赤木俊夫(近畿財務局職員)が自殺し遺書の内容がヤバい!森友学園問題で、決裁文書改ざん疑惑に新たな進展

この記事は4分で読めます

 出典:NNN


スポンサーリンク



 

財務省の近畿財務局で森友学園への国有地売却を担当していた職員の赤木俊夫さんが、死亡しているのが明らかとなりました。

“森友へ売却”担当、近畿財務局職員自殺か

毎日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

財務省職員の男性が神戸市内で自殺していたことが9日分かった。複数の関係者によると、男性は、近畿財務局で学校法人「森友学園」への国有地売却を担当する部署に所属していたという。

捜査関係者などによると、今月7日、神戸市灘区の自宅で自殺していたのが見つかった。兵庫県警は事実関係を明らかにしておらず、自殺した理由も分かっていない。

森友学園へは2016年6月に鑑定評価額から約8億円を引いた1億3400万円で大阪府豊中市の国有地が売却された。今月に入ってから売却に関する近畿財務局の決裁文書が書き換えられたとする疑惑が浮上していた。

近畿財務局は取材に「個人情報に関することは答えられないし、把握もしていない」としている。

出典:毎日新聞

 

死亡したとされるのは?

では、一体死亡したとされるのは誰なのでしょうか?

亡くなったとされているのは赤木俊夫さんという人物で、森友学園への不当な国有地払下げに深く関わっていたとされる近畿財務局の職員の方で、赤木俊夫さんは、払い下げの価格交渉で汚れ役を一身に背負わされていた、池田靖統括官の直属の部下という人物です。

赤木さんの自宅とされている神戸市内の国家公務員宿舎には「改ざん前の原本」と「遺書」があったとされており、赤木さんは問題の国有地に関する文書改ざんに直接関わっていた、いわば“実行犯”の一人と目されているのです。

続報:自殺したとされる赤木俊夫さんに関して、デマなのでは?との情報が入ってきました↓

赤木俊夫の自殺は田中龍作が仕組んだデマだった?過去の言動から売名の可能性も!

 

なぜ自殺してしまったのか?

昨今では、参院の予算委員会などで、森友学園問題での「決裁文書改ざん疑惑」について議論が白熱する中、頑なに拒否を続けていきた、財務省が文書のコピーを提出するなど、ここへきて一気に進展があったのも事実です。

財務省側は、検察の調べの方が優先されるべきとして、国会からの捜査協力の要請を頑なに断っており決裁文書の提出を頑なに拒否していたにも関わらず、ここへきて文書のコピーを提出するとしたのです。

こうなると、文書が改ざんされたかどうかが一目瞭然なのですが、そうなってくると都合が悪くなるのは文書改ざんに関わった本人である赤木俊夫さんらです。

もし仮に自分の意志でなかったとしても、改ざんをしたという実行犯であるならば、今後国会で追求されたりすることがありますので、それを考えると自殺をしたくなる気持ちも分からなくないのですが、それよりもやはり、赤木さんの命を奪うことによって誰かが得をするといった具合に、政治に利用された可能性が非常に高いものと思われます。

この文書のコピーが出回ることや、改ざん前の文書が世に知れ渡ることで損をする人物がいるからこそ、口止め的な意味合いも込めて、赤木さんを自殺に追いやってしまったのではないかと推測されます。

さらには、連日連夜、書類作りや野党の議員からのパワハラ対応で長時間勤務が続き、うつ病などが発症して発作的に自殺したという「過労死・パワハラ自殺」ということも十分に考えられるでしょう。

続報:自殺したとされる赤木俊夫さんに関して、デマなのでは?との情報が入ってきました↓

赤木俊夫の自殺は田中龍作が仕組んだデマだった?過去の言動から売名の可能性も!

 

森友学園問題で被害者が

赤木俊夫さんは、近畿財務局が学園側と交渉していた当時、国有財産を管理する部署に所属しており、この部署の幹部職員が学園前理事長の籠池泰典被告らとの直接交渉に当たっており、赤木さんは池田靖統括官の直属の部下として働いていました。

一連の問題では、この幹部職員と学園側が2016年に交渉した際のものとされる音声データの存在が明らかになっているのですが、音声では、籠池被告が「グーンと価格を下げて」と求め、幹部職員とみられる男性が「ゼロに近い金額まで努力している」などと応じていたことも問題となっています。

精神的な事情から、最近では一時的に休業をしていたという情報も入ってきていますが、真相は明らかとなっておりません。

しかし、遺書には組織に対する恨みが綴られているということで、上司の実名を挙げて「●●から やらされ(書き換えを命じられ)た」と書かれているとの情報も入ってきています。

続報:自殺したとされる赤木俊夫さんに関して、デマなのでは?との情報が入ってきました↓

赤木俊夫の自殺は田中龍作が仕組んだデマだった?過去の言動から売名の可能性も!

 


スポンサーリンク



 

山本太郎議員も言及していた

また、国会の答弁で山本太郎議員は、「自分の命を無駄にするようなことは絶対にしないでいただきたい」と強く、自殺に対して歯止めをかけるような呼びかけを行なっておりましたが、無残にも自殺はされてしまったのです。

山本太郎議員は、以下のようなコメント発しています。

「とかげの尻尾切りか、担当官庁の官僚が咎めを受けるのか。この内閣についてゆく心算で沢山の工作に関わっていたとしたら、官僚の皆さんはもうやめたほうが良い、価値がない。一緒に沈む気ですか、と情報隠しの為に自分の命も奪われかねない状況になれば勿体無さすぎる。官僚の皆さんは国をもう一度立て直す為に必要な人材。今もってる情報があれば、ぜひ出して頂きたい。ちゃんとした国作りのために力を合わせて頂きたい。命を無駄にするようなことはしないで頂きたい」

続報:自殺したとされる赤木俊夫さんに関して、デマなのでは?との情報が入ってきました↓

赤木俊夫の自殺は田中龍作が仕組んだデマだった?過去の言動から売名の可能性も!

 


スポンサーリンク



 

あなたにおすすめの記事

 

青木隆(財務省国有財産係長)が自殺!理由は国有地売却に関わった?森友学園決裁文書改ざん問題で2人目の犠牲者

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!