山本啓介(やまもとけいすけ)容疑者の顔画像がこちら!母親を殺害した理由も判明!文京区非常勤職員を逮捕

この記事は2分で読めます

出典:FNN

 

スポンサーリンク

 

東京・文京区の非常勤職員の山本啓介(やまもと けいすけ)容疑者が、母親に暴力をふるい死亡させた疑いで、警視庁に逮捕されました。

90歳母親を暴行死 文京区非常勤職員を逮捕

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

同居する母親=当時(90)=に暴行を加えて死亡させたとして、警視庁麹町署は7日、傷害致死容疑で、東京都文京区非常勤職員の山本啓介容疑者(59)=同区小石川=を逮捕した。

逮捕容疑は平成27年6月下旬ごろ~7月下旬ごろ、当時住んでいた千代田区飯田橋の集合住宅で、母親の敦子さんに多数回にわたって胸や腹を蹴るなどの暴行を加え、多発肋骨(ろっこつ)骨折などで死亡させたとしている。

同署によると、山本容疑者は「腰や脇腹を2、3回蹴っただけ」と容疑を一部否認。山本容疑者が食事を作っていたが、6月下旬ごろから敦子さんがあまり食べなくなり、「腹が立って蹴った」と話している。

7月30日午前7時ごろ、山本容疑者が「母親があおむけで倒れている」と119番通報。敦子さんが骨折などのけがをしていため、同署が捜査していた。

出典:産経ニュース

 

山本啓介容疑者について

こちらが、逮捕された山本啓介容疑者のプロフィールです。

名前:山本啓介(やまもと けいすけ)

年齢:59歳

職業:非常勤職員

所属:東京都文京区役所

在住:東京都文京区小石川

山本容疑者は、平成27年6月下旬ごろ~7月下旬ごろ、当時住んでいた千代田区飯田橋の集合住宅で、母親の敦子さんに多数回にわたって胸や腹を蹴るなどの暴行を加え、多発肋骨(ろっこつ)骨折などで死亡させた疑いで逮捕された文京区の非常勤職員の男性です。

この事件は現在より3年前に発生しており、当時は捕まっていませんでしたが、この度容疑を認めたために逮捕されたのです。

ちなみに、こちらが逮捕された山本容疑者の顔画像です。

出典:FNN

 

スポンサーリンク

 

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して、山本容疑者は「食事を作ったが、食べてもらえず、頭に血が上って手足が出た」などと供述しているとのことで、カッとなって行ってしまった可能性が非常に高いことがいえるでしょう。

つまり、山本容疑者は母親と一緒に暮らしていたことになり、介護などをしていた可能性があるとのことですが、その介護中に食事を食べなかったというたったそれだけの理由で自身の母親を殺害してしまうのは、あまりにも不憫であり、情けないとしか言いようがありません。

まさか、亡くなった母親も自身の息子に殺されるなんては夢にも思っていなかったでしょうし、非常に残念でなりません。

 

なぜこのタイミングでの逮捕なのか?

では、一体なぜこのようなタイミングでの逮捕なのでしょうか?

事件は、平成27年6月下旬ごろ~7月下旬に発生しており、また、7月30日午前7時ごろ、山本容疑者が「母親があおむけで倒れている」と119番通報し、母親の死亡が確認されているのですが、暴行の後があれば警察側も司法解剖などするはずです。

しかしながら、そのようなことは発生当時には行われておらず、もっとも怪しいとされる山本容疑者が逮捕されるまでに3年ほど掛かっているのです。

警察や日本の司法には、推定無罪という原則があり、疑わしきは罰せずと言われるほど、現行犯でない限りは捜査に慎重になるのも特徴です。

直接的な証拠がない場合、物的証拠や状況証拠、目撃証言などあらゆる証拠を駆使して裁判所に逮捕令状を請求するのですが、その捜査が難航したために、このタイミングでの逮捕となったのでしょう。

いずれにしても、文京区の非常勤職員による事件なだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

佐藤亜希子(さとうあきこ)容疑者の顔画像を特定か!動機や育児放棄の可能性についても!北見市で母親が5歳の息子を刺し、逮捕

 
error: You never click here!!