荻窪駅付近で火事発生!火災現場は青梅街道沿いの洋品店!出火原因や四面道交差点付近の通行止についても

この記事は3分で読めます

出典:ANN

 


スポンサーリンク

 

20日昼過ぎ、東京都杉並区上荻のJR荻窪駅付近で建物火災が発生し、周辺には煙が充満、現在消防による消火活動が行われております。

この火災の影響により、近くを通っている青梅街道が渋滞しているほか、各方面に影響が出ております。


JR荻窪駅近くで建物火災が延焼中 ポンプ車など17台

テレ朝ニュースが以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京・杉並区で2階建ての建物が燃える火事があり、現在も延焼中です。

20日正午ごろ、杉並区天沼の2階建ての建物から火が出ていると119番通報がありました。東京消防庁によりますと、これまでに建物の1階と2階合わせて80平方メートルが燃え、現在も延焼中です。ポンプ車など17台が出動し、消火活動が続けられています。逃げ遅れた人やけがをした人の情報はこれまでに入っていません。現場はJR荻窪駅から北に約600メートルの青梅街道沿いの商店などが立ち並ぶ地域だということです。

出典:テレ朝ニュース

 

荻窪駅付近で火災発生

さらには、Twitter上に投稿されたツイートに注目が集まっています。

投稿によれば、東京都杉並区上荻1丁目25付近にある、青梅街道の四面道交差点付近の洋品店にて、大規模な火災が発生し、青梅街道が渋滞するなどの被害が寄せられているそうです。

消防車両などが青梅街道に押し寄せ、懸命な消火活動を行っており、非常に大きな混乱を招いております。

 

火災現場は?

では、一体火災現場はどの辺りなのでしょうか?

火災現場となっているのは、国道311号線(環状八号線)通称環八、と国道4号線通称青梅街道が交差する、東京都杉並区上荻1丁目25付近の四面道交差点とのことで、非常に大きな交差点です。

四面道は六車線の大通りが交差する大交差点で、環八本線自体はアンダーパスとなっています。

また、出火しているのとされているのは、東京都杉並区天沼3-12-4にある、杉並四面道郵便局の隣あたりであるとされており、 Twitterユーザーの方の投稿によれば、大きな火と炎を上げて燃え盛っている様子が手に取るように分かるのです。

 


スポンサーリンク

 

出火の原因は?

では、出火原因は何だったのでしょうか?

消防が現在懸命な消火活動に当たっておりますので、火が鎮火した際に、その詳しい原因が分かることと思われますが、おそらく、何らかの火の不始末があったとみて間違いないでしょう。

人通りの多い青梅街道に面しておりますので、放火の可能性は極めて低く、洋品店からの出火という情報もありますので、その店舗で何らかの火の不始末があった考えられます。

冬は非常に空気が乾燥していますし、ちょっとしたことで火災の原因ともなりますので、注意が必要です。

タバコの火の消し忘れや、コタツのコードのショート、ガス漏れなど色々な原因が考えられるでしょう。

 

Twitter上の反応

この大規模な火災に対して、Twitter上では様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

いずれにしても、現場付近の方や、関係各所は気をつけるとともに、一刻も早い消火と出火原因の特定、通行止の解除などがされることを祈っております。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

【現場画像あり】カテリーナ三田の火事は放火が原因だった?出火原因や火災の真相も!東京・港区の高層マンションで火事が発生

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!