バディサウンドワークスは夜逃げの末に閉店か!社長の山本誠は以前より評判が最悪だった!

この記事は4分で読めます

出典:ameblo

 

スポンサーリンク

 

お客さんが、修理のために預けたヴィンテージのギターなどが返って来ず、突如として閉店をしたとして、東京都杉並区にある楽器店「バディサウンドワークス」が話題となっています。

バディサウンドワークスが突如として閉店

日テレニュースが報じた以下のような記事を報じ、話題となっています。

東京・杉並区の楽器店で、1本80万円のビンテージのベースなど、修理などのために客が預けた楽器が返されず、トラブルになっていることがわかった。

トラブルが起きているのは杉並区の楽器店「バディサウンドワークス」。4年前、店長から「オリジナルモデルを作る参考にしたい」と頼まれ、およそ80万円のビンテージのベースを貸し出した男性には今もベースが返却されていないという。

(4年前に楽器を預けた)野間口浩さん「一番、思い入れのあるベースですね。採寸をするということで『1~2週間くらいで終わるから』という話で貸したんですけど」

店長には、メールなどで何度も返却を求めたが、「親戚に不幸があった」「携帯の調子が悪い」などと先延ばしにされたという。

店は去年9月ごろに、突如、閉店し、現在は店長の携帯電話もつながらない状態。この店に修理などで預けた楽器が返ってこないトラブルは他にも10件以上起きていて、警視庁にも複数の被害相談が寄せられている。

出典:日テレニュース

 

バディサウンドワークスについて

こちらが、雲隠れをしたとされているバディサウンドワークスの詳細です。

名称:BUDDY SOUND WORKS (バディサウンドワークス)

所在地:東京都杉並区高円寺北2丁目35−11

運営会社:株式会社バディ

代表:山本 誠

『バディサウンドワークス』は、ギター・ベース・関連機材を主にカスタムパーツやヴィンテージパーツなど様々なサウンドメイクに応えるアイテムを多く取り扱っていることで知られている、東京都杉並区高円寺にある、楽器店です。

利用者は、初心者からプロまでと幅広く、店内にリペア工房を完備し、ご購入後のアフターケアや弾き心地の調整更には楽器の改造まで幅広く対応していることでも知られています。

そしてこちらが、問題となっているBuddy Sound Worksの代表である山本誠さんのプロフィールです。

名前:山本 誠(やまもと まこと)

年齢:不明

住所:東京都 練馬区

職業:代表取締役

所属:BuddySoundWorks、株式会社バディ

山本代表は、問題となっているバディサウンドワークスで代表を務める男性で、Facebookなども頻繁に更新をしているとのことです。

ちなみに、こちらが山本代表の顔画像です。

出典:Buddy Sound Works

スポンサーリンク

 

過去にも同様のトラブルが

Facebookのバディサウンドワークスのページを閲覧していたら、大変興味深い内容のレビューがあったのでご紹介します。

このレビューはバディサウンドワークスのお店に委託販売をしたとあるユーザーさんが、その代金が支払われてないとのことで、問い合わせをしたものです。

3月に委託販売をお願いしたMarshall JCM8002203ZWzakk wylde NS-2 (Black)の売上金を未だにいただいていないどころか連絡も取れませんが、何故でしょうか。
4か月間何度も電話、メール、来店を繰り返し、6月に一度お会いできたので機材の返却を求めた所、丁度売れたのでクーリングオフ期間の1週間後連絡すると言ったまま再び連絡がとれません。
関係各所にも、同じような目にあっている方から山本氏の所在について問い合わせがいくつもあるそうです。6月にお会いした際に交通事故にあって連絡が取れなかったと伺ったので気の毒に思いきつく言えませんでしたが、調べてみると他の方はまた別の理由で連絡を取れなかったと言われたそうです。連絡がとれない本当の理由は何でしょうか。お金はどうなさるつもりでしょうか。

出典:Facebook

このレビューを読んでいけば、山本代表がギターだけを持って雲隠れしたということが読み取れるでしょうし、今回とは手口が異なりますが、やっていることは一緒です。

このユーザーさんは、とあるギターを委託販売してもらい、そのお金を受け取って初めて成果と呼べると思われるのですが、ギターだけを先に預かり、代金は全く支払わずに、連絡が取れなくなるというのは、ギターを窃盗したということにされてもおかしくないでしょう。

 

夜逃げや計画倒産の可能性は?

このような Facebookの被害状況を見れば、今回は夜逃げや計画倒産の可能性があることも十分に考えられるでしょう。

夜逃げを行なった場合、現在の社長の居場所などが非常に気になるところではありますが、現在、その足取りに関しては詳しい情報を掴むことは出来ていません。

こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

計画倒産だった場合、その動機などが気になること路ですが、おそらく、資金繰りが厳しくなったために、行なったということが一番でしょう。

前述したFacebookのレビュー投稿ですが、2017年の7月21日に投稿されておりますので、そのもっと前から資金繰りが怪しく、計画倒産をすることを目論んでいたとのではないかと推測されます。

少なくとも、2017年4月の時点では、レビューに対して「素晴らしい店」としていることからも、そこまでは資金繰りは順調だったために、丁寧な対応をしていたと思われます。

嘘か本当か分かりませんが、Facebookのレビュー欄には、お客さんらしく自分つがリペア(修理)を頼んだにも関わらず、返却されていないことを示唆する投稿をしているばかりか、2017年7月には山本代表が交通事故にあっているために、返却できないということを訴えているのです。

私はギターのリペアーを頼み、すでに一年以上戻ってこない状況で何度も連絡をしましたが、都度仕事の状況より後日連絡することになり連絡は来るのですが未だ手元には届きません。

7月に交通事故が起き治療のため入院し手術を受けるような状況と聞きましたので回復を待って納品されると思っていますが、現時点で電話連絡もできない状況となっています、私のほかにもギターのリペアーで預かっているお客さんがいることも言っていましたし、山本さんの回復を待つしか今はない状況だと思います、連絡先はご存知ですか

出典:Facebook

何れにしても、以前より評判が悪かったお店に関する事件なだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

山本誠(バディサウンドワークス代表)の顔画像が流出!過去の被害から計画倒産の可能性が!雲隠れした社長の現在の居場所は?

 
error: You never click here!!