大相撲巡業で舞鶴市長が倒れ、女医に対しアナウンスした若手行司が判明か?動画から顔画像や名前など情報も?

この記事は3分で読めます

出典:YouTube


スポンサーリンク

 

4日14時すぎ、京都府舞鶴市の舞鶴文化公園体育館で行われた大相撲の春巡業の土俵上で、あいさつをしていた京都府舞鶴市の多々見良三(たたみ よしぞう)市長が突然倒れ、市内の病院に搬送され流というトラブルが発生しました。

しかしながら、この際に救命に当たっていた女医さんに対して場内アナウンスで「土俵から降りてくだい」とアナウンスがされてしまったために、炎上する騒ぎとなっています。

土俵から降りてとアナウンス

サンケイスポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

4日午後2時すぎ、京都府舞鶴市の舞鶴文化公園体育館で行われた大相撲の春巡業の土俵上で、あいさつをしていた多々見良三舞鶴市長(67)が突然倒れ、市内の病院に搬送された。

会場に居合わせた日本相撲協会関係者や現場を訪れていた地元関係者によると、多々見市長が倒れた直後に、警察官やスタッフらが土俵に上がり、心臓マッサージなどの救命処置を施していた。その中に観客とみられる女性が含まれており、協会側は場内放送で「女性の方は土俵から下りてください」と促したという。土俵から下りた女性は医療関係者との情報もある。

大相撲の土俵は古くから「女人禁制」とされており、この慣例に従った形だが、一連の対応は波紋を広げそうだ。地元関係者は「会場は騒然としていた。みんなが大丈夫かなと思っている時に、場違いなアナウンスだなと思った」と話した。

市によると、多々見市長は意識があって会話はできているといい、命に別条はないとみられる。4日の春巡業は舞鶴市の市制施行75周年を記念して催されていた。

出典:サンケイスポーツ

 

 

女性に対してあまりにも酷いアナウンスが

こちらに投稿された動画では、2018年4月4日に「舞鶴市制施行75周年記念」と題して開催された大相撲舞鶴場所にて、多々見市長が挨拶をしている途中に倒れた際に駆け寄った救命女性が心臓マッサージを施し、他の女性が土俵に上がった際に、「女性の方は土俵から降りて下さい」と数回アナウンスがされたところを記録したものです。

ご覧になってわかるとり、0:45秒あたりから、市長を心配した女性2人が土俵に駆け上がっていますが、その女性に対して場内アナウンスで「女性は土俵から降りてください」としきりに降りることを促しているのです。

いくらしきたりとはいえ、あまりにも馬鹿げている発言であります。

 


スポンサーリンク

 

なぜこのようなアナウンスが?

では、なぜこのようなアナウンスがされてしまったのでしょうか?

そもそも、大相撲は神事であるために、それにしたがって女性は土俵に上げてはならないというしきたりが存在しています。

相撲の発祥は、もともと農村で豊作を祝う儀式として誕生したもので、その豊作を願う神様は女性だとされており、その女性の神様を楽しませるために力自慢の若い男たちが競い合う出し物として誕生したことがきっかけとなっています。

そして、そもそも土俵に女性が立ち入ることを禁じているのは、この神様がやきもちを焼くからなのだそうです。

決して、女人禁制は女性差別からくるものではないということをご理解ください。

また、これは諸説あるのですが、古くから、土俵の上は神がいる場所とされてきており、横綱の土俵入りは、四股によって邪悪なものを踏み鎮める、いわば“地鎮祭”と同じ意味を持つものとされているために、古より土俵は神聖な場所とされ、女人禁制として成り立ってきているのです。

 

アナウンスをしたのは誰?

では、このような非常識なアナウンスをしたとされるのは一体誰なのでしょうか?

ネット上の情報によれば、日本相撲協会に所属する若手行司であるとのことですが、その名前や顔画像などの情報は入ってきておりません。

しかしながら、こうした炎上する騒ぎとなっていますので、心のどこかで焦っているのかもしれません。

もちろん、しきたり通りに事を進めるのであれば、何も間違ったアナウンスをしていないのですが、人ひとりの命がかかった緊迫した場面で「女性は土俵から降りてください」さらに続けて「男性が土俵にお上りください」と平然とアナウンスをしているのは誰がどうみても批判されるのは当たり前ですし、仮に上からの指示でそうせざるを得なかった場合には、日本相撲協会の体質そのものに問題があると言わざるを得ません。

 

命よりも重い伝統

なぜこのような悲惨な事態に陥ってしまったのでしょうか?

そもそも、人命救助をした人が土俵から降ろされて、何もせずにボケーッと突っ立ている人が土俵に居座り続けること自体が問題であるように感じます。

「伝統だから」と割り切ってしまえばそれまでなのでしょうか?

もし仮に、相撲協会関係者特に理事クラスの人が土俵で倒れ、それを介護しようとした理事クラスの家族や、女医さんスタッフにも果たして同じようなことが言えるのでしょうか?

また、自分の身内が同じような目に遭った時にも毅然とした態度で同じようなことが言えるのでしょうか?

答えは否です。

こうした古いしきたりや、伝統というのは、一種の甘えの上に成り立っているものであり、自分の身内に不幸が降りかかろうものなら、そうしたしきたりを無視してまで助けようとするはずです。

この伝統を守ろうとした若手行司は、舞鶴市長とそれを助けようとした女医さんや女性2名が全くの他人であるからそのように注意したのであって、自らの身内や家族が同じような目に遭えば必ず動揺していたことでしょう。

こうした、他人を思いやる(特に急病人に対して)気持ちの欠如こそが、1番の問題であり、一刻を争う猶予などないこの場面は臨機応変に対応しなければならないのではないかと思われます。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

舞鶴市長が倒れる動画と女医に対する”女性は降りてくだい”の真相がこちら!相撲協会は人命よりも伝統を重んじる殺人集団

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!