デーモン風高杉の画像がこちら!NHKが放送した意図とは?閣下に謝罪し非を認める

この記事は4分で読めます

出典:ねこねこ日本史


スポンサーリンク

 

NHKは27日、ミュージシャンのデーモン閣下が2月28日に放送されたEテレ・アニメ「ねこねこ日本史」(水曜・後6時45分)に対し「吾輩の肖像が吾輩に何のことわりもなく使用されているようだ」と抗議した件についてNHK側が謝罪しました。

デーモン閣下に対して謝罪

日刊スポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

NHKは27日、デーモン閣下がEテレのアニメ番組で自身の肖像を無断使用されたとして、15日付のブログで「誠実な対応を求める」と記した問題で、番組公式サイトで謝罪した。

問題の番組は2月28日放送の「ねこねこ日本史」(水曜午後6時45分)。デーモン閣下をイメージさせるキャラクター「デーモン風高杉」を登場させていた。デーモン閣下は「名前も含めて明らかに吾輩の姿の無断使用」と指摘。「心身の損害を被っている」と怒りをあらわにしていた。

この日の番組公式サイトでは「高杉晋作のキャラクターが、デーモン閣下を直接的に意識させる顔の模様及び扮装(ふんそう)をして西洋諸国との条約締結交渉に臨み、大音量でロックを奏でて交渉をまとめるという表現がとられていました」と28日の放送内容を説明。その上で「本来であれば、同キャラクターに上記顔の模様及び扮装を施した上で登場させること及び演出方法について丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました。皆様に深くおわび申し上げるとともに、今後このようなことが無いよう、一層留意してまいります」と謝罪した。

出典:日刊スポーツ

 

 

デーモン閣下について

こちらが、デーモン閣下のプロフィールです。

「デーモン閣下」の画像検索結果

出典:早稲田祭

名前:デーモン閣下

別名義:デーモン小暮 デーモン小暮閣下

本名:非公開

生年月日:紀元前98038年11月10日

年齢:満100055歳

学歴:早稲田大学社会科学部

所属:聖飢魔II

職業:ミュージシャン・タレント

デーモン閣下は、「紀元前98038年11月10日に発生、地獄の都Bitter Valley地区出身」を称する、前地獄副大魔王にして悪魔教の教祖と知られる人物で、派手な外見や所作から来る印象ばかりを取り沙汰されることが多いが、「信者」と称されるファンの多くは「作品の内容」「言動」「エンターテイナーとしての技量」を評価しているそうです。

また、ミュージシャンとして聖飢魔IIのフロントマンとして長きに渡って活躍する一方、芸能界きっての好角家として知られ、相撲中継ではNHKにゲスト解説で呼ばれるほど、知識が豊富であることも知られています。

本名や、すっぴん姿、名前などは不明ですが、以前にはオールナイトニッポンで自身の著書「我は求め訴えたり」において、「世を忍ぶ仮の姿」という意味で「世忍ぶ」に引っ掛けて「小暮ヨシノブ」と仮称したことがあり、これが本名なのでは?とネット上では騒がれていますが、未だ謎が多い人物でもあります。

 

 

問題のEテレのキャラクターは?

では、問題となっているNHK Eテレのキャラクターは一体どのようなものなのでしょうか?

そもそも問題となっている「ねこねこ日本史」は、NHK Eテレで毎週水曜午後6時45分から放送しているアニメ番組で、歴史上の人物に扮した猫が繰り広げる歴史コメディーとして人気のアニメです。

実際は猫以外の動物もよく登場し、例えば豊臣家が猿だったり、井伊直虎が名前からトラになってたりと他の種類が多くいるのも特徴です。

そして、パロディが行き過ぎたのか第64話の「破天荒シンガー、高杉晋作!~破天荒度MAX編~」では、同回に登場する「デーモン風高杉」というキャラクターがまるっきりデーモン閣下と一緒であるのです。

