田南部力(たなべちから)コーチと伊調馨の関係性がヤバい!パワハラの真相判明で栄和人の絶対王政は崩壊寸前か?

この記事は5分で読めます

出典:joc.or.jp

スポンサーリンク

 

レスリング女子で史上初の五輪4連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した伊調馨選手が日本レスリング協会の栄和人強化本部長から繰り返しパワーハラスメントを受けたと告発した問題で、日本レスリング協会は1日、見解を発表し、話題となっています。

今回は、この告発するに当たって、パワーハラスメントを受けたとされる原因になった田南部力(たなべ ちから)コーチなどについて迫ってみたいと思います。

日本レスリング協会がパワハラを否定

スポニチアネックスほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

レスリング女子で史上初の五輪4連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した伊調馨(33=ALSOK)が日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)から繰り返しパワーハラスメントを受けたと告発した問題で、日本レスリング協会は1日、見解を発表。「当協会が伊調選手の練習環境を不当に妨げ、制限した事実はございません」「田南部力コーチに対し、伊調選手への指導をしないよう不当な圧力をかけた事実もございません」などとコメントした。

レスリング関係者が1月に代理人弁護士を通じて、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出していたことが28日、明らかになった。

告発状によると、伊調が2004年アテネ、08年北京と五輪連覇した後、練習拠点を愛知県大府市の至学館大から東京へと移したが、これに栄氏が激怒したとしている。

伊調は近隣の大学や自衛隊への出稽古のほか、男子の合宿にも参加。当時、男子の強化スタッフだった田南部力コーチに指導を仰ぐ形で技術を磨いた。当時、女子強化委員長だった栄氏は田南部コーチに対し、伊調への指導をやめるように忠告。12年ロンドン五輪で3連覇を成し遂げた後には、栄氏は伊調が男子の全日本合宿に参加することを禁じ、田南部氏が指導拠点としていた警視庁への出入りも禁止したという。

(ー中略ー)

出典:スポニチアネックス

続報:至学館大学の学長の谷岡郁子さんが、記者会見を開き炎上しています↓

谷岡郁子の炎上記者会見の動画がこちら!マスコミにキレた真相判明で、発言がそもそもパワハラ!

 

日本レスリング協会の言い分とは?

では、これに対して日本レスリング協会はどのような言い分を示しているのでしょうか?

まず当協会が伊調選手の練習環境を不当に妨げ、制限した事実はございません。同様に、当協会が田南部力男子フリースタイル日本代表コーチ(以下「田南部コーチ」と言います)に対し、伊調選手への指導をしないよう、不当な圧力をかけた事実もございません。

田南部コーチが各代表チームの垣根を越えて、伊調選手に対する指導を行うことによって、委嘱の本旨である男子フリースタイルチームの育成・強化が疎かになることのないよう、同コーチに対し、注意喚起したことはございます。

しかしながら、当協会から伊調選手に対し、男子代表合宿への参加を禁止したこともございません。

もっとも、男子代表合宿にあっては、何よりもまず男子代表選手の強化が優先されなければならないものですから、伊調選手が男子代表合宿に参加することによって、男子選手の練習に影響が生じることがないよう、男子合宿に参加して田南部コーチの指導を受ける場合には、男子選手の全体練習終了後に指導を受けるよう、伝えたことはございます。

さらに、当然のことではありますが、当協会が、警視庁レスリング部に対して、伊調選手を練習に参加させないことや、田南部コーチを指導から外すよう、働きかけた事実も一切ございません。

本来であれば、2020年東京オリンピック開催を控え、選手、コーチ及び、その他関係者が一丸となって「金メダル」という1つの目標に向かって邁進しなければならないこの時期に、客観的事実と異なる報道がなされたことを非常に残念に思います。

出典:スポニチアネックス

 

田南部力コーチについて

こちらが、渦中の田南部コーチのプロフィールです。

アテネ五輪,写真

 

名前:田南部力(たなべ ちから)

生年月日:1975年4月20日

身長:160cm

体重:60kg

出身地:北海道岩内郡岩内町

学歴:北海道岩見沢農業高校→日本体育大学

田南部コーチがレスリングを始めたのは高校に入ってからだそうで、伊調選手らに比べると非常に遅い方ではありますが、きっかけは「スカウトされて面白そうだと思った」からと、とても単純な理由で始めたのだそうです。

しかし、レスリングを始めるやいなや着実に実力をつけていき、なんと高校2年でインターハイ優勝という快挙を成し遂げるのです。

そして1992年・1993年と2年連続でインターハイ王者となった田南部コーチは、スポーツの名門である日本体育大学に進学をすると、大学では1年生で全日本学生選手権3位、4年生で全日本選手権を制覇するなど、栄光を勝ち取っていくのです。

大学卒業後の2000年にはシドニーオリンピックに出場し、結果はフリースタイルの54キロ級で10位と奮いませんでしたが、4年後の2004年アテネオリンピックではフリースタイル55キロ級で、見事銅メダルを獲得するなど、目覚ましい活躍をしたことでも知られています。

続報:栄監督が黒幕である可能性が浮上しました↓

栄和人監督が伊調馨へのパワハラの黒幕だった?現役時代から姑息な手段を用い、アンフェアの代表格として有名!

