水原希子がアラーキー(荒木経惟)の資生堂CMのセクハラ撮影を告発!KaoRiが被害を受けた「ミューズ」とは?

この記事は5分で読めます

出典:TrendJapon

スポンサーリンク

 

「アラーキー」の愛称で親しまれている写真家で美術家の荒木経惟(あらき よしのぶ)氏が、長年に渡って荒木氏のモデルを務めていたダンサーのKaoRiさんへセクハラをしていたことが明らかとなり、話題となっています。

さらに、このセクハラ問題に関して、タレントでモデルの水原希子さんも自身セクハラ問題について言及し、さらに波紋が広がっています。

KaoRiがアラーキーを告発

CINRA.NET他メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

荒木経惟の写真モデルを長年務めていたダンサーのKaoRiが、荒木について綴った記事を公開した。

2001年から2016年まで荒木経惟のモデルを務めていたKaoRi。「その知識、本当に正しいですか?」と題された記事では、被写体となっていた時期の荒木との関係や、報酬について、荒木の言動、自らの苦悩や現在の心境などが綴られている。

記事では、荒木との関係についてはあくまで写真家とモデルであり、恋人同士ではなかったとし、家に行ったこともないとしている。また荒木のヌード撮影時は同意書や契約書を交わしておらず、手渡される報酬はわずかで、無報酬でパフォーマンスを行なったこともあると告白。自身が荒木の「ミューズ」とされていくにつれ、日常生活とのギャップを感じはじめ、加えて被写体をモノのように扱う荒木の振る舞いや言動、周囲からの嫌がらせなどによる強いストレスから私生活が壊れていき、やがて撮影環境の改善を求める手紙を送付するも、最終的には決裂に至ったという。

KaoRiはアメリカ・ニューヨークのセッ●ス博物館で開催されている『The Incomplete Araki: S●x, Life, and Death in the Work of Nobuyoshi Araki』についてや、今まで黙殺されてきたセクシャルハラスメントを告発する「#MeToo」運動について触れているほか、さらに写真家に撮影される際に注意しなければいけないことも助言している。

なお現時点では、荒木経惟側からはKaoRiの告発についての発表などはない。

出典:CINRA.NET

 

KaoRiについて

KaoRiさんは、日本を代表するダンサーとして知られており、荒木経惟氏の専属モデルとして、およそ16年もの間活動しています。

幼少期からダンスに造形が深く、「ロシア・バレエ・インスティテュート」バレエアカデミーにおいて、ロシア人講師から指導を受けていたという経歴もあるなど、クラシックバレエなどにも精通しています。

クラシックの基礎を学んだ後は、ネオクラシックと呼ばれる新たなバレエのスタイルを勉強するために、スイスへと留学し、さらには、パリの学校での出会った、「コンテンポラリーダンス」と呼ばれるジャンルのダンスにのめり込み、アメリカへと渡って武者修行を続けたそうです。

現在では、様々な資格を所持しているために、ボディメイクアップアーティストとして、スタイル維持と健康に関する活動している傍、芸能や音楽関係の振り付けや演出を手がけるなど、幅広い活躍をしており、さらには、KaoRiさん自身もモデルや女優として活躍をしています。

また、問題のあった荒木経惟氏とは、2002年ごろから共同作業を行なっているそうで、生涯のモデル(ミューズ)として長期の撮影を続けていると言います。

そして、こちらが告発をしたとされるブログの内容です。

 

荒木経惟とは?

こちらが、KaoRiさんによって告発をされた荒木経惟氏のプロフィールです。

「アラーキー」の画像検索結果

出典:Twitter

名前:荒木経惟(あらき のぶよし)

通称:アラーキー

生年月日:1940年5月25日

年齢:77歳(※2018年4月現在)

出身:東京市下谷区三ノ輪

配偶者:青木陽子

荒木経惟氏は、父親がもともと下駄職人だったそうですが、、近隣でも有名なアマチュアカメラマンとして活躍したために、それがきっかけとなってカメラマンを志したそうです。

