河瀬駅前交番で発砲事件!犯人の逃走経路から現在の居場所を特定?同僚の井本光巡査部長が撃たれ殉職

この記事は3分で読めます

出典:google


スポンサーリンク

 

11日午後8時50分頃、滋賀県彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番で、41歳の井本光巡査部長が拳銃で撃たれ、死亡するというなんとも悲惨な事件が発生しました。

拳銃を発砲したとされるのは、19歳の同僚の巡査であり、現在も逃走を続けている模様です。

川瀬駅前交番で警官が撃たれ、死亡

YOMIURI ONLINE他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

11日午後8時50分頃、滋賀県彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番で、この交番に勤務する男性巡査部長(41)が血を流して倒れているのを彦根警察署員が見つけた。

巡査部長は拳銃で背中と頭を撃たれており、搬送先で死亡した。後輩の男性巡査(19)の行方がわからなくなっており、県警は巡査が巡査部長を撃った後、拳銃を持ったまま逃げているとみて殺人容疑で行方を追っている。

 県警によると、同日午後8時15分頃、同市に隣接する愛荘町目加田の田んぼにパトカーが突っ込んでいると110番があり、東近江署員が同交番のパトカーと確認。交番に向かった彦根署員が倒れている巡査部長を発見した。県警は、巡査がパトカーで逃走中に事故を起こし、乗り捨てたとみている。

出典:YOMIURI ONLINE

 

逃走した犯人について

では、一体逃走した犯人の男はどのような人物だったのでしょうか?

滋賀県警によれば、逃走した犯人は亡くなった井本光巡査部長と同じ夜勤で、滋賀県彦根市南河瀬町の河瀬駅前交番内に勤務していたということで、19歳の巡査であるということです。

さらに、犯人である逃走した巡査は井本巡査部長を拳銃で撃った後、パトカーで逃走したとみており、パトカーは滋賀県愛荘町の田んぼにパトカーが突っ込んでいたそうですが、中に人は乗っておらず、依然として逃走を続けている模様です。

また、犯人の逃走経路についてですが、パトカー発見が滋賀県愛知郡愛荘町付近であるとのことですので、おそらくこのようなルートで逃げたのではないかと推測されます。

しかしながら、現在のところ顔画像や名前などの詳細な情報は入ってきておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 


スポンサーリンク

 

住民からは不安の声が

パトカーが発見された愛荘町の田んぼか約100mほど離れているという自宅にお住いの男性の話によれば、「このあたり一帯は滋賀県警東近江警察署の管内であるはずなのに、同県警彦根警察署のパトカーが田んぼにハマっていた。さらに、パトカーに乗っているはずの警官が乗っていないということも相まって、おかしいと感じた。その後、現れた別の警察官から犯人が拳銃を持っている危険性があるので、自宅内に入るようにと命じられた。すぐ近所にそのような危険な人がいる可能性があると思うと怖い」と、不安の声を漏らしています。
また、近くに住む大学生の話によれば「22時過ぎごろに、自宅に帰る途中で田んぼにハマっているパトカーを見て、おかしいと思いましたが、今、ニュースを見て驚愕しました。未だに警察官が発見されておらず、恐怖を感じて戸締りを強化しました。一刻も早い事件の解決を目指して欲しい」と、こちらも不安の声を口にしています。

 

Twitter上の反応

この事件に関して、Twitter上では様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

何れにしても、未だに犯人の巡査は逮捕されておりませんので、この事件が解決されるまでは、緊張の糸が途切れることはありません。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

河瀬駅前交番で発砲した犯人(巡査)の情報がこちら!逃走経路と現在の居場所も特定か?動機は勤務中のトラブルか?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!