鳥取市叶の中2が軽トラ死亡事故の犯人が流出?現場特定で名前や顔画像も判明か?

この記事は3分で読めます

出典:JNN

 


スポンサーリンク

 

けさ(6日)早く鳥取市の国道で中学生3人が乗っていた軽トラックが単独事故を起こして荷台に乗っていた中学2年生の男子生徒が路上に投げ出され、搬送先の病院で死亡が確認されるという何とも痛ましい事件が発生しました。

中2が軽トラ運転、荷台から転落し別の中2死亡

産経WEST他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

6日午前4時10分ごろ、鳥取市叶の国道53号で「軽トラックが単独事故を起こし止まっている」と通行人から110番があった。軽トラックは男子中学生(14)が運転しており、荷台に乗っていた別の男子中学生(14)が投げ出されて全身を強く打ち、病院に運ばれたが死亡した。鳥取県警は運転していた中学生を無免許の道交法違反容疑で調べる。

県警によると、現場は片側2車線の直線道路で、縁石にぶつかったとみられる。軽トラックにはいずれも鳥取市の男子中学生計3人が乗車。運転していた中学生は右肘に擦り傷を負い、助手席に乗っていた中学生(15)も頭を打撲した。いずれも軽傷。

3人は友人同士だったとみられ、県警が詳しい状況を調べている。

現場は鳥取駅から南に約3キロの住宅などが点在する地域。

出典:産経WEST

 

事故を起こした少年について

こちらが、事情聴取を受けている男子中学生のプロフィールです。

名前:不明

年齢:15歳

職業:中学生

在住:鳥取県鳥取市

この事故は、軽トラックは男子中学生(14)が運転しており、荷台に乗っていた別の男子中学生(14)が投げ出されて全身を強く打ち、病院に運ばれたが死亡したというもので、現場は片側2車線の直線道路で、縁石にぶつかったとみられています。

さらに、軽トラックにはいずれも鳥取市の男子中学生計3人が乗車していたとされています。

ちなみに、顔画像や名前などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

しかしながら、少年法では以下のように報道規制がかけられていますが、これは、出版物や新聞等の報道機関が対象であり、インターネット上での実名掲載は規制対象外であることから、ネット上ではもしかすると、特定がされているのかもしれません。

家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であることを推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない。

出典:少年法

 


スポンサーリンク

 

少年法とマスコミの自主規制について

少年法が実名報道を禁止するのは、あくまで、家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された人物についてであって、指名手配者や逮捕者は含まれません。

また、「本人であることを推知することができる」というのは、不特定多数の一般人にとって推知可能なことをさし、事件関係者や近隣住民にとって推知可能なことをさすもありません。

そのため、マスコミ各社は原則的に実名報道が禁止されていない場合でも、自主規制を行い匿名で報道するのだそうですが、インターネットには実名掲載の規制は対象外でありますので、テレビ以外のネット媒体を使うニュースメディアなどは、積極的に報道してもいいはずです。

少年法によって、刑事裁判を逃れたり出来るため、社会的制裁を一切受けないということになりかねませんので、犯罪の抑止力としても、未成年であっても、殺人などの重い罪の場合は積極的に実名を公開していくべきなのではないでしょうか?

今回は、強制わいせつの罪で書類送検をされているわけですが、不祥事続きの相撲協会が絡んでいることもあり、隠蔽体質のある相撲協会のことですから、実名公開に踏み切ってもいい気もします。

さらに、14歳が運転をしているということで、非常にセンセーショナルな内容ですし、犯罪の内容があまりにも酷く、被害者が死亡をしているために、この手の容疑者はもっと積極的に公開していいことでしょう。

 

事故現場は?

では、事故現場は一体どこなのでしょうか?

報道機関の発表によれば、こちらが現場付近とのことで、鳥取県鳥取市を走る国道53号沿いなのだそうです。

そして、Google Map上で検索した結果、以下のような場所がヒットしました。

「いなか内科」という看板も見えますし、片側二車線であること、さらには右左折が可能なT字路が見えることからも、この場所とみて間違い無いでしょう。

 

14歳が14歳を死亡させるという事故

この事故の痛ましい点は、14歳の男子中学生が同級生である男子中学生を死亡させているという点です。

本来、免許を持てる年齢ではないために、このような事故は起こりえないのですが、不幸なことにも事件が発生してしまっているので、非常にいたたまれません。

14歳という年齢で事故を起こしてしまっているという点もそうですが、やはり14歳であるのに死亡してしまったという事実の方が、厳しい現実と言えるでしょう。

また、友達を亡くしてしまっており、まさに一生の傷を負ってしまったと言っても過言ではないのですが、これは一生癒える事などなく、この先ずっと背負わなければならない十字架を背負ってしまうということになってしまったでしょう。

いずれにしても、非常にセンセーショナルな事件でありますので、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

鳥取市叶で軽トラを運転した中2男子が判明か?ネットに実名報道の規制はない!顔画像や少年法についても

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!