大野誠の死因がヤバい!病気の病名は虚血性心不全の可能性が!死去や病死の真相についても

この記事は3分で読めます

出典:FNN

 


スポンサーリンク

 

歌手・北島三郎(81)の次男でミュージシャンの大野誠さんが、東京・調布市の自宅で亡くなっていたことが7日、明らかとなりました。

大野誠さんが死去

サンケイスポーツ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

歌手、北島三郎の次男、大野誠さん(51)が東京都調布市の自宅で、3日に遺体で発見されていたことが7日、警視庁調布署への取材で分かった。外傷はなく病死とみられる。

調布署によると、連絡が取れないため確認に訪れた親族と署員が、服を着たまま倒れている大野さんを見つけ、死亡が確認された。死後数日以上が経過していたという。家は施錠され、室内に荒らされた形跡はなかった。大野さんは1人暮らしだったとみられる。

北島さんの曲の著作権を管理する「北島音楽出版」によると、大野さんは同社の役員を務め、ミュージシャンとして活動していた。

出典:サンケイスポーツ

 

大野誠について

こちらが、亡くなった大野誠さんのプロフィールです。

名前:大野誠(おおの まこと)

年齢:51歳

職業:作曲家、作詞家、北島音楽出版役員

在住:東京都調布市

北島三郎の次男である大野誠さんは、ロックバンド「1st BLOOD」のボーカル「MAKOTO」として1988年にデビューを果たしているのですが、松竹芸能所属のの芸人である、北野誠さんもそれまで「MAKOTO」として活動をしていましたので、結果的に大野誠さんに「MAKOTO」を譲る形で、芸名を本名の「北野誠」に変更したという経緯もあるのだそうです。

さらに、1998年に大野誠さんは「大地土子」という名義で、作曲家としてNHK(Eテレ)の子供に大人気のアニメ「おじゃる丸」のオープニングテーマを手がけるなど、幅広い活躍をしていることでも知られていました。

結婚されているのかどうかについて、こちらで調べてみましたが、孤独死ということもあり、結婚に関する情報がなかったために、結婚などはされてないように感じました。

 

死因について

では、一体死因は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、遺体に目立った外傷はなく、病死と見られるということです。

ここで気になるのが、病死だするなら、一体どのような病気にかかっていたのかということです。

2月には北島三郎さんの事務所にも姿を見せていたという大野誠さんは、特に変わった様子はなかったそうで、現在は事務所側も把握しきれていないのが現状なのですが、変わった様子などが見られずに、即座に死に至らしめることが可能な病気といえば、急性心筋梗塞か、心不全・くも膜下出血ということも十分に考えられるでしょう。

ガンであるならば、その病状の進行具合から周りの人が察すると思いますし、何より入院しなければならないほどの病気ですので、それは考えにくいでしょう。

そうなると病死の中でも多いとされるのが、心筋梗塞か・心不全・くも膜下出血などが考えられます。

東京都福祉保健局によれば、突然死の中でもっとも多いとされているのが、虚血性心疾患だそうで、虚血とは臓器を栄養する血液が供給されなくなった状態をいうらしいです。

仕事中、歩行中、乗車中、テレビを観ているときなどの安静時、用便中あるいはその直後、就寝中(まれに性行為中)に突然倒れて意識消失(失神)し、反応が無い状態に陥るのだそうで、くも出血、脳出血、急性大動脈解離(解離性大動脈瘤)、肺動脈血栓塞栓症(解剖では反復性とわかることが多い)、気管支喘息などもこの心臓疾患に似ているものであるそうです。

 


スポンサーリンク

 

死亡した際の状況は?

今回、亡くなったとされる大野さんは、調布市の自宅で衣服を着たまま倒れていたそうです。

2018年3月3日の21時頃に警視庁調布署に大野さんの親族が「最近連絡が取れない」と相談をしたことがきっかけとなり、警察署員らが大野誠さんの一人暮らしの自宅を尋ねると、室内で倒れている大野さんを発見したというのです。

つまり、死後一週間ほど経過しているわけですから、2018年2月24日あたりに亡くなったということになるでしょう。

死後1週間ほど経過しているということは、腐敗水泡が体面に出て血管網の出現し終わったあとであり、死後硬直緩解完了していることを意味しています。

成人の場合は、およそ3ヶ月でミイラ化すると言われていますので、ミイラにはなっていないと思われますが、遺体の腐敗が進んでいるということがあるのかもしれません。

 

芸能界に多い心不全

最近では、俳優の大杉漣さんが急性心不全で亡くなっていますし、野村克也氏の奥さんでありタレントの野村沙知代さんも虚血性心不全で亡くなっていることが明らかとなっています。

また、心不全に関しては1つの疾患としての分類には急性心不全は位置づけられていないために、医学的な調査も本格的にはあまり行われていない謎の死因として有名なのですが、病気ではなく一種の疾患であり、現象であるとされています。

すなわち、心不全は最終的に心臓が止まったことを指しますので、全ての人間の死因がこの心不全ということになってしまいます。

さらに、夕刊フジにはこのような興味深い記事までも。

有名人の場合は、訃報欄というより、死亡記事が書かれることが多いので、がんで闘病中だったことは公表される。しかし、そこまで有名でなければ、死因は直接の死因で留まることになる。とくに自殺の場合は、世間に知られたくないので、遺族は役所には公表を控えるように要請し、訃報取材を受けたら、メディアにその旨告げる場合が多い。また、訃報欄掲載を断る場合もある。

ところで、死因が心不全と書かれていた場合、その真因を本当に知りたがるのは、医者ではなく新聞や週刊誌の記者だ。なぜなら、政治家、財界人、芸能人などの場合、自殺、なんらかのトラブルによる死、愛人宅での心臓発作死など、世間に知られたくない死に方をした際は、ほとんど心不全と記されるからだ。

心不全が何によって起こったか。また、故人の年齢、あるいは死亡場所など、訃報で伝えれない部分に、真相が隠されている。

出典:夕刊フジ

有名人が心不全となっているということは、自殺やそのほかの愛人などによるトラブルなど、様々な憶測が飛び交うそうで、訃報では伝えられないような内容がそこには含まれているだそうです。

いずれにしても、大野さんは亡くなった原因が”心不全”だった場合、何かしらの裏があることに間違い無いでしょう。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

大野誠さんが死去し死因は突然死か?孤独死の原因は病気で病名や自殺の可能性も!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!