暴力団と交際をして23歳女性巡査(新宿署)を特定か?顔画像や名前、犯行動機についても!

この記事は3分で読めます

出典:NHK


スポンサーリンク

 

警視庁新宿署の女性巡査(23)が捜査対象の暴力団組員と交際して捜査情報を漏らしたとして、同庁は19日、地方公務員法違反容疑で巡査を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分としていたことが、明らかとなりました。

暴力団組員と交際の女性巡査を懲戒処分

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

交際していた暴力団の男性組員に捜査情報を漏洩(ろうえい)したとして、警視庁は19日、新宿署の女性巡査(23)を停職6カ月の懲戒処分にするとともに、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで書類送検した。女性巡査は容疑を認めており、同日付で依願退職した。

警視庁によると、女性巡査は暴力団事件などを担当する同署組織犯罪対策課に平成29年7月から勤務。業務中に30代の組員と知り合い、11月下旬から交際を始めた。この組員は同署管内で起きた暴力団同士のいさかいの当事者として捜査対象となっており、女性巡査も把握していた。

12月に組員から「自分が捜査対象の事件はあるか」と尋ねられ、女性巡査は「交際が発覚したら警察官を辞めなければならない。情報を教えれば黙ってくれるのではないか」と思い、捜査書類を閲覧。自分の携帯電話から捜査の進展状況などを組員に伝えた。今年1月下旬に組員から金銭の無心が相次ぎ、女性巡査は交際を解消した。

2月に交際の風評が広まり、調査の結果、女性巡査が情報漏洩を認めた。警視庁は情報漏洩はこの1件だけとしている。

警視庁の土屋暁胤(あきつぐ)警務部参事官は「警察への信頼を失墜させる行為で厳しく処分した。人事管理、業務管理を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

出典:産経ニュース

 

女性巡査について

こちらが、懲戒処分に処された女性巡査のプロフィールです。

名前:非公開

年齢:23歳

職業:元巡査

所属:警視庁新宿署留置管理課

23歳の女性巡査は昨年11月~今年1月、同署が捜査対象としている30代の組員と交際し、昨年12月中旬、組員に携帯電話で捜査の進捗(しんちょく)状況などの情報を漏らした疑いで、書類送検され、停職6ヶ月の懲戒処分に処された人物であります。

名前や顔画像などの情報は、残念ながら公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

 

犯行動機は?

では、犯行動機は一体何だったのでしょうか?

23歳の女性巡査は、昨年7月頃より同署組織犯罪対策課で一時的に勤務しており、昨年10月下旬ごろ、捜査上で必要となっていた組員に業務端末で連絡を取り、その後、組員から頻繁にデートに誘われるなどして恋愛関係に発展し、11月下旬から一緒に食事をするなどしていたのだそうです。

警察組織の人間が、暴力団組員と交際することがそもそもおかしなことであると思いますが、それからさらに、情報を漏らしたことも最悪のケースと言えるでしょう。

逆に、暴力団側から情報を取るために、ハニートラップとして交際をするというのは聞いたことがありますが、逆のケースは非常に稀なのではないでしょうか?

そして、昨年12月中旬、暴力団組員から「自分が捜査対象になっている事件があるようだ」と聞いた23歳の女性巡査は、捜査を通じて交際が発覚することを恐れ、「情報を教えれば交際について黙っていてくれる」と思い、情報を漏らしたのだそうです。

 

どのような罪に問われる?

では、一体どのような罪に問われるのでしょうか?

地方公務員法第34条には、以下のようなことが記載されています。

地方公務員法第34条(秘密を守る義務)

1 職員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。

2 法令による証人、鑑定人等となり、職務上の秘密に属する事項を発表する場合においては、任命権者(退職者については、その退職した職又はこれに相当する職に係る任命権者)の許可を受けなければならない。

3 前項の許可は、法律に特別の定がある場合を除く外、拒むことができない。

出典:地方公務員法

なぜこのように秘密を守らなければならないのかといえば、行政すなわち公務員というのは非常に多くの情報を扱うため、職員が情報を漏らしてしまえば、大きな不利益をこうむる個人や企業が存在します。

そのため、あらかじめ公務員というのは秘密を守るように法律で定められており、行政の運営の妨げにならなような仕組みになっているのです。

この23歳女性巡査は、停職6カ月の懲戒処分とされていましたが、巡査は同日、辞職をしており、職を失っています。

今後、秘密を漏洩したということで、公務員採用も厳しくなると思われますし、民間企業などへの再就職も非常に厳しくなってくることでしょう。

いずれにしても、警察職員が暴力団と交際し、情報を漏洩していたという事件に、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

野田聖子の夫野田文信は在日韓国人で前科あり?過去は元暴力団の幹部だと文集が暴露!顔画像や元会津小鉄会についても

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!