野々すみ花の結婚相手(夫)の旦那が判明か?逮捕の真相や本名などについても!宝塚元宙組トップ娘役の女優が結婚を発表

この記事は5分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

 

宝塚歌劇団の元宙組トップ娘役、女優の野々すみ花さんが、結婚を発表し、話題となっています。

野々すみ花が結婚

オリコンニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

元宝塚歌劇団宙組トップ娘役の女優・野々すみ花(31)が27日、自身の公式サイトで結婚を発表した。お相手の詳細については明かさず「兼ねてよりお付き合いしていた方」としている。

「ご報告させていただきたいことがあります。私ごとではございますが、兼ねてよりお付き合いしていた方と、先日、結婚をいたしました」と明かした野々は「これまで猪突猛進に歩んできた身にとっては『結婚』という言葉を使う日が来たことに、まだ実感がわきません」と心境を告白。その上で「しかし『最期までこの人と生きる』と躊躇なく決意できたことは、素晴らしい出逢いをしたのだろうと思います」とつづった。

続けて「身の回りの環境に多少の変化はあると思いますが、私が『野々すみ花』として芸を磨き実現して行きたいことは以前から何も変わりません。むしろ、よりいっそう力強くしなやかな姿勢で進めそうな気がしています」と今後も女優業にまい進するとし、「まだまだ未熟者ですが、これからも精進して参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と呼びかけている。

出典:オリコンニュース

 

野々すみ花について

こちらが、結婚を発表した野々すみ花さんのプロフィールです。

「野々すみ花 」の画像検索結果

出典:BS-TBS

名前:野々すみ花

本名:上田澄佳(うえだ すみか)

生年月日:1987/2/27

年齢:31歳(※2018年2月現在)

血液型:O型

身長:161cm

出身地:京都府久世郡久御山町

野々すみ花さんは、幼い頃は人前でしゃべることさえ苦手だったそうですが、宝塚歌劇が大好きだった父親に「お前は宝塚に入れ」と言われて、6歳からクラシックバレエとピアノを習い始めたそうです。

そして、小学校低学年の時にたまたまテレビで見た宝塚歌劇に大感激し、トップ娘役の花總まりさんが大きな羽根を背負って大階段から下りてきて手を開く姿を目にした瞬間に「私はここに行く」とタカラジェンヌを夢見たそうで、それがきっかけとなり宝塚歌劇団の入団を志したのだそうです。

そして、高校一年生修了時に見事、宝塚音楽学校を受験すると、一発で合格を勝ち取り、2003年に入学を果たしています。

2005年、宝塚歌劇団入団。

そこから着々と力をつけ、持ち前の演技力と歌唱力で、宙組トップスターに就任が決定した大空祐飛の相手役としてトップ娘役に内定すると、2009年7月6日付で宙組トップ娘役に就任しました。

2012年に同歌劇団を退団しましたが、翌年には「世界ふしぎ発見!(TBS系列)」のミステリーハンターとしてテレビ進出を果たすと、その後は数々のドラマ出演を果たし、2015年にはNHK連続テレビ小説『あさが来た』にレギュラー出演し、三味線の師匠・美和役(波瑠の夫の師匠)を演じ、注目を集めました。

ちなみに、芸名の”野々すみ花”ですが、「野に咲く花のように、雨が降っても風が吹いても、地面に根を張って、小さくてもいいからやさしい花に見えるように」という願いが込められているそうで、家族揃って決めたのだそうです。

 

スポンサーリンク

 

結婚相手について

では、結婚相手の旦那さんは一体どのような人物なのでしょうか?

報道機関の発表によれば、野々すみ花さんが結婚した日については『先日』と記されていただけで、いつ婚姻届を提出したのかは明かされていませんし、結婚相手の素性についても、「兼ねてよりお付き合いしていた方」と表記がされているだけで、その詳細は明らかとなっておりません。

馴れ初めや顔画像、年齢層なども明らかになっていないほか、名前なども出ていないために、その結婚相手について気になっている宝塚のファンの方などが多くいらっしゃるとは思うのですが、残念ながら特定するには至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

また、野々すみ花さんが過去に熱愛報道があったかどうか調べてみると、元宝塚歌劇団出身ということもあり、当時は恋愛に非常に厳しかったと推測されますので、恋愛といったような”浮いた”話はなく、彼氏がいたという情報すら見つけることが出来ませんでした。

さらに、野々すみ花さんが2012年に宝塚歌劇団を退団したあとにも、熱愛報道というのはなかったみたいなので、写真週刊誌なども野々さんを追っかけるようなことはしなかったものと思われます。

 

野々すみ花は逮捕されたいた?

