白井良宗(しらいよしむね)の顔画像と車種を特定!高速で235キロとオービスに中指を立てた理由も判明!

国内NEWS

出典:ANN

 

スポンサーリンク

 

中央自動車道を時速235キロで暴走したとして、警視庁交通執行課は1日、会社員の白井良宗(しらい よしむね)容疑者を逮捕しました。

中央道で235km/hで走行した男性を逮捕

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

法定速度が時速100キロの中央自動車道を、時速235キロで走行したとして、警視庁交通執行課は1日、道交法違反(速度超過)の疑いで、東京都世田谷区世田谷、会社員、白井良宗容疑者(41)を逮捕した。容疑を否認している。

逮捕容疑は平成28年1月29日午前4時15分ごろ、東京都国立市内の中央自動車道上り線で、時速235キロを出して普通乗用車を運転したとしている。

交通執行課によると、現場の速度違反取り締まり装置が白井容疑者の車を検知し、発覚した。白井容疑者は「(速度違反取り締まり装置の映像が)自分かどうか分からないので認めません」と話している。

出典:産経ニュース

 

白井良宗容疑者について

こちらが、逮捕された白井良宗容疑者のプロフィールです。

名前:白井良宗(しらい よしむね)

年齢:41歳

職業:会社員

在住:東京都世田谷区世田谷1

白井容疑者は、2016年1月29日午前4時15分ごろ、東京都国立市の中央自動車道で、法定速度を135km/h上回る235km/hキロで乗用車を運転したとして逮捕された、世田谷区に住む会社員の男性です。

現場の自動速度取締機、通称「オービス」に前方のナンバープレートを外したスポーツカーが映っていて、所有者の白井容疑者が浮上したとのことですが、この際に、中指を立てながら速度違反する姿が映し出されていたと言うことです。

ちなみに、こちらが逮捕された当時の白井容疑者の顔画像です。

出典:ANN

 

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して白井容疑者は「自分かどうか分からないので、認めません」と容疑を否認しているとのことですが、オービスに映し出されている以上は、白井容疑者の犯行ということで間違いないでしょう。

また、オービスに中指を立てながら映っていたと言うことですが、中指を立てる行為は侮蔑表現に相当する卑猥で強烈な侮辱の仕草であり、忌み嫌われるものとして知られています。

つまり、何らかの挑発行為と捉えられるわけですが、「自分は235km/hも速度を出しているのだ、捕まえてみろ」という心情が見え隠れしていると思われますし、非常に幼い行動のように思われます。

絶対に捕まらないという革新でもあったのでしょうか?

中指を立てながらオービスを通過するあたり、センセーショナルな内容であるとして、話題にもなっています。

 

スポンサーリンク

 

乗っていた車は?

そんな白井容疑者ですが、どのような車に乗っていたのでしょうか?

白井容疑者はモンスター級スポーツカーと呼ばれるアメリカ性の「チャレンジャー」(排気量6400CC)を運転していたとのことです。「ダッジ チャレンジャー」の画像検索結果

 

ダッジ・チャレンジャー(Dodge Challenger)とは、アメリカ合衆国の自動車メーカークライスラーがダッジブランドより販売している乗用車で、アメリカだけでなく日本のアメ車ファンから圧倒的に支持されているマッスルカー(筋肉車)として知られている車です。

価格は400万円台から〜1200万円台と幅広く、アメリカ史上最強パフォーマンスを持つ量産エンジンの搭載をするなど、その圧倒的なパワーや馬力に魅了される人がいるのも事実です。

チャレンジャーSRT-8に関して言えば、メーターは最高速度300km/hまで出る車種もあり、基本駆動はFRなのですが、2017年発売の「GT Coupe」は4WDであるなど、幅広い車種があるこも特徴です。

ダッジはもともと、1900年に創業した自動車製品会社「ダッジブラザース・バイシクル&モーターファクトリー」から始まったそうですが、1928年にドイツの自動車メーカー「クライスラー」に売却され、クライスラーの部門として、大衆向けの自動車生産を行っていました。

さらに、2009年にイタリア・フィアットが買い取り、現在はフィアットクライスラー自動車によりダッジは管理されているのだそうです。

白井容疑者は、このモンスター級のチャレンジャーの何らかの車種に乗っていたと思われます。

チャレンジャーは通常日本車のメーターで80km/hが示すところが150km/hとなっており、アクセルを踏めば簡単に100km/hも出てしまうのですが、そのスペックを日本で使うことはまずないため、乗用車として乗る分にはもったいないということも言われています。

300km/hまでスピードを出すことが可能ですから、日本の取り締まり史上初の235km/hも余裕で出すことが出来ると思われますが、法定速度がある以上はそれに従わなければなりません。

続報:ダッジチャレンジャーについてはこちらをご覧ください↓

白井良宗容疑者が運転していたダッジチャレンジャーとは?モンスター級のエンジンや、ギネス記録保有の筋肉車!

 

無制限の地域もある

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、海外には速度無制限の道路がいくつか設けられています。

代表的なところで言えば、ドイツのアウトバーンです。

アウトバーンとはドイツやオーストリアの一部区間を除く速度無制限の高速道路として知られており、アウトバーンは速度200km/h以上の速度で走行するのが当たり前の世界であります。

そのため、ドイツ社製の車は速度が270km/hまで出たり、300km/hまで出たりする車が多いのですが、そお他にも、オーストラリアやアメリカなどの通常の幹線道路でも速度無制限を設けているところも存在します。

ドイツや諸外国は、日本と違い、平坦で広大な敷地の上に道路が走っている他、周りには運転を遮るようなものは何もなく、スピードを出しても安全だと言われているために、あえて速度制限を設けていません。

日本では、土地が狭い分、車線が狭かったり、カーブが多かったり、そもそも車の台数が多かったりと、スピードを出すのには非常に危険であるために、法定速度で100km/hというのが、高速道路で決まっているのです。

いずれにしても、史上初の犯罪であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

白井良宗容疑者が運転していたダッジチャレンジャーとは?モンスター級のエンジンや、ギネス記録保有の筋肉車!
...

 

高速道路で168キロを出した千葉工高の女性教師を特定か!顔画像や名前、速度超過の理由も判明!
...

コメント