そのキャラクターがこちら。

出典:ねこねこ日本史

明らかに、デーモン閣下に寄せていますし、パロディにするならば許可を取る必要があるほどデフォルメされています。

また、メイクの仕方や衣装までもそっくりであり、高杉晋作の要素がどこにも無いことが言えるでしょう。

 


スポンサーリンク

 

NHKが謝罪したことについて

この件に関して、フジテレビ系列のワイドショー番組「ワイドナショー」では、この問題について様々な議論が展開されました。

その中で、コメンテーターのダウンタウンの松本人志さんは以下のようにコメントをしています。

「『あつかわれる側のタレントは広い心でオーケーにしてるんですよ』というのを、作り手側がちょっと意識してくれたらいいなっていう問題なんですよ。一言『すみません』ってあればたぶん全然いいのに、当たり前みたいにやられてあいさつも何もなく、なんやったら『オイシイでしょ?』っていう感じがあると、それはやっぱりちょっとイラッとするかな。そういう輩のスタッフもいますしね」

出典:日刊スポーツ

タレントという職業は、肖像権を売りにしていますし、これがいわゆる”オイシイ”とバカにしたようなデフォルメをされることに関しては、いくら広い心を持っていたとしても、イラっとくるのは当然なのではないでしょうか?

デーモン閣下はこの件に関して「デザイン上『偶然』とか『たまたま似てしまった』ではなく、名前も含めて明らかに【吾輩の姿の無断使用】である。言い逃れ不可能!」と講義をしており、明らかな肖像権の侵害を訴えておりますので、NHK側も謝罪をしたということですが、謝罪をしたということは、NHK側が自らの非を認めたということになるでしょう。

こうなることはわかっていたはずなのに、NHK側が放送に踏み切った意図は一体何だったのでしょうか?

 

NHKが痛恨のミスか?

デーモン閣下は、NHKと頻繁に仕事をしており、もしもこの肖像権の侵害等でデーモン閣下が激怒してしまった場合、今後非常に仕事がやりづらなくなる恐れが出てくるでしょう。

現在は以下のような番組に出演しております。

Eテレ0655&2355(NHK Eテレ、おはようソング:「toi toi toi!」)

NHKニュースおはよう日本(NHK総合、不定期)

ニュースで英会話(NHK Eテレ、不定期)

サンデースポーツ(NHK総合、大相撲優勝者インタビュー)

また、過去にも2005年11月9日放送の『クローズアップ現代(NHK)』ではスタジオ・ゲストとして悪魔の姿で琴欧州関の話題を中心に大相撲の現状と展望について語ったり、2006年1月15日の大相撲初場所8日目には、NHKの大相撲中継ゲストとして午後1時のBS2の中継開始から午後6時の総合中継終了まで出演するなど、多くのNHKの番組に出演してきました。

好角家であり、相撲の知識が豊富であることと、非常にわかりやすい解説でお馴染みであり、NHK側も出演してもらうにあたり、非常に好意的に捉えていたでのでしょうが、こうした痛恨のミスとも捉えられる事案が発生したことで、今後の付き合いに痛手となってしまったことは事実でしょう。

 

NHKが放送した意図とは?

NHKが放送した意図は一体何だったのでしょうか?

おそらく、NHK側はデーモン閣下がこのような番組を見ることなどはなく、さらに言えば、講義をしてくることなど想定していなかったというのが本音でしょう。

NHK側とデーモン閣下とはかなり親密な親交がありますし、笑って許される冗談のような展開になることを制作スタッフは予想していた可能性も十分に考えられます。

しかしながら、思った以上にデーモン閣下の対応がシビアであったために、急遽慌てて謝罪をする選択を余儀なくされたのでしょう。

いずれにしても、NHK側が謝罪をしたことによってこの件は一件落着だとは思われますが、今後の仕事をする上で、しこりが残ってしまうことは否めません。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

デーモン風高杉(ねこねこ日本史)の画像が判明!NHK Eテレが犯した肖像権の侵害とは?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!