アクアライン 239キロの犯人の顔画像と名前を特定?YouTube動画がヤバい!バイク最高速度違反で書類送検

この記事は4分で読めます

出典:walkerplus.com

スポンサーリンク

 

千葉県警高速隊は23日、大型バイクで最高速度を159キロオーバーする時速239キロで走行したとして、同県柏市の会社員の男(33)を道交法違反容疑で書類送検しました。

バイク時速239キロ走行、動画アクセス増狙う

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

千葉県木更津市と川崎市を結ぶ高速道路「東京湾アクアライン」(法定速度時速80キロ)を大型バイクに乗って時速239キロで走行したとして、千葉県警高速隊は23日、道交法違反(速度超過)の疑いで、同県柏市の会社員の男(33)を書類送検した。男はインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に走行中の動画を投稿しており、「高評価される動画が撮りたかった」と容疑を認めている。

書類送検容疑は、昨年5月24日午前3時50分ごろ、木更津市の東京湾アクアライン上り線で、時速239キロを出してバイクを運転したとしている。

高速隊によると、バイクは英トライアンフ社製「デイトナ675」で排気量は670cc。男は走行中のスピードメーターを撮影し、ユーチューブに「最高速チャレンジ編」という名前で投稿。動画ではメーターは最高で279キロを記録していた。高速隊が動画を検証するなどの捜査を行っていた。

今月1日には、東京都の中央自動車道の法定速度が時速100キロの区間を、米国製の「ダッジ・チャレンジャー」と呼ばれるスポーツカーで時速235キロで走行したとして、警視庁が同容疑で40代男を逮捕。スピード違反の摘発では、全国で最高の速度とみられていた。

出典:産経ニュース

 

容疑者の男について

こちらが、書類送検された男のプロフィールです。

名前:非公開

年齢:33歳

在住:千葉県柏市

職業:会社員

書類送検された男は、昨年5月24日午前3時50分ごろ、同県木更津市の東京湾アクアライン上り線で、最高速度の時速80キロを超過して大型バイクで走行したとして書類送検された人物です。

捜査関係者によると、この男は動画投稿で収入を得る「YouTuber」ではないのですが、ハンドル部分に取り付けたカメラで走行中の速度計を撮影し、YouTubeに投稿していたそうです。

ちなみに、顔画像や名前などの情報は入ってきておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第随時お伝えしていきます。

 

動画は?

では、問題の動画はあるのでしょうか?

書類送検された男は、インターネットの動画投稿サイト「YouTube」に走行中の動画を投稿しており、警察の調べに対しては「高評価を得られると思った」などと話しているそうですが、YouTuberではないとのことなので、その動画はすでに削除されているそうです。

そこで、削除される前に動画を保存し、再投稿しているユーザーさんがいないか調査をしたのですが、残念ながら現段階ではこのような速度違反の動画をアップしている人はおらず、動画を見つけることはできませんでしたので、こちらに関しても詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

 

車種は?

では、乗っていた車種は一体どのようなものだったのでしょうか?

報道機関の発表によればこの男が乗っていたのはイギリス「トライアンフ」社製の「デイトナ675SE」という車種であるそうで、排気量約670ccであり、速度抑止機能(リミッター)はなかったのだそうです。

出典:グーバイク

デイトナ675SEとは、世界で450台だけしか作られないこの特別なモデルだそうで、トライアンフ史上初採用となる「サルファーイエロー」をまとい、ピンストライプの入ったホイールやカーボン製のフロントフェンダー、サイレンサーカバー、インフィルパネルに加え、削り出しレバーやクイックシフターまで標準装備した1台となっているとのことです。

エンジンは、水冷4ストローク・並列3気筒DOHC12バルブを採用し、総排気量は675ccで、最高出力は92(125PS)kw/12600rmpにもなるそうです。

 

スポンサーリンク

 

なぜ書類送検なの?

では、逮捕ではなくなぜ書類送検なのでしょうか?

書類送検とはそもそも警察側が、検察に書類を送検することをいい、身柄を拘束する必要がないと判断した場合に適用されますが、今回のケースでは、この男性に非があることは十分に明白であり、証拠隠滅のために逃亡したりするようなことは無いと判断されたために、書類送検なのでしょう。

決して、罪が軽いがために書類送検であるということはありません。

容疑者を逮捕するためには、しっかりとした捜査の下、容疑者を逮捕するに値する証拠を挙げ、裁判所に逮捕令状を発行することで、初めて逮捕することが出来ますが、逮捕するのは「警察」にしか出来ない仕事です。

ですが、その容疑者を裁判所で審判にかけるかどうかの判断、つまり『起訴』するかどうかの判断が出来るのは「検察」にしか出来ません。

逮捕されても「裁判にかける必要がない」と検事が判断した場合は、不起訴処分となり釈放されますが、この起訴するか否かの判断は、警察から書類が送検されてきてから24時間以内に行わなければならないのです。

つまり、『書類送検』とは『逮捕』をせずに検察に書類を送ることで、前科というのは裁判で有罪が確定した時に初めて付きますので、書類送検だけでは前科がつくことはありません。

では、なぜ逮捕の有無が発生するのでしょうか?

前述しましたが、「逮捕」とは警察が容疑者の身柄を拘束することです。

なぜ拘束するのかと言えば、証拠隠滅や容疑者が逃亡する可能性を未然に防ぐためなのです。

そのため、逮捕せずに書類送検だけする場合は、そういった証拠隠滅や容疑者逃亡の可能性が比較的低いと判断された、罪が軽い事件が対象になることが多く、逮捕する必要があまりない場合に適応されます。

すなわち、書類送検だけされた場合には結果的に不起訴になることも多いのも現状です。

 

ダッジチャレンジャーで同様の事件が

今月1日には、東京都国立市の中央自動車道で法定速度を135キロ上回る時速235キロで乗用車を運転したとして、警視庁交通執行課は1日、会社員、白井良宗容疑者が逮捕されています。

その際は、白井容疑は常識を超えた非常に高いトップクラスのパフォーマンスを誇っていることで有名な筋肉車である「ダッジチャレンジャー」に乗って走行していたそうです。

ダッジチャレンジャーは、クオーター・マイル(0-402m)の加速は、市販車として最速の9.65秒を記録するなど、他の追随を許さない速さを誇っているほか、加速時には前輪が89cmもリフトし、これもギネス記録に登録されるなど、モンスター級のエンジンを搭載しているからこそ筋肉車と言われています。

そんなダッジチャレンジャーの最高速の検挙例を4km/hも上回る速度を二輪(バイク)で記録していますので、相当な出来事であることは間違いありません。

いずれにしても、今月だけで最高速の検挙が2件も起こっているだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

白井良宗容疑者が運転していたダッジチャレンジャーとは?モンスター級のエンジンや、ギネス記録保有の筋肉車!

 
error: You never click here!!