白浜里織(しらはまりお)さんはスキーのトッププレイヤー!顔画像や事故原因なども判明か?

この記事は3分で読めます

出典:FNN

スポンサーリンク

 

北海道倶知安町のスキー場で29日、競技スキーの合宿に参加していた小学生の白浜里織(しらはま りお)さんが死亡するというなんともいたたまれない事件は発生しました。

スキー合宿の小4、滑走中に死亡か

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

29日午後2時20分ごろ、北海道倶知安町のスキー場「ニセコグラン・ヒラフ」で「コース外で女児がうつぶせで倒れている」と30代の男性スキー客から119番があった。横浜市中区本牧和田、小学4年白浜里織さん(10)が頭などを骨折しており、搬送先の病院で死亡が確認された。

倶知安署によると、白浜さんは競技スキーの合宿のため、26日から4月2日までの予定で町に来ていた。29日は午前中から練習しており、練習後にコースを滑り降りていたところ、コースから外れたのを合宿の参加者が目撃していた。

白浜さんが倒れていた場所近くの木に新しい傷があり、同署は誤って衝突したとみて調べている。

出典:産経ニュース

 

白浜里織さんについて

こちらが、亡くなった白浜里織さんのプロフィールです。

名前:白浜里織(しらはま りお)

年齢:10歳

職業:小学校4年生

在住:神奈川県横浜市本牧和田

白浜さんは、横浜市内の小学校に通う小学生であり、競技スキーの合宿で北海道を訪れた際に、誤まってコース外へとコースアウトしてしまい、亡くなってしまった人物です。

白浜さんはあごや頭、足などを骨折していることから、警察はは滑走中の事故で全身を強く打った可能性があるとみて捜査を進めています。

また、白浜さんはスキーの大会に出場した経験を持っているとのことで、今回参加した合宿には全国でも屈指のスキルを誇る小・中学生スキーヤー12人が参加していたとのことで、白浜さんスキーの実力もトップレベルであった可能性も十分に考えられるでしょう。

横浜市という雪とは無縁の土地から、こうしたスキーの実力者が誕生するということは、ご両親もスキーヤーであった可能性もありますし、さらに言えば、頻繁にゲレンデへ通っていたということも十分に考えらるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

事故現場は?

では、事故現場は一体どのような場所であったのでしょうか?

事故現場となってしまったのは、北海道虻田郡倶知安町(くっちゃんちょう)字山田204にある、「ニセコグラン・ヒラフ」という日本でも有数のスキー場として知られている場所です。

関連画像

「ニセコグラン・ヒラフ」は、東急リゾートサービスが運営しており、全国各地に系列のゲレンデがあるのも特徴です。

冬のシーズンは大会や一般客への解放などで、ゲレンデとしての機能も果たしていますが、夏のシーズンでもサマーゴンドラや、自然探索をする自然教室、コース全長約3,000mの中上級者用の本格ダウンヒルコースを要したマウンテンバイクのレースを開催するなど、オールシーズン楽しめるスポットであるとして、人気のエリアです。

また、北海道ならでは雄大な自然を眺めながら、バーベキューをしたり、温泉につかれるなど、「ニセコグラン・ヒラフ」はスキー場を通り越した、様々な経験のできるリゾートエンターテインメント施設として認知されています。

 

事故原因は?

では、事故原因は一体何だったのでしょうか?

そもそも、今回白浜さんが参加した合宿は、3月26日から7泊8日の日程で行われるものであり、町内のペンションが募集した小・中学生対象の競技スキーの合宿であります。

競技スキーとは、その名の通り競技をメインにするものであり、アルペンや大回転などのスキーを滑ることに特化した競技です。

そして、今回は東京や北海道など全国各地から選ばれた12名がこの合宿に参加しています。

事故があった、2018年3月29日は、午前8時半頃より児童ら12人が、スキーのインストラクター2人に引き連れられ、ゲレンデで練習を行っていました。

そして、午後2時頃に練習が終わったそうなのですが、下山しようと麓に降りるさいに3つのグループに別れて下山していったそうなのですが、その途中に大きなカーブにさしかかったところで白浜さんの姿が突如として見えなくなったしまったということで、児童らが捜索をしていたということです。

事故当時、インストラクターだった2人は児童らと一緒に下山はぜずに、練習で使ったポールなどの片付けをしていたそうなので、白浜さんがいなくなった状況を確認することは出来ていません。

警察の調べによれば、白浜さんが発見された付近では木にぶつかった跡などが残っていたということですので、何らかの原因で白浜さんがコースから外れ木に衝突したと見て間違い無いでしょう。

ちなみに、ニセコグラン・ヒラフには日本では珍しくコース外を滑走を認めているゲレンデであり、ニセコルールに乗っ取れば、コーズ外であってもスキーを滑ることも可能なのだそうです。

そのため、もし万が一白浜さんがこのルールを知っており、興味本位でコース外へと飛び出してしまったのであれば、かなり残念な結果となってしまったことは事実でしょう。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

小川遥資(おがわようすけ)の顔画像がこちら!小川勝也の長男(日大スキー部)が公判中に再逮捕!

 
error: You never click here!!