近藤早紀(さき)さんとバイラクタル容疑者の顔画像特定!インスタやTinderのやりとりも!三田市の事件で被害女性が判明

この記事は5分で読めます

出典:vha

 


スポンサーリンク

 

三田市の27歳の会社員の女性の行方がわからなくなっていた事件で、見つかっていた遺体が女性と確認され、近藤早紀さんということが判明しました。

警察は、女性を監禁した疑いで逮捕していたアメリカ人の26歳のバイラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ容疑者を再逮捕し、被害女性についても明らかとなりました。

遺体は不明女性と確認で再逮捕

NHK NEWS WEB他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

三田市の27歳の会社員の女性の行方がわからなくなっていた事件で、見つかっていた遺体が女性と確認されました。警察は、女性を監禁した疑いで逮捕していたアメリカ人の26歳の男を、遺体を遺棄した疑いなどで28日再逮捕し、経緯について調べることにしています。
この事件では、2月16日から行方がわからなくなっていた女性とみられる遺体が大阪・西成区の民泊用のアパートの部屋のほか、大阪と京都の山林から見つかり、警察が確認を進めています。
警察によりますと、その結果、行方がわからなくなっていた三田市の会社員、近藤早紀さん(27)と確認されたということです。
警察は、この女性を監禁した疑いで2月22日に逮捕されていたアメリカ人のバイラクタル・エフゲニー容疑者(26)を処分保留で釈放したうえで、死体遺棄などの疑いで、28日午後、再逮捕しました。
警察によりますと、2月16日未明から18日午前までの間に、滞在先だった大阪・東成区のマンションの民泊用の部屋で切断した遺体を大阪・西成区の部屋に遺棄した疑いが持たれています。
調べに対して黙秘しているということです。
警察は、女性が死亡した経緯などについても調べることにしています

出典:NHK NEWS WEB

 

近藤早紀さんについて

こちらが、バイラクタル容疑者によって殺害された近藤早紀さんのプロフィールです。

名前:近藤早紀(こんどう さき)

年齢:27歳

職業:会社員

在住:兵庫県三田市

近藤さんは、バイラクタル・エフゲニー容疑者によって、民泊で遺体を切断され、殺害された三田市の会社員の女性です。

この事件は、2018年2月17日に兵庫県三田市内で一人暮らしの20代の女性が行方不明届を出されたところから始まりました。

兵庫県姫路市内の近藤さんの親族が「会社を欠勤しており、連絡も取れない」と行方不明届けを警察に出しました。

そして、2018年2月15日、行方のわからなくなっている近藤さんは、「知り合いの男性と大阪で会う」と知人に伝えたあと行方がわからなくなっていたのですが、バイラクタル容疑者によって殺害されてしまったのです。

そして、こちらが亡くなった近藤さんの顔画像です。

出典:vuha

 

事件の時系列

こちらが、事件の概要と時系列を整理したものです。

2018年1月末

アメリカ・ニューヨーク在住のバイラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ容疑者が「90日以内の短期滞在」で関西国際空港から入国しました。

その後、2018年2月12日~18日まで大阪市東成区中道2丁目のマンションの一室を民予約します。

このマンションの一室は、民泊用として貸し出されていたとのことです。

そして、事件のあった部屋には2月12日ごろから18日までおよそ1週間分の宿泊予約を入れていました。

2018年2月15日

近藤早紀さんは知人に「ネットで知り合った男性と会う」と伝えて、大阪に向かいました。

勤務先を退社した後、バイラクタル・エフゲニー・容疑者と待ち合わせをすることになり、自身のInstagramに「JAY(ジェイ)に会う」と書き込みをしています。

この当時を目撃していた人物は「腕を組みひっつきながら歩いていた。」「カップルみたいだった。よく笑っていた。」と、証言をしています。

待ち合わせ場所は大阪市内のJR森ノ宮駅付近であり、殺害現場となった東成区の民泊施設からおよそ400mの距離です。

2018年2月16日未明

防犯カメラの映像などから、16日未明にマンションの一室に入室したことが確認されていますが、この子から近藤早紀さんの携帯電話の電波が途切れたのだそうです。

2018年2月16日

近藤早紀さんが勤務先である部品メーカーを無断欠勤しており、従業員が不審に思い始めます。

2018年2月17日

この頃から近藤早紀さんと完全に連絡がつかなくったのだそうで、勤務先の会社から「近藤早紀さんが出勤をしていない」と兵庫県姫路市内に住む母親が連絡を受け、その連絡を受けた母親が、兵庫県警姫路署に行方不明届を提出します。

