河瀬駅前交番で発砲した犯人(巡査)の情報がこちら!逃走経路と現在の居場所も特定か?動機は勤務中のトラブルか?

この記事は3分で読めます

出典:NNN


スポンサーリンク

 

11日午後8時50分頃、滋賀県彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番で、この交番に勤務する男性巡査部長(41)が血を流して倒れているのを彦根警察署員が発見され、死亡するというとんでもない事件が発生しました。

警官が撃たれる

毎日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

11日午後8時50分ごろ、滋賀県彦根市南川瀬町の県警彦根署河瀬駅前交番で、井本光(あきら)巡査部長(41)が頭と背中から血を流して倒れているのを彦根署員が発見した。市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。体に銃で撃たれたような痕があったという。同僚の男性巡査(19)の行方が分からなくなっており、県警は男性巡査が井本巡査部長を撃ったとみて、殺人の疑いで行方を追っている。

県警によると、同日午後8時15分ごろ、同県愛荘町目加田付近で「パトカーが交通事故を起こしている」と住民から110番通報があり、東近江署員が確認したところ、河瀬駅前交番の所属と判明。彦根署員が交番に向かったところ、井本巡査部長が倒れているのを見つけたという。パトカーは田んぼに突っ込んでいたが、無人だった。男性巡査の拳銃は見つかっていない。

 男性巡査は今年1月に彦根署に配属され、井本巡査部長と男性巡査は河瀬駅前交番に所属。この日は2人で午前8時半から24時間勤務に入っていた。

 現場はJR東海道線河瀬駅のすぐ隣で、周辺には住宅街が広がる。赤色灯をつけ、サイレンを鳴らしたパトカーが行き交う中、近所の女性(70)は「平和な地域なのに……怖くて戸締まりをした」と不安そうに語った。交番の近くに住む60代男性は「銃声は聞こえなかったが、テレビで知り、びっくりした。近くに交番があって一番安全なところと思っていたのに……」と憤っていた。

出典:毎日新聞

 

逃走した犯人について

では、一体逃走した犯人の男はどのような人物だったのでしょうか?

滋賀県警によれば、逃走した犯人は亡くなった井本光巡査部長と同じ夜勤で、滋賀県彦根市南河瀬町の河瀬駅前交番内に勤務していたということで、19歳の巡査であるということです。

さらに、犯人である逃走した巡査は井本巡査部長を拳銃で撃った後、パトカーで逃走したとみており、パトカーは滋賀県愛荘町の田んぼにパトカーが突っ込んでいたそうですが、中に人は乗っておらず、依然として逃走を続けている模様です。

しかしながら、現在のところ顔画像や名前などの詳細な情報は入ってきておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

続報:犯人の身柄が確保され、顔画像と名前が判明しました↓

大西智博(おおにしともひろ/19歳巡査)の顔画像と生い立ち、動機がこちら!彦根警察官殺害事件で射殺した男を逮捕

 

現場は?

では、発砲事件の現場はどこであったのでしょうか?

報道機関の発表によれば現場は、滋賀県彦根市南川瀬町1509−8にある、彦根警察署河瀬駅前交番であるとのことで、東海道本線の河瀬駅のすぐそばに隣接している駅前の交番です。

周りには民家もある他、商店や住宅が立ち並ぶ一角にあり、周囲には幼稚園や中学校などもあるとのことで、周辺住民に不安が立ち込めているのも事実です。

その川瀬駅前交番の地図がこちらです。

井本光巡査部長は、頭と背中あわせて2発撃たれ倒れているのが発見されていますが、拳銃に装填できる玉の数は5発であるらしく、少なくとも犯人の逃走した巡査の拳銃には3発の銃弾が残されているそうで、もしかすれば、興奮状態に陥って、触発してしまえば2次被害が起こる可能性がありますので、くれぐれも近隣住民の方は戸締りをしっかりするなど、ご注意ください。

続報:犯人の身柄が確保され、顔画像と名前が判明しました↓

大西智博(おおにしともひろ/19歳巡査)の顔画像と生い立ち、動機がこちら!彦根警察官殺害事件で射殺した男を逮捕

 


スポンサーリンク

 

逃走経路と現在の居場所は?

では、犯人はどのような逃走経路を辿ったのでしょうか?

犯人の巡査は、パトカーを使って逃走しており、そのパトカーが発見されたのは、滋賀県愛知郡愛荘町付近であるとのことですので、おそらくこのようなルートで逃げたのではないかと推測されます。

しかしながら、現在の居場所に関しては、はっきりとした情報は入ってきておりませんが、滋賀県警が公開捜査に踏み切っているために、この夜に逃げ切れたとしても、翌朝になって逮捕されていることもあるかもしれませんので、今後の情報を待つばかりです。

 

なぜ発砲を?

では、巡査はなぜ井本巡査部長を発砲したのでしょうか?

同じ時間帯に勤務していた同僚であるとのことですので、おそらく仕事の最中に何らかのトラブルがあったものとみて間違い無いでしょう。

警察官が発砲するに当たっては、警察官職務執行法の第7条に基づき、発砲することが許されています。

警察官は、犯人の逮捕若しくは逃走の防止、自己若しくは他人に対する防護又は公務執行に対する抵抗の抑止のため必要であると認める相当な理由のある場合においては、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度において、武器を使用することができる

出典:警察官職務執行法

しかしながら、亡くなった井本巡査部長が凶悪な犯罪者であった可能性は極めて低く、また逃走をしていることからも、犯人の巡査の身勝手な判断によって発砲をしたものであると推測されますし、これはれっきとした殺人事件として捜査をするべきでしょう。

いずれにしても、未だ犯人は逃走をしていますので、近隣住民の方はくれぐれも外出などは控え、今後の情報が出るまで安全の確保をしっかりとして下さい。

続報:犯人の身柄が確保され、顔画像と名前が判明しました↓

大西智博(おおにしともひろ/19歳巡査)の顔画像と生い立ち、動機がこちら!彦根警察官殺害事件で射殺した男を逮捕

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

大西智博(おおにしともひろ/19歳巡査)の顔画像と生い立ち、動機がこちら!彦根警察官殺害事件で射殺した男を逮捕

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!