浜西修治(はまにししゅうじ/なまこ捕り名人)の顔画像は?過去の逮捕歴や脱税の疑惑についても!

この記事は3分で読めます

出典:twitter.com


スポンサーリンク

 

ナマコ漁で得た収入などを、税務申告しなかったとして、脱税の疑いでナマコ捕り名人の浜西修治(はまにし しゅうじ)容疑者を神戸地検に告発していたことが明らかとなりました。

ナマコ捕り名人を告発

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

ナマコ漁などで得た収入を税務申告せずに所得税約2600万円を脱税したとして、大阪国税局が所得税法違反の罪で、兵庫県明石市港町の漁師(67)を神戸地検に告発していたことが27日、関係者への取材で分かった。追徴税額は、重加算税を含め、約3500万円に上るとみられる。修正申告に応じ、すでに大半を納めたという。

関係者によると、平成27年12月末までの3年間、ナマコや貝などの漁業で得た所得8692万円を隠し、所得税2638万円を免れたとしている。

漁業関係者らによると、漁師は「明石浦漁業協同組合」(同市岬町)に所属し、海底の魚介類を水中に潜って捕獲するのに必要な「潜水士」の資格を保有。地元では「ナマコ捕り」の名人として知られる。

水産庁などによると、中華料理などの高級食材として珍重される日本産のナマコは、中国などに高値で輸出。国内市場で取引される価格は、20年前の1キロあたり641円と比べ、28年は2274円と3倍以上に高騰している。

漁師は、こうしたナマコの水揚げなどで手にした多額のもうけを申告せず、飲食代などの遊興費に充てていたとみられるという。

出典:産経ニュース

 

告発された漁師とは

では、告発された漁師とは一体誰だったのでしょうか?

それは、産経ニュースには現在掲載されておりませんが、過去には浜西修治氏と名前を掲載していたことも明らかとなっています。

出典:Google

浜西修治氏のプロフィールがこちらです。

名前:浜西修治(はまにし しゅうじ)

年齢:67歳

職業:漁師

在住:兵庫県明石市港町

所属:明石浦漁業協同組合

浜西修治氏は、明石浦漁業協同組合に所属する漁師で、潜水士の資格を持っている漁師として知られている他、ナマコ漁に腕が立つということから、「ナマコ捕り名人」と巷で言われているのも事実です。

過去には、ナマコ漁などに営業許可がない中で、密漁したとして逮捕・送検されたという経歴も持っています。

ちなみに、顔画像などの情報は入ってきておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 

潜水士とは?

潜水士とは、国家資格であり、海上自衛隊や海上保安庁などの潜水員の職員が仕事として資格を取得することもあるそうです。

また、スキューバダイビングのインストラクターのように、潜水することを生業としている人物にも取得の義務が設けられていますが、潜水士試験は合格率80%と比較的合格しやすい国家資格であります。

趣味で潜水をするダイビングのライセンスにCカードというものがありますが、これはあくまでも趣味の範囲であって、仕事で潜水をするのには潜水士の免許が必要になってくるために、必ずこの国家資格が必要になります。

そのため、なまこ漁などの潜水を主に行う漁の場合には、潜水士の資格がなければ仕事ができないということになるでしょう。

 


スポンサーリンク

 

なまこ漁とは?

では、なまこ漁とは一体どのようなものなのでしょうか?

なまこ漁は大きく分けて3つに分けられることが出来ます。それがこちら。

  1. ケタ網を曳き漁獲する方法(小型機船底びき網漁業)
  2. 船の上から鉤(かぎ)を用いて漁獲する方法(なまこ鉤漁業)
  3. 海に潜って直接漁獲する方法(潜水漁業)

この中でも、危険を伴う潜水士が行う潜水漁は、非常に報酬も高く、1日に10万円も稼いでしまうこともざらにあるのだとか。

しかしながら、漁というのは漁獲量などを隠蔽しやすく、密漁などを繰り返し、中国などに密輸して莫大な利益をあげるような悪徳漁師の方もいらっしゃるのが現状のようです。

中国に買い取られたなまこは、1kgあたり30万円程度で、現地の高級料理店に並ぶのだそうで、北海道産のなまこは特に高品質で高値が付くといいますし、乾燥なまこは「黒いダイヤ」と呼ばれ、プレミアム級の値がつくために、密漁などをすれば儲かること間違いなしです。

 

過去にも逮捕歴が

そんな、浜西修司氏ですが、前述した通り2016年には逮捕歴があります。

産経WESTが以下のようなニュースを報じております。

サザエやナマコを密漁したとして、神戸海上保安部は15日、兵庫県漁業調整規則違反容疑で同県明石市港町、漁業、浜西修治容疑者(65)と34~39歳の息子3人の計4人を逮捕、送検したと発表した。

同保安部によると、浜西容疑者らはタイラギとミルクイの漁業許可は取っていたが、サザエやナマコ漁に必要な許可はなかった。捜査で平成26~27年の2年間に総額約1億9千万円分のナマコなどを取引した伝票が見つかったという。

逮捕、送検容疑は共謀し、昨年11月12日午後9時40分ごろ、淡路市の北約1キロの海上で、サザエ73キロ、青ナマコ51キロ、赤ナマコ22キロの計146キロ(16万6千円相当)を許可なく採取したなどとしている。

同保安部によると、浜西容疑者は「やっていない」と容疑を否認。息子3人は認めているという。

出典:産経WEST

この逮捕容疑は、サザエやなまこなどを密漁したとされており、総額1億9千万円分を取引していたそうです。

いずれにしても、過去の逮捕歴もある人物で、なまこ名人の逮捕なだけに、一層の波紋が広がることは間違いありません。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

森田昌典(高垣麗子の旦那)が金塊密輸で逮捕!妻はインスタで夫の出張報告?清水宏保との離婚騒動についても

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!