出典:https://radikal.ru/video/45Ji14Y5YMl

 

スポンサーリンク

 

平昌五輪第11日(19日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケートのアイスダンス・ショートダンス(SD)で、フランスのガブリエラ・パパダキス、ギヨーム・シゼロン組にアクシデントが発生しました。

仏ペア、ホック外れるハプニングも2位でフリー進出

日韓ポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

<ピョンチャン五輪:フィギュアスケート>◇19日◇アイスダンス・ショートダンス(SD)

 フィギュアスケートでまたも衣装がはだけるハプニングが発生した。

フランスのガブリエラ・パパダキス(22)ギヨーム・シゼロン(23)組の演技中に、パパダキスの首のホックが外れた。首のホックで大部分を支える衣装だったため、背中から胸元付近まではだける形になってしまった。

シゼロンに抱きかかえらたパパダキスがはだけた衣装のまま背中を反る演技では、実況のアナウンサーが思わず「あっ」と声を漏らす場面もあった。

11日に行われた団体女子ショートプログラムでは、韓国の閔ユラ(ミン・ユラ、22)の演技中に衣装の背中のホックが外れ、大きな話題を呼んだ。

出典:日刊スポーツ

 

ガブリエラ・パパダキスについて

こちらが、ガブリエラ・パパダキス選手のプロフィールです。「パパダキス」の画像検索結果

 

名前:ガブリエラ・パパダキス

国籍: フランス

生年月日:1995年5月10日

年齢:22歳(※2018年現在)

出生地: オーヴェルニュクレルモン=フェラン

身長:166 cm

パートナー:ギヨーム・シゼロン

パパダキス選手は、アイスダンスのフランス代表の選手で、9歳から10歳の頃にかけて、コーチでもある母のカトリーヌの勧めでフィギュアスケートは始めた人物です。

2016-2017シーズン、フランス杯で優勝するなど、実績は十分にある人物であり、NHK杯では、同門のテッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組に次ぐ2位に終わるなど、非常に高い成績を収めていることでも知られています。

また、グランプリファイナルでは2年前から順位を上げ銀メダルを手にするも、ヴァーチュ/モイア組に敗れましたが、欧州選手権では、タチアナ・ナフカ/ロマン・コストマロフ組以来、11年ぶりに3連覇を果たすなど、フランス期待の星として、国民から注目が集まっています。

また、日本でもその愛らしいルックスと、非常に表現力豊かな演技で、人気であり、平昌オリンピックでも美女アスリートとして人気の人物です。

 

スポンサーリンク

 

問題の動画は?

では、問題の演技の動画は一体どのようなものだったのでしょうか?

その動画はこちらから確認することが出来ます。

ガブリエラ・パパダキス演技動画

ガブリエラ・パパダキス演技動画2

こちらの動画では、パパダキス選手の衣装がはだけてしまっており、首のホックが外れて上半身があらわになってしまっている様子が伺えるかと思います。

NHKの放送では、この部分がカットされているために、気になってしまった方もいらっしゃるようですが、こちらではガッツリと放送されているのです。

アイスダンスは、男女がペアとなって氷上で素晴らし演技を披露するのですが、女性側がその衣装の露出度も高く、度々このようなハプニングが起きてしまうこともしばしばあるようです。

また、男性側も力強く女性の選手をエスコートしているために、不意に抱き寄せられると衣装がほつれたり、はだけたりすることもあることでしょう。

 

Twitter上の反応

これに対して、Twitter上では以下のように様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。

いずれにしても、このハプニングを乗り越え、素晴らしい演技をしてくれることを祈っています。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

ザギトワがかわいい!インスタ画像や羽生結弦との関係性についても!平昌オリンピックフィギュア女子SPで世界記録をマーク

おすすめの記事