永井美奈子 有賀さつきとの接点は?死因や最後のメールの内容とは?人気アナの急死に各所より悼む声が

この記事は4分で読めます

出典:google

 


スポンサーリンク

 

元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんが先月30日に亡くなったことに関して、早すぎる死を悼む声が続々と寄せられています。

有賀さつきさんと最後のメールを交わすも 何も知らなかった

AERA dotが以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんが先月30日に死去した。52歳だった。早すぎる死を悼む声が続々と寄せられている。

「楽しくなければテレビじゃない」をキャッチフレーズに、1982年から12年連続で視聴率三冠王に君臨したフジテレビ。88年に入社した有賀さつきさんは、同期入社の花田(旧姓・河野)景子さん、八木亜希子さんとともに、右肩上がりを続ける同局の象徴的存在だった。

入社当時の3人を取材した経験がある芸能リポーターの井上公造さん(61)は語る。

「3人の登場でフジテレビは女子アナ黄金期を迎えました。3人とも個性的でした。よく八木アナが『河野さんは石橋を叩いて渡るタイプ。自分(八木さん)は叩いて石を割ってしまうタイプ。有賀さんは確認せずに渡っちゃうタイプ』と言っていましたが、まさしくそういうタイプでした」

●世代の先頭を走った

同時に、まじめな努力家でもあったという。

「フリーになって初めて関西の番組に出ることになった時に電話をもらいました。台本にほとんど何も書かれていないが、関西はこんな感じなんですか?と。確かに関西はフリートーク中心で、彼女は台本は読み込んでいくタイプ。それを相談してくるところが彼女の性格。でも関西流になじむのも早かった」

 有賀さんとはフジテレビの同期入社だった元衆議院議員の三宅雪子さん(52)も「とにかく頑張り屋だった」と語る。

「ゴルフのフジサンケイクラシックの出張後、クタクタになって一緒に東京に帰ってきたら『これから料理学校に行く』と。英語、料理、漢字、色々なことを頑張っていて、『試験を受けるからしばらく会えないの』と言うこともありました」

学生時代からの友人で、同じ88年に日本テレビに入社したフリーアナウンサーの永井美奈子さん(52)が有賀さんと最後に連絡を取ったのは昨年12月初旬だったという。

「同じ美容師の方にお世話になっていたので、その方が独立されたことをメールしたら『実は随分行っていないんだ』と。『美奈子ちゃんと連絡が取れてよかった』とも書いてあって、その時は何も気がつかなかったのですが……」

入社前から華やかだった有賀さんだが、「渦中にいると同時に、自分のいるところを冷静に見極めていた」と永井さんは言う。

「私たちの世代の先頭に立って、何をするにも最初。そういう意味では逆風も一番正面から浴びてきた。でもそこには自分なりの信念があるんです」

(ー中略ー)

出典:AERA dot

 

永井美奈子について

こちらが、永井美奈子さんのプロフィールです。

「永井美奈子」の画像検索結果

名前:永井美奈子(ながい みなこ)

本名:堀 美奈子(ほり みなこ)

生年月日:1965年6月14日(52歳)

血液型:O型

学歴:成城大学文芸学部英文学科→慶應義塾大学大学院

出身:東京都狛江市

職歴:元日本テレビアナウンサー

永井さんは、成城大学文芸学部英文学科卒業し、大学在学中に「ミス成城大学」に選ばれたこともある美貌と、学力の両方を兼ね備えた才色兼備であるとして知られています。

1988年4月、日本テレビ入社すると、ニュース、スポーツ、バラエティ、あらゆる分野を経験し、1992年から1993年にかけて、同局アナウンサー(当時)の米森麻美さん、薮本雅子さんらと共に「DORA」というユニットを結成、CDもリリースしています。

1996年9月、日本テレビを退社しフリーに転身すると、笑っていいとも!などのレギュラーとして活躍するなど、幅広い活動をしていきます。

2001年にサイバード社長の、堀主知ロバートと結婚し、同年10月21日の長男の出産を機に、育児中心の生活でテレビの仕事はセーブしており、テレビ出演を控えています。

