平尾龍磨の顔画像がこちら!脱走(逃走)した理由は刑務所の戒律が原因?松山刑務所大井造船から受刑者が脱獄

この記事は3分で読めます

出典:NNN


スポンサーリンク

 

愛媛県警今治署は8日、同日午後6時ごろから同7時ごろの間に、同県今治市の松山刑務所大井造船作業場から平尾龍磨(ひらお たつま)受刑者が逃走したと発表し、話題となっています。

受刑者が逃走

サンケイスポーツ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

愛媛県警今治署は8日、同日午後6時ごろから同7時ごろの間に、同県今治市にある松山刑務所大井造船作業場から受刑者の男1人が逃走したと明らかにした。男は広島県内に逃走した可能性があり、捜索を続けている。

今治署によると、男は平尾龍磨受刑者(27)。身長約173センチでやせ形、黒髪の短髪。黒っぽいジャージー姿で、白の運動靴を履いていた。

広島県警によると同午後8時半ごろ、今治市と広島県尾道市を結ぶ瀬戸内しまなみ海道の向島インターチェンジ(尾道市)付近の駐車場で、平尾受刑者が使ったとみられる盗難車が見つかった。

松山刑務所によると、8日午後7時ごろ、作業場でのミーティングに参加せず、所在不明となったたため110番した。

出典:サンケイスポーツ

 

 

平尾龍磨受刑者について

名前:平尾龍磨(ひらお たつま)

年齢:27歳

職業:不詳(服役中)

所属:松山刑務所大井造船作業場

身長:173cm

体型:痩せ型

髪型:黒髪、短髪

服装:黒色のジャージ、白色の運動靴

平尾受刑者は、愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から逃走したとされる、同刑務所に服役中の男性で、特徴に関しては前述した通りとなっています。

犯した罪は、窃盗などだそうで、不起訴とならずに有罪判決を受けているとうことは、初犯ではない可能性が出てきます。

平尾受刑者は8日午後6時前の夕食時に姿が最後に確認されていて、その後、午後7時ごろまでの間に逃走したとみられているということです。

警察が公開した現在の顔画像がこちらだそうです。

出典:JNN

 

逃走経路は「しまなみ海道」

平尾受刑者が、逃走したとされる2018年4月8日の18:30〜19:00の間には、松山刑務所からおよそ1km離れた住宅で車が盗難されており、その車は愛媛県今治市から瀬戸内海を渡って広島県尾道市へと繋がっている道路の「しまなみ海道」で、その尾道市側で発見されたとのこです。

そして、逃走経路はこちらで確認できます。

「しまなみ海道」とは、正式名称を「瀬戸内しまなみ海道」と言い、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長およそ60kmの自動車専用道路のことで、西瀬戸自動車道、生口島道路、大島道路の3つの路線から構成されています。

この道路は、尾道市の一般国道2号バイパス及び今治市の一般国道196号バイパスに接続している他、瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の島々を橋で結んでいるために、景色が非常に綺麗でもあります。

また、新尾道大橋以外の各橋には、原付きや自転車・歩行者専用の道路が整備されてるので、多島美を眺めながらサイクリングやウォーキングをすることも可能なのです。

続報:現在の居場所に関する情報がこちらです↓

平尾龍磨容疑者の現在の居場所の最新情報がこちら!向島で車上荒らし発生で逮捕目前か?


スポンサーリンク

 

松山刑務所とは?

松山刑務所内の大井造船作業場は、模範的とされる受刑者が作業に従事しながら更生を図る施設として知られているために、刑務官が常勤はしているのですが、受刑者の居室のドアに鍵はかけられていない他、窓の鉄格子もないとされており、「塀のない刑務所」と呼ばれているのが特徴です。

全受刑者がこの大井造船所で刑期を過ごせるわけではなく、大井造船作業場へ行くには審査に合格し、また体力作りのための訓練にも耐えなければならないそうです。

友愛寮とい寮で暮らすことが条件であり、泊まりこみ作業場として大西工場敷地内に派遣されるのですが、刑務所の作業員は大西工場で一般従業員と一緒に作業をするという非常に珍しい更生施設です。

一見すると非常に緩いように思えますが、この大井造船所では受刑者の社会復帰促進を目的としており、ここで軍隊以上の厳しく規律も正しい生活を送っている他、資格を取る為の勉強や、刑務官の監視がなくても、受刑者が自治会を作って受刑者を管理する事で自立精神を育てたりと一風変わったシステムを導入し、更生を目指しているそうです。

こうした自立精神を育てることが目標であるために、炊事や洗濯も受刑者自身が行うそうで、号令や点呼で大声を出す他、些細な失敗でも厳しく指導や指摘をされる生活が続くたえに、睡眠時以外は常に緊張を強いられます。

そのために寮を出て普通の刑務所に戻ることを希望する受刑者も少なくないそうですが、一方で、この大井造船所で刑期を過ごしている場合は、仮釈放が早くなったり、刑期が短くなることがあり、志願する受刑者も同等にいるのです。

ちなみに、大井造船所で刑期を過ごした受刑者の再犯率は数%と非常に低く、社会的に貢献できる人材の育成能力と、更生能力を兼ね備えた優秀かつ模範的な施設であるのです。

続報:現在の居場所に関する情報がこちらです↓

平尾龍磨容疑者の現在の居場所の最新情報がこちら!向島で車上荒らし発生で逮捕目前か?

 

戒律が厳しすぎて逃走?

平尾受刑者は、鍵が掛かっていない部屋から逃走を図っていますが、もちろん自立精神を育てるこの刑務所や寮では、そうした逃走に関することへの警戒心が強くないのが現状です。

ですが、戒律や生活リズムが非常に厳しいために、ゆとり世代である平尾受刑者が耐えられることが出来ないのではないかと思われます。

厳しすぎで、嫌気がさし逃走を試みた可能性もありますし、大井造船所内でいじめられていたとうこともあるでしょう。

しかしながら、自分が犯した罪を償うためにこうした厳しい環境下に身を置いて、反省し「二度とこうした目に遭わない」と誓って更生することを目的としているにも関わらず、目の前の現実から目を背けて逃走や脱獄をしてしまうのは、非常に間抜けでありますし、情けないことでもあります。

いずれにしても、刑務所からの脱走であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一見です。

続報:現在の居場所に関する情報がこちらです↓

平尾龍磨容疑者の現在の居場所の最新情報がこちら!向島で車上荒らし発生で逮捕目前か?

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

平尾龍磨容疑者の現在の居場所の最新情報がこちら!向島で車上荒らし発生で逮捕目前か?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!