有働由美子アナがNHKを退社!退局理由はフリー転身を熱望が原因?海外勤務の経験なども影響?

この記事は3分で読めます

出典:THE PAGE

スポンサーリンク

3月までNHK総合「あさイチ」の司会を務めた有働由美子アナウンサーが、同社を退社していたことが明らかとなりました。

今回は、有働アナの退社理由は真相について、迫ってみたいと思います。

有働由美子アナがNHK退局

日刊スポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

NHKの有働由美子アナウンサー(49)が、3月31日付で、同局を退社していたことが4月3日、分かった。前日の3月30日には、8年間メインキャスターを務めた「あさイチ」を卒業したばかり。現場への強いこだわりが理由とみられる。今後の活動は未定という。有働アナはこの日夜、NHKを通じてコメントを発表した。

冒頭から「平成30年3月31日付でNHKを退職させていただきました。27年間勤めさせていただいたNHKには大変愛着があり、定年までしっかり働き続けようと思っておりましたが、以前から抱いていた海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をしました」としている。

有働アナは、10年の番組開始から8年間メインキャスターを務めた「あさイチ」を3月30日をもって卒業。その翌日の退社だった。 現時点ではまだ退職から間もないため、どこかに再就職するのか、フリーアナに転身するのかなどは未定。それでも「今後、有働由美子という一(いち)ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります」と、報道の仕事に関与していくことを示唆している。

出典:日刊スポーツ

 

有働由美子アナウンサーについて

こちらが、NHKを退社された有働由美子アナウンサーのプロフィールです。

「有働由美子」の画像検索結果

出典:ORICON NEWS

名前:有働由美子(うどう ゆみこ)

生年月日:1969年3月22日

出身:大阪府

年齢:49歳(2018年4月現在)

学歴:神戸女学院大学文学部卒業

職歴:NHKアナウンサー(大阪→東京アナウンス室→アメリカ総局→東京アナウンス室)

有働アナウンサーは、大阪出身であり、府立高校の名門である大阪府立北野高等学校を卒業後、神戸女学院大学文学部に進学し、1991年NHKに入局しています。

入局後最初はスポーツを担当しており、入局4年目から担当した『NHKニュースおはよう日本』が東京での最初のお仕事となっています。

それからというのものの、「サタデースポーツ」や「サンデースポーツ」、「オリンピック中継」や「NHKニュース10」、「あさイチ」などで、キャスターとして、安定感のある仕事ぶりをはっきし、お茶の間から人気を博していました。

2001年から2003年までの間には、「NHK紅白歌合戦」で紅組司会を担当するなど、NHKの顔として広く知られているほか、ワキ汗を多くかいていることでも知られており、「あさイチ」では、有働アナのワキ汗に苦情が殺到したことを受けて特集が組まれた「働く女性のワキ汗問題」にて、「「ワキ汗って、頑張ってるとか、人に気を使うから出る汗腺だから良い人の証拠なのよ」と、コメント残しています。

 

スポンサーリンク

 

退社の理由は?

では、退社の理由は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、有働アナの退社の理由に関して「以前から抱いていた、海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をいたしました」とコメントを残しています。

このことに関しては、2007年6月に有働アナがアナウンサー職のままニューヨークにあるアメリカ総局へ異動したことがきっかけではないかとされており、アナウンサー職のまま特派員になる初事例ということもあって、アメリカ滞在中には管理職にまで昇格しているのです。

この経験から、海外で取材をすることが好きになってしまい、もともと頭のいい方ですので、勉強に対する探究心を捨てられなかったと推測されます。

しかしながら、アメリカ総局時代には、母国語である日本語以外で生活することはどれほど苦労するのかを痛感したそうで、ようやく英語での生活に慣れ始めた頃に、東京復帰を命じられた、ショックである胸の内を明かしています。

 

フリー転身の可能性は?

では、有働アナはフリー転身の可能性はあるのでしょうか?

有働アナは、現職のNHKアナウンサーとして史上初となる、民法出演を果たしている人物として知られていますが、民放での番組初出演となった「PON!(日本テレビ系列)」に出演した際には、「(スタジオが)狭いですね…」「民放さんってお金があるので(スタジオは)もっと広いのかなぁ、と思ってたんですけど…」などと毒舌気味にコメントを残すなど、民法には興味が無いのではないかと言われていました。

しかしながら、 NEWSポストセブンには以下のような有働アナの情報が掲載されております。

有働アナのフリー転身を熱望しているんです。人気・実力ともに抜群の有働アナは、視聴率低下にあえぐテレビ局にとっては垂涎の的。1月11日には同じNHKの登坂淳一アナ(46才)がNHKを退社すると報じられました。フジテレビの夕方のニュース番組のメインキャスターを務めることが決まっています。有働アナの“NHK愛”は筋金入りで、出世話も絶えませんが、本人には“プライベートも充実させたい”との希望もあるそう。フリー転身もあり得るのではないでしょうか

出典:NEWS ポストセブン

このことから考えても、フリーを熱望しているのであれば、海外勤務なども踏まえて、十分に考えられるのではないかと思われます。

つまり、このNHKの退社は「あさイチ」卒業のタイミングで考えていたものであり、フリーにったもっと自由になりたいという有働アナの野望の現れであるというのです。

NHKに対する愛はすごいものがあるのだそうですが、それよりも自らやりたいことを成し遂げるということの方が、よっぽど魅力的に映ったのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

伊藤綾子アナの退社は二宮和也との結婚が原因ではない?5ちゃんねるに”セント・フォースのイトウ結婚”という意味深な書き込みが

 
error: You never click here!!