 


スポンサーリンク

 

有賀さつきさんについて

こちらが、亡くなった有賀さんのプロフィールです。

「有賀さつき」の画像検索結果

名前:有賀さつき(ありが さつき)

生年月日:1965年9月9日生

享年:52歳

出身地:愛知県名古屋市

血液型:A型

身長:170cm

学歴:フェリス女学院大学

有賀さんが、1988年フジテレビに入社し、同期入社の河野景子さん、八木亜希子さんらとともに「花の3人娘」と呼ばれ、有賀さんはアイドルアナの先駆けとなった伝説的なアナウンサーであります。

有賀さんは九段高校時代から、1m70cmの長身と持ち前の美貌で、同級生が「他校から見に来る生徒がいた」と伝説を語るほどのマドンナ的存在だったともいい、華やかなルックスだけでなく、当時絶好調だったフジテレビが掲げた「楽しくなければテレビじゃない」を体現するチャーミングな言動で世間から絶大なる支持を得ていました。

私生活でも奔放さ極めており、1995年には芸能事務所社長との不倫が発覚し、会見で「ご家庭があって申し訳ないという気持ち以上にどうしようもない愛を感じる」と発言し世間の注目を集めたことでも有名です。

その後2002年にかつての上司だった和田圭さんと結婚すると、2002年11月には長女を授かり、順調かのように思えたのですが、2006年に突如として離婚。

この際にも有賀さんは「夫婦だったけど上司だった」「彼とは言語が違った」の率直なコメントを残し、またしても世間の度肝を抜いたことでも有名です。

 

死因について

では、有賀さんの死因は一体何だったのでしょうか?

有賀さんの父親の洋さんは、故人の遺志により、死因を公表しない意向を示しています。

一説によれば、有賀さんは薬の副作用のせいか、激ヤセし、髪が抜け落ちているために、かつらを着用していたという話もあることから、強い副作用をもたらす抗がん剤を使用していた可能性もあるとのことです。

すなわち、死因はガンであるという可能性があるのです。

フジテレビ系列のクイズ番組「ネプリーグ」で共演した有賀さんの先輩にあたるフリーの山村美智アナうんさーは「とにかく痩せていて、やせていることについて『ダイエットした』と説明していて、『大丈夫なの?』って聞いたら『体は元気なんですよ』って」と有賀さんとのやりとりをこのように振り返ったのだそうで、「『かつらなの?』って聞いたら、『便利ですよ~。かつらにしてみませんか?』って」と、明るくかつらについて言及している有賀さんの姿もあったのだそうです。

つまり、有賀さんがかつらを使わなければならないほど、酷い副作用に見舞われていたということになるのです。

ですが、古巣であるフジの情報番組が死因特定のため、“行き過ぎた取材”を行い、マスコミ関係者の間で批判が続出しているのだそうです。

有賀さんの父親の洋さんが取材に応じた際、死因が書かれているであろう「死亡診断書」に食いつき、「カメラに映させてください」と食い下がっていたのがフジテレビの関係者であったそうです。

 

永井美奈子と有賀さつきの接点は

永井さんと有賀さつきさんは、局は違いますが同期であり、古くより良きライバル関係にあったそうで、さらに、お互いの子どもの年齢が近いことから、母親としての有賀さんも間近で見てきたといいます。

永井さんは有賀さんの子育てに関しては「お嬢さんのことを本当に大事にしていました。おなかが大きい頃から、この子のために生きると決めていらした」と、コメントをするなど、早すぎる死を悼む声を上げています。

いずれにしても、あまりにも若すぎる死であっただけに、世間に与える衝撃波大きくなることでしょう。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

有賀さつき(ありが)さんの死因が判明か?和田圭が自殺をほのめかし、闘病中の病気の真相も!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!