続報2:至学館大学の学長の谷岡郁子さんが、記者会見を開き炎上しています↓

谷岡郁子の炎上記者会見の動画がこちら!マスコミにキレた真相判明で、発言がそもそもパワハラ!

スポンサーリンク

 

現在は?

そんな田南部コーチですが、現在はどのような活動をしているのでしょうか?

田南部力コーチは現役引退後、警察官として働いているようで、日体大の運動部の就職先では定番コースであるそうです。

階級は警部補で、アテネオリンピックで銅メダルを獲得したことにより警察功労章を受章しています。

現在は警察官をしながら子供向けのレスリング体験教室で指導などもしているそうで、もちろん渦中の伊調馨選手のコーチもしており、二人三脚で東京五輪を目指しているそうなのですが、この度こういったパワハラがあることを告発しましたので、現状は練習できていないのではないかと推測されます。

全日本レスリングのコーチとしての教え子は、伊調馨選手の他に男子レスリングの金メダリストの米満辰弘選手などがおり、その手腕は素晴らしいとしても有名です。

続報:栄監督が黒幕である可能性が浮上しました↓

栄和人監督が伊調馨へのパワハラの黒幕だった?現役時代から姑息な手段を用い、アンフェアの代表格として有名!

続報2:至学館大学の学長の谷岡郁子さんが、記者会見を開き炎上しています↓

谷岡郁子の炎上記者会見の動画がこちら!マスコミにキレた真相判明で、発言がそもそもパワハラ!

 

パワハラの真相は?

日本レスリング協会は、「パワハラの事実はない」と真っ向から否定をしていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

ここで、パワハラの内容をもう一度おさらいしておきましょう

・伊調馨選手が師事する田南部力コーチに対する不当な圧力

・伊調の男子合宿への参加禁止

・警視庁レスリングクラブへの“出禁”

田南部力コーチは警察官として勤務していますので、警視庁のレスリングクラブでの練習が主になっていますが、それを禁止されたり、栄和人強化本部長による田南部力コーチへの圧力など、非常に陰湿なものであります。

もちろん、レスリング協会側がこれが事実であってもなくても、認めることは絶対になく、否定するのは当然の作業であります。

なぜなら、認めてしまうと”栄和人”という絶対的権力社会が崩壊してしまう危険性があるからです。

昨今、スポーツ界では権力闘争による争いは激しく、理事会でも会長の座をめぐる駆け引きばかりで、解決策を示せずにFIBAからの制裁は必至の情勢のバスケ協会や、暴力問題から不祥事が相次ぎ、理事解任などのニュースで連日ワイドショーを騒がせる相撲協会、これにレスリング協会も加わるとなると、選手は相手よりも権力のために戦わなければならなくなります。

さらに、今回のパワハラ事件では問題の伊調馨選手のライバルとして挙げられているのが栄和人強化部長の娘さんの栄希和選手が絡んでいるとされています。

栄希和選手は、伊調馨選手と同じ63kg級や60kg級として活躍しているのですが、絶対女王の伊調選手がいるだけに、栄選手は勝つことができないのです。

そのため、東京五輪で何としても勝たせてあげたい父親の栄和人強化本部長が、躍起になって伊調選手を潰しにいっているというのも考えられるでしょう。

パワハラ自体は、伊調選手が栄監督の元を離れた北京五輪直後に行われていますが、そのころは栄希和選手は13歳と伊調選手のライバルとは程遠かったために、さほど強いパワハラをしなかったと思われますが、東京五輪でメダルを狙える年齢(現在23歳)と成長してきたため、伊調選手が”邪魔”になり制裁を強めたというのが真相のような気がします。

双方の意見が割れているため、この議論は平行線をたどるような気もしますし、解決されずに真実は闇に葬り去られる可能性もありますが、権力に屈しては行けず、戦う姿勢を見せることで、栄和人強化部長に”洗脳”されている選手たちも、間違いに気づき絶対王政が崩れるのかもしれません。

続報:栄監督が黒幕である可能性が浮上しました↓

栄和人監督が伊調馨へのパワハラの黒幕だった?現役時代から姑息な手段を用い、アンフェアの代表格として有名!

続報2:至学館大学の学長の谷岡郁子さんが、記者会見を開き炎上しています↓

谷岡郁子の炎上記者会見の動画がこちら!マスコミにキレた真相判明で、発言がそもそもパワハラ!

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

谷岡郁子の炎上記者会見の動画がこちら!マスコミにキレた真相判明で、発言がそもそもパワハラ!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!