岩倉知広(ともひろ)の壮絶な生い立ちがこちら!祖母への怨恨や家族構成についても!

この記事は4分で読めます

出典:つぶろぐ

スポンサーリンク

 

鹿児島県日置(ひおき)市東市来(いちき)町湯田の民家で男女3人が殺害された事件で、男性1人に対する殺人容疑で逮捕された岩倉知広(いわくら ともひろ)容疑者が、5人を殺害し、近所に埋めていたことが明らかとなりました。

自分で穴を掘って埋めた

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

家の中で5人を殺した――。鹿児島県日置市の民家で親族ら3人が殺害された事件で、県警に逮捕された岩倉知広容疑者(38)は祖母(89)と父(68)も殺したと供述したという。遺体が埋められていたのは近所の空き地。無事を願っていた人に衝撃と悲しみが広がった。

(ー中略ー)
父親の正知さんも8日に遺体で見つかった。正知さんが勤務する日置市内の職場の関係者によると、2016年ごろから勤め始めたが、久子さんの介護などを理由にこの4月からは勤務時間を短くすることになっていたという。

ところが3月31日に出勤したのを最後に、次の出勤日だった今月4日は連絡なく欠勤した。正知さんについて「優しい性格で、真面目な勤務態度だった。これまで一度も休んだことがなく、どうしたんだろうと心配していた」と話した。

岩倉知広容疑者の父、正知さんと、祖母の久子さんとみられる遺体が発見された現場は、久子さんの自宅から約400メートル北東の山林だった。遺体が埋められていた空き地は山林を走る道路から、さらに小道に入った先にある。日中でも、行きかう車はまばらだ。

遺体の捜索は8日昼から数時間かけて行われた。空き地周辺は警察によって立ち入りが規制された上、生い茂る木々に囲まれ、詳しい様子はうかがい知れない。ジュラルミンケースを持った警察官や、捜査用のワンボックスカーが慌ただしく出入りした。

出典:朝日新聞デジタル

 

 

岩倉知広容疑者について

こちらが、逮捕された岩倉知広容疑者のプロフィールです。

名前:岩倉知広(いわくらともひろ)

年齢:38歳

職業:無職

在住:鹿児島県日置市東市来町

2018年4月6日午後3時45分ころ、鹿児島県日置市の住宅で、3人の遺体が発見されるという何とも凄惨な事件が発生しました。

そして、亡くなったとされるのが、この家に住む80代の女性の長男の妻で鹿児島県薩摩川内市天辰町に住む無職の岩倉孝子さん、と岩倉さんの姉で薩摩川内市平佐町に住む無職、坂口訓子さん、そして、長男の知人でこの家の近くに住む職業不詳の後藤広幸さんの3人であるそうです。

岩倉容疑者は、6日午後3時9分ころから25分ごろまでの間に、3人のうち後藤さんの首を絞めるなどして殺害したとしてと逮捕された人物で、さらには、この家に住む80代女性と同居している60代の次男の行方も判明しておらず、警察は2人も事件に巻き込まれた可能性があるとして、捜査をしています。

ちなみに、こちらが公開された岩倉容疑者の顔画像です。

「岩倉知広 」の画像検索結果

出典:東京新聞

 

事件の時系列と相関図

非常に複雑でありますので、ここで事件の時系列についておさらいしておきましょう。

2018年4月6日12:00分頃

「次男が出勤していない」と職場から長男に電話が入る

2018年4月6日12:30分頃

連絡を受けた長男ですが、鹿児島県外にいたため、奥さんである岩倉孝子さんに電話で民家へ確認に行くよう依頼

2018年4月6日14:20分頃

これに同行してた岩倉孝子さんの姉の坂口訓子(くにこ)さんと、岩倉孝子さんと連絡が取れなくなったことことから、この家の近くに住む長男の知人である後藤広幸さんに安否の確認を依頼します。

2018年4月6日14:49分頃

最後のホットラインである後藤さんとも連絡が途絶えてしまい、長男が「弟や妻、知人と連絡が取れない」と日置署に通報。

2018年4月6日15:45分頃

通報を受け、駆けつけた警察官が事件現場で倒れている遺体を発見

2018年4月6日22:15分頃

鹿児島県警が殺人事件と判断し、捜査本部を設置し、捜査を開始

2018年4月7日早朝

岩倉孝子さんの車が、現場付近で発見される

2018年4月7日10:10分頃

通報した長男の弟の”次男”の息子である、岩倉知広容疑者を逮捕

この事件は、後藤さんに殴られた痕があるなど3人の遺体全てに外傷があったことなどから、鹿児島県警は殺人事件と断定して捜査を開始したもので、何らかの事情を知っているとみて、岩倉容疑者を捜していたのです。

そしてこちらが、複雑な人間関係を整理するための相関図です。

出典:FNN

岩倉容疑者は、叔父にあたる長男の奥さんの岩倉孝子さん、そして岩倉さんの姉の坂口訓子(くにこ)さん、そして近所に住む知人の男性の計3人の殺害と、祖母である岩倉久子さん、岩倉久子さんの次男であり父親の男性の殺害をもほのめかしているとのことです。

 

犯行現場は?

