大野誠の死因がこちら!孤独死の原因は病気による病死?病名や自殺の可能性についても!

この記事は3分で読めます

出典:FNN

 


スポンサーリンク

 

歌手・北島三郎(81)の次男でミュージシャンの大野誠さんが、東京・調布市の自宅で亡くなっていたことが7日、明らかとなりました。

北島三郎の次男・大野誠さんが死去

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

歌手の北島三郎さん(81)の次男で会社役員の大野誠さん(51)が、東京都調布市の自宅で亡くなっていたことが7日、警視庁調布署への取材で分かった。大野さんは1人暮らしだったという。病死とみられ、同署が詳しい状況などを調べている。

同署によると、3日夜に親族から「本人と連絡が取れない」と相談を受け、自宅を訪れた署員らが室内で倒れている大野さんを発見。衣服を身に着けた状態で、玄関の鍵は施錠されていた。死後しばらく経過していたとみられるという。

北島さんの事務所「北島音楽事務所」によると、大野さんは事務所役員を務め音楽活動も行っていた。事務所は「詳細を確認中」とコメントしている。

出典:産経ニュース

 

大野誠について

こちらが、亡くなった大野誠さんのプロフィールです。

名前:大野誠(おおの まこと)

年齢:51歳

職業:作曲家、作詞家、北島音楽出版役員

在住:東京都調布市

北島三郎の次男である大野誠さんは、ロックバンド「1st BLOOD」のボーカル「MAKOTO」として1988年にデビューを果たしているのですが、松竹芸能所属のの芸人である、北野誠さんもそれまで「MAKOTO」として活動をしていましたので、結果的に大野誠さんに「MAKOTO」を譲る形で、芸名を本名の「北野誠」に変更したという経緯もあるのだそうです。

さらに、1998年に大野誠さんは「大地土子」という名義で、作曲家としてNHK(Eテレ)の子供に大人気のアニメ「おじゃる丸」のオープニングテーマを手がけるなど、幅広い活躍をしていることでも知られていました。

続報:死因についてはこちらをご覧ください↓

大野誠さんが死去し死因は突然死か?孤独死の原因は病気で病名や自殺の可能性も!

 

時系列は?

大野誠さんは、前述した通りに「大地土子」という名義で作詞及び作曲家として活動をしており、北島音楽事務所の常務取締役を務めるなど、幅広い活躍をしていました。

しかしながら、2018年3月3日の21時頃に警視庁調布署に大野さんの親族が「最近連絡が取れない」と相談をしたことがきっかけとなり、警察署員らが大野誠さんの一人暮らしの自宅を尋ねると、室内で倒れている大野さんを発見したというのです、

死後一週間ほど経過しているわけですから、2018年2月24日あたりに亡くなったということになるでしょう。

続報:死因についてはこちらをご覧ください↓

大野誠さんが死去し死因は突然死か?孤独死の原因は病気で病名や自殺の可能性も!

 


スポンサーリンク

 

死因は?

では、一体死因は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、3月3日、調布市の自宅で、衣服を着たまま倒れているのが見つかり、すでに死亡していたとのことで、死後1週間程度経過していたとのことです。

孤独死には間違いなく、目立った外傷も無いことから他殺の線は考えにくいとのことです。

そのため、残されるのが自殺かもしくは病死などの病気なのですが、父親の北島三郎さんの所属事務所は「まだこちらも詳細を確認中で、(状況が)分からない。分かり次第、お知らせする」と混乱した様子を伺わせているそうです。

2月には北島三郎さんの事務所にも姿を見せていたという大野誠さんは、特に変わった様子はなかったそうで、現在は事務所側も把握しきれていないのが現状です。

おそらくですが、50代で急な病気ということもあり、心筋梗塞や急性心不全ということも十分に考えられるでしょう。

こちらの死因に関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

続報:死因についてはこちらをご覧ください↓

大野誠さんが死去し死因は突然死か?孤独死の原因は病気で病名や自殺の可能性も!

 

急性心不全は病名ではなかった

ここでは、死因が急性心不全であるとして、話を進めていきます。

そもそも急性心不全とは「心臓に器質的および/あるいは機能的異常が生じて急速に心ポンプ機能の代償機転が破綻し,心室拡張末期圧の上昇や主要臓器への灌流不全を来たし,それに基づく症状や徴候が急性に出現,あるいは悪化した病態」と定義されています。

つまりこれは「心臓が何らかの理由で急激に動かなくなり、循環状態に病的な影響を及ぼす」という状態のことを指すのです。

心臓はご存知の通り、全身に血液を送るポンプの役割を果たしておりますが、そのポンプが故障したために全身に血液を循環させる事ができなくなるため、血液中に含まれる体の機能を維持する酸素や栄養素が全身を循環できないという事態に陥るために、死に直結するというのです。

厚生労働省の報告によれば、急性心不全という疾患分類はなく、未だ明確な実態や動向は明らかにされていないのが現状です。

急性心不全を起こす原因は、心疾患の三大危険因子と言われる「高血圧・糖尿病・高コレステロール血症や高脂血症などといった脂質代謝異常」から、「風邪などの感染症」、「アルコール」、「ストレス」など非常に多くのものが複合的に絡んでおり、直接的な原因が何であるのかは医学的には解明されておりません。

元々不整脈を持病として持っている人が急性心不全を起こす事も多く、致死性不整脈が急性心不全の原因のひとつともなる事も多々あるそうですが、大杉さん場合は不正脈ということはなっかたそうなので、これには当てはまらないでしょう。

この様に、1つの疾患としての分類には急性心不全は位置づけられていないために、医学的な調査も本格的にはあまり行われていない謎の死因として有名なのです。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

大野誠さんが死去し死因は突然死か?孤独死の原因は病気で病名や自殺の可能性も!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!