スマホ自転車の女子大生(川崎市)の顔画像流出で特定!実名や米沢晶子さんを死亡させた経緯も!ながらスマホの女性大生を書類送検

この記事は3分で読めます

出典:NNN

 

スポンサーリンク

 

スマートホンなどを持ちながら電動アシスト自転車を運転し、歩行者の女性(77)をはねて死亡させたとして、神奈川県警麻生署は15日、川崎市麻生区の女子大学生を書類送検しました。

続報:実名が公開されていました↓

森野実空(もりのみく)の顔画像がこちら!禁錮刑の意味と2年の理由も判明!ながらスマホの女子大生の実名公開

ながらスマホの女子大生を書類送検

産経ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

スマートフォンを操作しながら電動アシスト自転車に乗り、歩行者にぶつかって死亡させたとして、神奈川県警麻生署は15日、重過失致死の疑いで、川崎市麻生区の女子大学生(20)を書類送検した。

書類送検容疑は昨年12月7日午後、川崎市麻生区の市道で自転車をこぎだした直後に、前を横切った近くに住む無職、米沢晶子さん(77)と衝突し、2日後に死亡させたとしている。

署によると、女子大学生は両手をハンドルに添えた状態で右手に飲み物、左手にスマホを持ち、左耳にイヤホンをしていた。衝突直前までスマホを操作し、ポケットに入れようとした際にぶつかった。

女子大学生は容疑を認め、「女性に気づかなかった」と供述しているという。署は前を見ていなかったことが事故原因と判断した。

出典:産経ニュース

 

女子大生について

では、ながらスマホをし、米沢さんを死に至らしめた女子大生は一体どのような人物なのでしょうか?

今の所、判明しているのは川崎市麻生区周辺に在住している20歳の女子学生ということのみで、そのほかの詳細な情報は一切入ってきておりませんが、ネット上ではその顔画像が公開されており、さらなる波紋を呼んでいます。

集合写真のような写真が公開されており、その左から2番目の女性が今回書類送検された容疑者であるとされています。

その顔画像がこちらです。

スマホ自転車女子大生画像

確定ではないために、こちらでの公開は控えさせていたできますが、ネット上ではこの女子学生に対して、なぜ書類送検なのか?といった意見が多数寄せられています。

続報:実名が公開されていました↓

森野実空(もりのみく)の顔画像がこちら!禁錮刑の意味と2年の理由も判明!ながらスマホの女子大生の実名公開

 

スポンサーリンク

 

なぜ書類送検なのか?

では、死亡事故を起こしているにも関わらず、なぜ書類送検なのでしょうか?

書類送検は警察側が、検察に書類を送検することをいい、身柄を拘束する必要がないと判断した場合に適用されますが、今回のケースでは、この女子学生に非があることは十分に明白であり、証拠隠滅のために逃亡したりするようなことは無いと判断されたために、書類送検なのでしょう。

決して、罪が軽いがために書類送検であるということはありません。

自転車の人身事故(死亡事故も含む)の場合、自動車の時と同様に民事責任と刑事責任に問われます。

民事では、被害者や遺族から損害賠償の請求がされることとなりますので、どのみち裁判は行うものと思われますが、その際は以下のような計算式で損害賠償が算出されます。

「損害賠償の請求額 = (積極損害+消極損害+慰謝料) × 相手の過失割合」

さらに、検察側は刑法第211条「重過失傷害」の適用を求めて立件すると見られ、100%の過失が見られる場合は、有罪判決が下ることでしょう。

そうなれば、5年以下の懲役若しくは禁固又は50万円以下の罰金に処される可能性があります。

懲役・禁固・罰金のいずれになるか、実刑になるか執行猶予付きになるかは、裁判によって決定されますが、おそらく被害者が死亡している人身事故の場合で、被告側が100%の過失の場合は一発で実刑判決が下るとみて間違い無いでしょう。

続報:実名が公開されていました↓

森野実空(もりのみく)の顔画像がこちら!禁錮刑の意味と2年の理由も判明!ながらスマホの女子大生の実名公開

 

ながらスマホを根絶させるために

亡くなった米沢晶子さんの遺族は「ながらスマホ」の危険性をあらためて訴えています。

米沢晶子さんの夫はNNNの取材に対して「一瞬もスマホから手を離せない今の社会状況。“ながらスマホ”をやめさせるためにも、加害者が重い責任を科せられるのは、やむを得ないかと思う」とコメント残しています。

この女子学生に対して、民事ではなく刑事罰として非常に重たい判決が下れば、ながらスマホで死傷させればこのような罰があるとして、それだけで抑止力になるとは思われますが、スマホの普及率が非常に高い昨今では、一つの事件としての認識でしかされず、風化されることは目に見えて分かってしまいます。

風化させないために、こういった犯罪に対して警鐘を鳴らし続けたり、ながらスマホの危険性を切に訴えていくことが必要です。

被害者側も加害者側も両者全く幸せにならない結果を招きますし、ながらスマホによる前方不注意は、自動車と違い免許を持っていない18歳未満の人物誰にでも起こりうるものであるという事を強く認識しなければなりません。

この書類送検や裁判の結果が社会に与える影響は非常に大きいと思われますが、それよりも人の命よりもスマホの方が大事だと思っているスマホ依存が大勢いることの方がよっぽどの恐怖です。

いずれにしても、亡くなった米沢晶子さんには心よりご冥福をお祈りするとともに、この女子大生には非常に重たい罪がくだり、反省・更生することを祈っています。

続報:実名が公開されていました↓

森野実空(もりのみく)の顔画像がこちら!禁錮刑の意味と2年の理由も判明!ながらスマホの女子大生の実名公開

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

森野実空(もりのみく)の顔画像がこちら!禁錮刑の意味と2年の理由も判明!ながらスマホの女子大生の実名公開

 
error: You never click here!!