では、事件があった現場は一体どのような場所であったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、この辺りであるとのことです。

出典:FNN

おそらくこの辺りは再開発が進んでいますので、Googleマップ上ではこちらあたりなのではないかと推測されます。

日置市は薩摩焼の歴史とも深い関わりがある地域であり、現在でも旧東市来町美山地区などに窯元が開かれるなど、陶器主に、焼き物の街としても知られている、海と山に囲まれた自然豊かな地域であります。

 

スポンサーリンク

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

警察の調べに対して、岩倉容疑者は、「久子さんらから、いろいろ注意されてうるさかった」と供述をしているそうです。

自身の祖母である岩倉久子さんから、やいやい言われていることに腹が立ったから殺害をしようと決意したと思われますが、自身の父親で岩倉久子さんの息子さんに当たる岩倉正知さんを最初に殺害したのは何故なのでしょう?

久子さんを殺害しようと計画をした段階で、邪魔になると思われる人物全てを排除しようと考えたのではないかと推測されます。

安否確認のために、岩倉家を訪れた岩倉孝子さん坂口訓子さん、後藤広幸さんに関しては口封じのために、殺害をした可能性もあります。

もしかすれば、先に祖母の久子さんを殺害し、そのことを父親に咎められた岩倉容疑者が、口封じのために殺害し、事件が大きくなっていったのではないでしょうか?

また、岩倉容疑者は久子さんの自宅からおよそ400m北東にいった山林に遺体を逝きしていますので、もしかすれば、この3人の遺体もそこへ逝きしようと決意していた可能性もあります。

 

生い立ちは?

では、岩倉容疑者の生い立ちはどのようなものだったのでしょうか?

岩倉容疑者は事件現場の岩倉久子さんの祖母の家の近所で、幼少期から両親と共に過ごしており、地元の小中学校を卒業しています。

当時をよく知る人物の証言では「頭が良く、成績も優秀な優等生で、生徒会の活動も頑張っていた」とのことです。

性格は大人しく、あまり人前に出て目立つようなタイプではなかったそうですが、カッとなって怒ったり暴力的な一面があるとの情報はありません。

中学の卒業アルバムの写真が公開されましたが、髪の毛が坊主頭であり、運動部に所属していた可能性も否定できません。

出典:NNN

その後は進学校として知られる高校に進学しているのですが、この頃からその暴力の片鱗は見せており、一部情報によれば暴力沙汰で中退したとの情報もあります。

高校を卒業後は、岩倉容疑者は運送会社に就職しており、トラックのドライバーとして勤務していますが、この頃は祖母である久子さんとの関係も良好で、自分が使用していた軽乗用車をプレゼントし、それを岩倉容疑者が通勤用として愛用するなど、自然の間柄であったとのことです。

そんな最中、岩倉容疑者の両親は離婚をしてしまい、父親の岩倉正知さんと、祖母である久子さんが二人暮らしをすることとなったのですが、

岩倉容疑者は、母親のほうに引き取られ、鹿児島県内の別の地域で一緒に暮らしていたのだと言います。

ちなみに、岩倉久子さんの旦那さんで岩倉容疑者の祖父にあたる人物は、開業医をしていたそうですが、すでにお亡くなりになられています。

そして数年前に、母親に別れを告げると、久子さんが所有しているアパートに転居してきたのだと言います。

しかしながら、その頃には仕事も辞めていて、アパートでひきこもりがちの生活が始まってしまい、現在に至るのですが、働かずに家にこもりきりだったことを気にしていた岩倉孝子さんは、いつも「ともくんが、ともくんが」と気にかけ、心配をしていたのだそうです。

つまり、家族ぐるみで働かない岩倉容疑者のことを心配していたそうですが、それが逆にプレッシャーとなってしまい、うるさく感じたために殺害をしてしまったのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

岩倉知広容疑者の生い立ちと犯行動機がヤバい!5人殺害の真相や時系列と複雑な人間関係を整理

 
error: You never click here!!