そんな野々すみ花さんですが、インターネットで「野々すみ花」と検索すると、サジェストワード(検索エンジンで検索をしやすくするようにユーザーが最も検索をかけているワードを推奨するサービス)で「逮捕」という言葉が出てきます。

一体これがどういうことなのでしょうか?

2017年3月2日に投稿されたブログ自身のブログ「ののがたり」で、以下のようなエピソードが語られています。

電車の中。

私は隅の席でひとり黙って本を読んでいる。

いきなり、
一人の男が目の前に現れた。

そしてポケットからおもむろに何かを取り出した。

———-警察手帳だ。

ドラマでよく見る

「警察だ。」

と言ってパカっと見せるあれ。

金色のギラギラしたものが重そうに張り付いているし、
本人の顔写真もある。

そんなものをこちらに向けられた経験なんて今までない。

一瞬にして、心臓が凍りつく。

男は私服警官らしく、
黒いシャツとズボンを履いているが、
中に防弾チョッキでも装着しているのか、
どことなく身体がボコボコしている。

寒気がしてきた。

ただ寒いのではない。

気色悪い吐きそうな寒気だ。

私が何かしたか。

その警官、
次にトランシーバーで隣の車両の警官と何か話し始めた。

どこかの交番の名前をあげ、
そこに部隊を送り込むように要請をしている。

詳しいことは聞き取れない。

いや、
その車両に乗っている人全員に聞こえるような声ではあったのだけれど、
こちらは心臓が凍りついているものだから、
うまく言葉が耳に入ってこないのだ。

隣の車両の警官との通信が終わると、
次はうろうろと歩きながら、
反対側の車両にいる警官であろう人物とアイコンタクトを取り始めた。

これは3両がかりの逮捕劇か。

ただ事ではない。

私の凍った心臓が口から出そうだ。

警官が私を見る。

なぜだ。
何もした覚えはない。

いつもと変わったことといえば、
誕生日に友人からもらった黒いショルダーバックを大事に抱えているだけだ。

爆弾なんて入れてない。

周りの人の反応は?

誰も彼を見ていない。

あ、そうか、
私は驚きすぎて警官を凝視しているから目が合うのか。

本の続きを読もう。

ダメだ。

顔は本に向いているけど、
目は警官を追っている。

ダメだ、ダメだ。
困ったぞ。

そんなことを考えているうちに電車は駅に到着した。

ここで私は降りる。

早く扉よ開いておくれ。
ダッシュで逃れよう。

さっとホームへ降りようとすると、
なんと警官も一緒になって降りるではないか!

あぁもうダメだ。

・・・・・と思った瞬間、
男は走り去って行った。

瞬く間に姿を消したのだ。

なんだったのか。

腰が抜けそうになりながらも呆然と立ち尽くしていると、
近くに座っていた女性に声をかけられた。

「恐ろしいわね。」

「はい、びっくりしました・・・」

「だいいち本物の警官かどうかもわからないしね」

「あ・・・確かに。」

「少し距離をとって歩きましょう。

あなた若いんだから、
狙われたりしたら大変よ。」

私はその見ず知らずの女性の後ろをぴったりとくっついて歩いた。

改札口に着くと、
お互いそっと会釈して、別れた。

私の心臓はしだいに息を吹き返してきた。

この親切な女性がいなかったらどうなっていたことか。

たった今目の前で信じ難いことが起こったけれども、
他人を気遣ってくださるその女性の残像や余韻が、
私の心を満たしている。

強く逞しく、美しかった。

ひとくちに「人間」といえども、
いろいろな人が共存している。

自分には、
それを受けとめ認める強さがあるか。

しなやかに生きてゆく逞しさがあるか。

人の気持ちに寄り添える美しさがあるか。

まだまだ。まだまだ。
一生勉強。

出典;ののがたり

 

つまり、このエピソードが裏にあって、野々すみ花=逮捕となってしまったようなのですが、無論野々さんが逮捕されたという事実はなく、何らかの犯罪に巻き込まれそうになってしまったことのようです。

いずれにしても、おめでたい結婚の話であるだけに、一層注目が集まることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

壱城あずさが退団!しーらんの本当の退団理由が判明か?本名や年齢までも明らかに!演技が下手すぎる?

 
error: You never click here!!