今井隼人に死刑判決!被告は精神病で検察が自白強要し冤罪の可能性も!

この記事は4分で読めます

出典:ANN


スポンサーリンク

 

川崎市の介護付き有料老人ホームで2014年、入所者の男女3人が相次いで転落死した事件で、横浜地裁(渡辺英敬裁判長)は22日、3件の殺人罪に問われた元施設職員、今井隼人被告に求刑通り死刑を言い渡し、話題となっています。

川崎の老人ホーム転落死、被告に死刑判決

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で平成26年11月から12月にかけ、入所者3人が相次いで転落死した事件で、殺人罪に問われた元施設職員、今井隼人被告(25)の裁判員裁判の判決公判が22日、横浜地裁(渡辺英敬裁判長)で開かれた。渡辺裁判長は「自白の信用性は相当高いと認められる。情状の余地は認められず更正の可能性も期待できない」として、求刑通り死刑を言い渡した。

自白の信用性が最大の焦点だった今回の裁判。今井被告は、神奈川県警に逮捕される直前の任意聴取や逮捕後には3人全員の殺害を認めていたが、その後は黙秘。公判前整理手続きで否認に転じていた。

検察側は自白の信用性立証のため、県警による取り調べの様子を録音・録画した映像を法廷で放映。捜査員が自白を強要する場面は確認されず、今井被告は「殺そうと思って殺した」と手ぶりを交えて説明するなど殺害当時の様子を詳細に供述しており、検察側は「迫真性があって信用できる」としていた。

一方、弁護側は「(取り調べの際に)圧迫感があり、自白を強要された」と全面無罪を主張。今井被告も最終陳述で「信じてください。何もやっていない」と訴えていた。

起訴状によると、26年11月に丑沢(うしざわ)民雄さん=当時(87)=を施設4階のベランダから投げ落として殺害。翌12月には仲川智恵子さん=同(86)=を4階のベランダから、浅見布子(のぶこ)さん=同(96)=を6階のベランダから、それぞれ投げ落として殺害したとしている。

出典:産経ニュース

 

今井隼人被告について

こちらが、死刑判決を宣告された今井隼人被告のプロフィールです。

出典:産経ニュース

名前:今井隼人(いまい はやと)

生年月日:1992年生まれ

年齢:25歳(2018年3月現在)

出身:神奈川県横浜市

学歴:横浜商科大学高等学校→湘央医学技術専門学校救急救命学科卒業

資格:救命救急士(国家資格)

職業:介護士

今井隼人被告は、川崎市幸区の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で入所者3人が転落死した事件で、3件の殺人罪に問われている元施設職員の男性です。

小学生の頃から友人だという男性の証言では、「おとなしいと思ったら急に怒り出すといった奇妙な行動があった」とのことで、二面性のある人間なのではないかと言われています。

家族についてですが、母親と妹の3人で横浜市内でマンションで住んでいるそうで、父親については以前は家電店に勤めていたそうですが、数年前にお亡くなりになられているとのことです。

父親の生前は、今井隼人被告は真面目で大人しい性格だったとのことですが、何かが急変してしまったのでしょう。

ちなみに、今井被告が介護士として働こうと決意したのには、父親の死が影響しているそうで、高齢者の生活を手助けし、最後には自分の手で看取りたいという思いがあったからだそうです。

 


スポンサーリンク

 

今井隼人は病気だった?

今井隼人被告は、横浜地裁の精神鑑定で発達障害「自閉スペクトラム症」と診断されており、心神喪失もしくは心神耗弱である可能性が浮上しているのです。

「自閉スペクトラム症」とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名であり、コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動などを引き起こすとされています。

また興味や関心が狭い範囲に限られやすく、独特のこだわり行動や振る舞いが見られることもある他、五感などの感覚が人よりとても敏感に感じたり逆にほとんど感じない分野がある人もいるのだそうです。

つまり、今井隼人被告はこの診断結果からわかるように、自閉症もしくはアスペルガー症候群であるために、正常な判断が出来なかった恐れがあるのです。

 

冤罪の可能性は?

この裁判の争点となっているのは、殺意を持って入居者を殺害したかどうかや自白の信ぴょう性についてです。

弁護側の意見では、この転落死は事故や自殺の可能性があり、事件だとしても今井隼人被告が犯人だと裏付ける客観的証拠は一切ないとしているのです。

そのため、もしも事故であった場合は、死刑判決は不当な判決ということになり、冤罪の可能性が十分に出てくるのです。

今井隼人被告は検察の取り調べに対して、「殺そうと思って殺した」とジェスチャーを交えて説明するなど、殺害当時の様子を詳細に供述していますが、この裁判では検察側は自白の信用性を立証するために、県警による取り調べの様子を録音さらには録画した映像を法廷で放映するなどの徹底した証拠管理を行なっているのです。

その際に取り調べた捜査員が、今井被告に対して自白を強要する場面は確認されず、検察側は「迫真性があって信用できる」と、証拠の信ぴょう性について訴えているのです。

しかしながら、弁護側は、今井隼人被告が犯人であることを裏付ける客観的証拠はなく、自白は警察官に圧力をかけられてついた嘘やでっち上げだと反論しているのです。

前述した通り、今井隼人被告は「自閉スペクトラム」と診断されており病気でありますから、警察がこの取り調べを撮影する前に今井隼人被告に対して圧力をかけ、「自分がやったと言え」と脅迫し、強制的に言わされたということも十分に考えられるでしょう。

「自閉スペクトラム」の特徴に、やりとりがうまく噛み合わなかったり、言われたことを独自に解釈して理解のズレが生じたりするため、警察は「ここで自白しておけば大丈夫」と言われたことを鵜呑みにしたり、勘違いしてしまったために、証拠映像を録画されたのではないかとも推測されます。

 

控訴審が行われる?

今井隼人被告は公判で「何もやっておりません」と一貫して無罪を主張しており、検察側は状況証拠を積み上げて有罪を立証するつもりですが、事件当時のことを「全く記憶していない」と主張をしているために、おそらく控訴審が行われることでしょう。

地裁で判断できないとなれば高等裁判所で裁判が行われることになり、その際も自白の強要があったのかや、状況証拠の信ぴょう性などが争点となってくるものと思われますし、冤罪であるとするならば、第三者の犯行なども視野に再捜査が行われることでしょう。

弁護側の意見と検察側の意見が真っ向から対立をしているために、裁判長の判断は極めて難しものとなるでしょうし、決定的な物的証拠などが現れない限りは、慎重な議論を有することとなるでしょう。

いずれにしても、世間を震撼させた事件の被告の死刑判決であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

関 光彦(てるひこ)死刑囚のモザイク無し顔画像が判明か?再審請求中に死刑執行は出来るの?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!