ヌード写真や近年では、少女も含めた人物写真を得意とする傾向にあるのですが、花や植物などの写真や、東京を対象とした都市写真の作品も多く手がけるなど、その作品の写真集の発行点数がきわめて多い写真家としても有名です。

1963年には、千葉大学工学部写真印刷工学科を卒業後、電通に宣伝用カメラマンとして就職し、1971年には、当時電通の同僚であった青木陽子さんという方と結婚するのですが、1972年に退社し、フリーとなっています。

さらには、1990年に奥さんが亡くなってしまい、その様子を写真に納めて世間に衝撃を与えたことでも知られています。

 

スポンサーリンク

 

水原希子もセクハラを告発

そんな荒木経惟氏ですが、モデルの水原希子さんからも同様の告発を受け、話題となっています。

水原さんは荒木氏と何回か撮影で一緒になったことがあるそうで、2018年4月9日に自身のInstagramのストーリー(24時間で消える写真や文章を自由に投稿できる機能)にて、かつて荒木氏からセクハラを受けていたことを告白し、荒木氏とそれをモデルを取りまく環境を痛烈に批判したのです。

水原さんのInstagramのストーリーによれば、水原さんが20代前半だった頃にとある企業広告のモデルを務めたそうなのですが、その際、企業の社員特に上層部と思われる20人ほどの男性社員に、上半身裸の姿をを凝視されながら撮影をすることを荒木氏に強要されたのだそうです。

この企業というのものは、2013年の1月1日に発表された資生堂『わたし、開花宣言』という広告であり、水原さんはセミヌードとなって上半身を隠した状態で撮影に臨んだものとされています。

これは水原さんがストーリーで告発した「上半身裸になって手で胸を隠して撮影」という水原さんの証言と合致しているために、ネット上ではもう資生堂は使わないといった批判が多く寄せられているのです。

水原さんのストーリーと告発文がこちらです。

出典:Instagram

私も20代前半の頃 ある企業の広告撮影で上半身裸になって手で胸を隠して撮影をする事があったんだけど、その時だけ何故か沢山の男の人、多分上層部であろう20人くらいの社員の人達がスタジオに来て、裸だから撮影中は見られたくないと伝えたけれども、写真を確認しなくてはならないからと言う理由で、結局、仕事だからと拒否できないんだよと言う理由で、沢山の男性に裸を見られる環境の中で撮影を強いられた事があった。もちろん撮影中、緊張して固まってしまった

荒木さん あなたにとって女性とは一体何なんですか?」「何故、長期に渡ってあなたのミューズであったかおりさんを精神的に追い込む必要があったのか。精神的に追い込んでいた事にさえも気づいていなかったのかもしれないけど、、

私は何度も撮影して頂いた事もあったからこそ、シンプルに、残念極まりないです

出典:ナリナリドットコム

そして、資生堂の手ブラの画像がこちらになります。

水原希子手ブラ画像

 

ミューズとは?

ミューズとはそもそも「MUSE」と書き、ギリシャ神話で知的活動をつかさどる九人の女神たちのことをさすとされています。

また、ムーサと発音するのだそうですが、英語やフランス語ではミューズと発音します。

近年では、知的活動から転じて、自身のデザイナー活動にとって欠かすことができない、重要なモデルのことを指し、ファッション業界やモデル業界などでは、そのシーズンのそのショーの「主役(主役モデル)」というような意味合いもあるようです。

すなわち、そのカメラマンの専属という意味と捉えて差し支えないのですが、このミューズに対してセクハラを強要するのは、嫌がれば契約が切られてしまうだけでなく、今後業界内で撮影を委託される機会が減ると思われますので、断りたくても断れないのでしょう。

そんな最中、昨今ハリウッドなどで話題となっている「#MeToo」などの後押しもあって、KaoRiさんが勇気を持ってアラーキーのセクハラを告発したことによって、今回のような水原さんの問題も浮上してきたのです。

これはモデル業界のみのならず、女性を起用する業界では多くあることでると思われますし、いわゆる氷山の一角なのではないかと考えて間違いないでしょう。

いずれにしても、人気モデルのセクハラ問題の告発なだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

キャメロン・ディアスが引退!理由はセクハラ問題で#MeTooも関係している?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!