筥崎宮おはじきとは?放生会おはじきが高値の理由や作り方についても!

この記事は3分で読めます

出典:西日本新聞


スポンサーリンク



福岡市東区の筥崎宮(はこざきぐう)は13日、人気過熱のため昨年から販売取りやめとなった縁起物「放生会(ほうじょうや)おはじき」に代わる「筥崎宮おはじき」を発表し、話題となっています。

「厄はじく」筥崎宮おはじき誕生

西日本新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

福岡市東区の筥崎宮は13日、新しい縁起物「筥崎宮おはじき」を披露した。人気の過熱で販売を中止した放生会(秋祭り)のおはじきのデザインを一新し、通年販売を目指す。

新しいおはじきは「敵国降伏」と書かれた楼門の扁額(へんがく)や国指定重要文化財の一之鳥居、放生会の露店などをデザインした20種。一つずつが従来より少し大きめで、彩りも豊か。きり箱入り(3千円、2千個)と額縁入り(1万2千円、200個)がある。

「千利休の石灯籠」のおはじきを制作した博多人形師団体白彫会の小副川祐二会長(71)は「筥崎宮らしいアイテムをそろえた。参拝記念として多くの人に喜んでもらいたい」と話した。

20日午後7時から筥崎宮で整理券を配布し、21~31日に販売する。次の入荷は6月を予定している。

出典:西日本新聞

 

筥崎宮おはじきとは?

筥崎宮おはじきは1980年から販売され、「厄をはじく」縁起物として喜ばれた。数量限定のため、行列に並んでも入手できなかったり、ネットオークションで高値で取引されたりする事態となり、昨年から販売が中止されていた代物です。

製作しているのは、博多人形白彫会(はくちょうかい)と呼ばれる会社で、1980年より、筥崎宮に依頼を受け、放生会はじきと、縁起はじき(通年販売用17個入り2,600円)を製作するようになったそうです。

放生会用は1991年より、毎年統一したテーマを設定しており、おはじきは、人形師により一種類ずつ手作業で作られているのも特徴です。

おはじき=悪災をはじくと言われ、厄除けやお守りとして購入する方が多いのだそうで、その色鮮やかで形も様々なおはじきはいわゆる”インスタ映え”すること間違い無いでしょう。


スポンサーリンク



 

歴代のテーマは?

放生会はじきは1991年(平成3年)から毎年テーマを設けていますが、過去のテーマはどのようなものがあるのでしょうか?

こちらが、過去のテーマです。

平成3年 博多の祭り
平成4年 寿づくし
平成5年 子供の遊び道具
平成6年 なつかしの童謡集
平成7年 博多の四季
平成8年 懐かしい子供の遊び
平成9年 みのりの秋
平成10年 博多の生きものたち
平成11年 スポーツ
平成12年 博多の歳時記
平成13年 筑前の名所
平成14年 博多の名物と四季の花
平成15年 福博のレトロ
平成16年 アテネオリンピック
平成17年 古代のロマン
平成18年 寿・縁結び
平成19年 五節句
平成20年 放生会
平成21年 思い出の童謡・唱歌
平成22年 世界遺産
平成23年 九州新幹線
平成24年 むかしむかしのお話
平成25年 「伊勢」と「出雲」
平成26年 博多いろいろ
平成27年 九州旅めぐり
平成28年 日本の和食

 

おはじきの作り方は?

意外に思う方も多いかと思われますが、おはじきの原材料は粘土であるそうで、この粘土を高温で焼くことによって強度が増し、硬くなのです。

作り方はこちらです。

①原型を作り、石膏で型を取ったら、粘土を押し付けて、抜き出し、生地を作ります。

②出来た生地は、周囲の”バリ”と呼ばれるいびつな部分を整えて乾燥させます。

③1000度近い温度で窯で焼きます

④出来上がったものに、テーマに沿った彩色を施します

⑤出来た生地は、周囲のバリを整えて乾燥させます

⑥完成

こうして、一つ一つ丁寧に丹精込めて作られたおはじきは、厄除けの効果もさることながら、可愛らしく色あざやかな彩色でもありますので、老若男女に好かれるものであると言えるでしょう。

もしも気になった方が、いらっしゃいましたら、白彫会の公式HPを訪れてみるのもいいかもしれません。

かなりの種類がございますし、展示会なんかも行なっているようです。

白彫会の公式HP


スポンサーリンク



あなたにおすすめの記事

 

ノンストップ!で放送事故!問題の動画や記者が絶句した理由がこちら!

 
error: You never click here!!