2018年2月18日

バイラクタル容疑者1人だけが大きなキャリーバッグを持って、問題のマンションを出る映像が残されていました。

2018年2月22日

兵庫県警がアメリカ国籍のバイラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ容疑者を近藤早紀さん監禁容疑で逮捕しました。

この逮捕は、奈良県内の民泊施設に移動し道を歩いていたところでされたもので、逮捕のタイミングは出国するギリギリだったのだそうです。

2018年2月24日午後3時48分

同市西成区の別の民泊施設から女性の頭部が見つかったと衝撃の発表がされ、「発見場所は大阪市西成区花園北1の民泊施設」だったということです。

 

2人はTinderで知り合っていた

そんなバイラクタル容疑者と近藤さんですが、マッチングアプリのTinderというもので、知り合っていたのだそうです。

2人は、出会いを目的とした「Tinder」と呼ばれる「マッチングアプリ」で知り合い、写真共有アプリ「インスタグラム」で連絡を取っていた。

事件直前、同容疑者は女性に「いつ会える」と尋ね、女性は「今は会えない」と返信。その後、「じゃあ行く」(同容疑者)「それは無理。私が行く」(女性)という趣旨のやりとりを交わした。女性は15日夜、無料通信アプリLINE(ライン)で文面を知人に送信していた。

出典:iza

Tinderは、携帯の位置情報を元に、近くにいる男女が出会えるというアプリになっていて、男性側は女性を、女性側は男性を自分の好みに合わせて「いいね」を推していくというものです。

次から次へと人の写真が出てくる仕様になっていて、気に入ったなら右側へスワイプ、気に入らなかったら左側へスワイプをしていき、両者が気に入った段階でメッセージのやりとりができるという仕組みです。

また、バイラクタル容疑者は、近藤さんの他にも4〜5人の女性と、東成区のマンションに入る姿が確認されていることが分かっており、過去に複数回、日本を訪れていたということです。

さらに、今回は1月末にビザがいらない90日間の短期滞在で関西空港から入国し、逮捕される2月22日までインターネットの仲介サイトで予約した関西地方の民泊用の部屋を転々としていたということですので、その間に、Tinderを使って様々な女性にアプローチをしていたのでしょう。

 

バイラクタル容疑者について

こちらが、逮捕されたバイラクタル容疑者のプロフィールです。

名前:バイラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ

年齢:27歳

職業:不明

在住:アメリカ合衆国ニューヨーク

バイラクタル容疑者の実家はアメリカ、ニューヨーク中心部から車で東へおよそ、1時間半ほど行ったロングアイランド島の東部にあるそうで、実家には両親が住んでいるとみられますが、日中はカーテンやブラインドが閉められて中に人が生活をしている様子は確認できず、夜中になっても家の明かりが点くことはないのだそうです。

また、アメリカのメディア各局が日本での凄惨な事件を受け、実家の前から中継で様子を伝えたり、近所の人たちへの取材を試みるなどしておりますが、両親へのインタビューなどは出来ていません。

2年前から近所に住んでいるという40代の男性は、「もし伝えられていることが本当ならショックでぞっとする。彼とその家族とはあいさつをするくらいで、感じのよさそうな人たちだった。彼に関係するトラブルなども聞いたことがなかったのでニュースを見て驚いている」と話している他、20年以上近所に住んでいるという女性は、「彼とその家族は内向的で、車に乗って出入りするのを見るくらいだった。彼はあまり話すことはなく、社交的ではなかった。すぐ近くに住んでいる人が日本であんなことをしていたと考えると動揺してしまう。自分にも娘がいるので、今は安全のために車で送り迎えするようにしている」と、ショックの胸の内を語っていました。

 

東成区の民泊は闇民泊だった?

この事件現場の東成区のマンションのオーナーは報道機関の取材に対して、「(民泊は)一部屋だけ。(外国人の男は何日ぐらい滞在していた?)一週間ぐらいじゃないか」とコメントをしています。

しかしながら、この部屋は自治体の許可を得ていない「闇民泊」だったと考えられており、違法性の高いものであった可能性があるのです。

さらには、バイラクタル容疑者の現場に1週間ほど滞在していたのだそうで、そういうことを黙認している民泊だったのではないかと考えられています。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

近藤早紀さんが民泊殺人の被害者(27歳会社員女性 三田市)!事件の時系列やマッチングアプリの詳細についても

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!