜査に支障がある」として滋賀県警は明らかにしておりません。

ですが、滋賀県警の武田一志警務部長は、この事件に関して「本件警察官が貸与された拳銃を使用して、殺人事件を起こしたことは、極めて遺憾であり深くお詫び申し上げます」と謝罪のコメント残しています。

 

日本の警察官が射殺

日本で警察官が犯人または容疑者を拳銃で発砲し、射殺をしたという事件は、統計を取り始めてから2017年現在で13件ほど起こっているそうです。

ちなみに、そのうち1件は犬であるそうで、以下のような事件が該当するそうです。

現場で射殺の事件

  • 三ノ輪事件
  • 長崎バスジャック事件
  • 函館市銃撃戦
  • 三菱銀行人質事件
  • 瀬戸内シージャック事件
  • 広島県でのダイナマイト密猟者への発砲
  • 奈良県大和郡山市警察官発砲致死事件
  • 栃木県中国人研修生死亡事件
  • 千葉県松戸市の紀州犬への発砲

病院搬送後に死亡した事件

  • 群馬県大間々町でパトカー同行中の男性への発砲
  • 大阪市淀川区で体当たりをする逃走車への発砲
  • 大阪府堺市で逃走する盗難車への発砲
  • 京都市山科区でコンビニ強盗への発砲

いずれにしても、。警察官が警察官を殺害するという事態に、警察始め世間には動揺が広がっています。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

大西智博巡査の事件をマスコミが実名から匿名報道に切り替えた理由!少年法と自主規制の見直しが必要

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!