五芒星 心理テスト(月曜から夜ふかし)の診断結果と分かる性格一覧がこちら!書き方や書き順が人それぞれ違う?

この記事は4分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

2018年4月9日に放送された「月曜から夜更かし(日本テレビ系列)」で、五芒星の書き方が人それぞれ違うことと、それに基づいて様々な性格がわかる心理テストが紹介され、話題となっています。

五芒星の心理テストとは?

Twitter上で紹介されたツイートの注目が集まっています。

投稿によれば、「月曜から夜更かし」にて紹介された五芒星の書き方の心理テストについて言及されています。

 

心理テストの結果は?

では、この心理テストの結果はどのようなものなのでしょうか?

出典:Twitter

①頂点から書き始める人は「ぐいぐいリーダータイプ」

①番から書き始める人は、責任感と行動力が強い傾向にあるそうで、自分自身がなんとかするという強い気持ちを持っており、そのため損な役割を引き受けることも多いのだそうです。

恋愛に関しては、情熱的で自分から積極的に攻めるのですが、相手から迫られると、幻滅してしまうタイプだそうです。

②右から書き始める人は「愛されたい八方美人タイプ」

②番から書き始める人は、自分自身の信念を持っておらず、他人に流されやすいのだそうで、断りきれなくて他人に利用されてしまう危険性もあります。

恋愛に関しては、多少強引なアプローチをされても、断りきれずにOKしてしまうこともしばしばあり、、自分の心が満たされないまま付き合い続ける一方、他人に流されやすいために、浮気をしてしまうこともあるのだそうです。

③右下から書き始める人は「夢が大きいロマンチストタイプ」

③番から書き始める人は、常識に捉われないユニークな一面と、天然ボケとを兼ね備えている人だそうで、恋愛に関しても、少女漫画やアニメのように”ロマンティック”な出会いに憧れ、それを求める傾向にあるのだそうです。

④左下から書き始める人は「こだわりが強い芸術肌タイプ」

④番から書き始める人は、独自の美意識を持つ芸術肌であり、そう簡単には妥協を許さない性格である一方で、恋愛にでは苦手意識が強いのか、意外と奥手な部分があるのだそうです。

⑤左から書き始める人は「自分に正直なリア充志望タイプ」

⑤番から書き始める人は、自分の欲望に正直なに生きるタイプであり、物欲も金欲もあり、そのためであれば、何でも必要な努力はするそうで、若いうちからもそれは惜しみません。

恋愛に関しては、積極的に出会いを求めて合コンや街コン、婚活パーティーなどに参加するので成功率は高いのですが、相手の性格よりもスペックを重視する傾向にあるそうです。

 

スポンサーリンク

 

五芒星とは?

そもそも五芒星とは何なのでしょうか?

五芒星とは西洋や東洋を問わず「魔除けのシンボル」として信じられてきたもので、魔術や呪術、おまじないの分野においても、古から現在に至るまで、世界各国の様々な地域で用いられてきました。

対象者となる人物に邪気が擦りつかないように守る役割がある他、憑依した悪魔などを追い払う効果が期待されており、”守護”を目的とした魔術・呪術、おまじない等で積極的に使用されることが多いのだそうです。

五芒星によく似た記号で「六芒星」というものがあるのですが、こちらの違いに関して疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

六芒星も呪術や占いなどでしょっちゅう使われているほか、アニメや映画等でも使用されることもしばしばありますし、どちらも同じ星型であるために同じなのでは?と感じるかもしれませんが、五芒星は読んで字のごとく角が5ヶ所あり、六芒星は角が6ヶ所ある点が主な特徴です。

また、西洋においてなのですが、五芒星には「記号を逆さにすると魔除けの象徴から悪魔の象徴へと変化する」という、極めて危険な迷信が存在しており、これは六芒星にはない特徴でもあるそうです。

 

Twitter上の反応

この心理テストについて、Twitter上では様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

スマートデイズ(かぼちゃの馬車)が倒産し理由はサブリースの自転車操業の詐欺か!経営破綻で民事再生法が適用

 
error: You never click here!!