君島かれんとは?wiki風プロフや年がこちら!コカイン使用の真相やグラドルの詳細も!ダンサーの君島カレンが麻薬取締法違反で逮捕

この記事は4分で読めます

出典:イベントサーチ

 


スポンサーリンク

 

国内を中心に活動するダンサーである、君島かれん容疑者が、コカインを使用した疑いで神奈川県警藤沢署に逮捕されていたことが明らかとなりました。

麻薬使用疑いでダンサー逮捕

サンケイスポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

神奈川県警藤沢署は5日、コカインを使ったとして麻薬取締法違反の疑いで、横浜市鶴見区尻手、ダンサー君島かれん容疑者(21)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年10月下旬ごろ、コカインを摂取した疑い。「知人と一緒に薬物を使用した。コカインだとは知らなかった」と供述している。

署によると、昨年10月下旬ごろ、同県藤沢市内で署員が君島容疑者の知人を職務質問し、大麻を発見。一緒にいた君島容疑者の尿を任意で調べたところコカインの成分が検出された。

君島容疑者はフリーのダンサーで国内のイベントなどに出演しているという。

出典:サンケイスポーツ

 

君島かれん容疑者について

こちらが、逮捕された君島かれん容疑者のプロフィールです。「君島かれん」の画像検索結果

出典:Instagram

名前:君島かれん

生年月日:1996年11月25日

年齢:21歳

居住地:神奈川県横浜市鶴見区尻手

身長:150cm

足のサイズ:23.5cm

君島容疑者は、コカインを使用した疑いで逮捕された、国内を中心に活躍するダンサーであり、21歳の女性です。

Twittterのフォローワー数は6万人弱で、Instagramのフォロワー数は12.4万人と、非常に多く、世間やファンの方々から絶大なる人気を誇っていた人物としても知られています。

また、「月島かれん」という名前で、以前にはグラビア活動をしていたことも明らかとなっており、幅広く活動をしていたことでも知られています。

月島かれんのプロフィールがこちら。

名前:月島かれん

生年月日:1997年12月26日

身長:145cm

スリーサイズ:88-62-85 Fカップ

このプロフィールを見れば、月島かれんと君島かれん容疑者のプロフィールには若干の差異があるように思われます。

しかし、身長も5cmほど足りないだけですし、生年月日も1年ほど違うだけなので、単に過去の自分を消し去りたいという思いから、君島容疑者がサバを読んでいる可能性も十分に考えられるでしょう。

今でこそギャルのようなメイクをしていますが、どことなく顔立ちも似ていますし、体系やスタイルなども酷似していること、さらには、Twitter上の情報などからも君島よ容疑者はもともとグラビアアイドルやイメージアイドルとして活動をしていたことは明白でしょう。

 

ダンサーという職業について

フリーのダンサーというのは、仕事以来をInstagramやTwitterのDMと呼ばれるダイレクトメッセージにて受注するケースが多く、イベントにダンサーが必要としているオーガナイザー(主催者)の方々は、このようなフリーのダンサーに直接交渉して仕事の以来をするのが基本なのだとか。

君島容疑者の場合も一緒で、彼女のSNSのプロフィール欄には「仕事依頼はDMにて」という文言があり、そのような仕事の受注の仕方をしていたことも考えられるでしょう。

しかし、どこかの事務所に所属しているわけではありませんので、フリーのダンサーというのは基本的に個人事業主として扱われるのだそうです。

クラブイベントなどに呼ばれれば、そこの出演料などがギャラとして振り込まれますし、ダンスレッスンなどのクラスを持っている場合は、そのレッスン料や月謝などの一部がスタジオからダンサーに支払われるのです。

しかしながら、ダンサーという職業に対しては世間一般や社会の理解度は低く、風当たりも強いのも現状で、”プロ”としてお金をいただけるようになr理、ダンス一本でご飯が食べられるような人々というのはごくわずかなのだそうです。

君島容疑者がどれほど稼ぎのあるダンサーかどうか明らかとなっておりませんが、フリーのダンサーはダンス一本で飯を食べるのは相当厳しく、叩き上げの人でもなかなか難しいのが現状のようです。

 


スポンサーリンク

 

コカインの危険性について

コカインとは、粘膜の麻酔に効力があり、局所麻酔薬として用いられる麻薬の一種で、医療用医薬品としは、安定な塩酸塩として流通しています。

しかしながら、コカインを摂取(内服、静脈注射)した場合、中枢神経興奮作用によって快感を得て、一時的に爽快な気分になることがあるとされており、コカインの中枢作用は覚醒剤(アンフェタミン類)と類似しており、モノアミントランスポーターの阻害により、カテコールアミンを遊離させ、脳のカテコールアミン作動神経に作用するため、法律で一般の方の使用を固く禁じられているのです。

また、依存性も高く、身体依存というよりは、主に精神依存であり、コカインは作用が強烈で短時間作用し、覚醒剤の作用はコカインより弱いのですが、長時間作用するのだそうです。

また、コークバグと呼ばれる強い幻覚症状を引き起こすとされており、あの有名な炭酸飲料のコカ・コーラのネーミングもこのコカインに由来しています。

コカインは、アメリカやヨーロッパなどでは、古くから麻薬として取り締まりがされており、大麻や覚せい剤と並んで、日本でもと取り締まりを強化している麻薬の一種であります。

ダンスやクラブシーンではしばしば、大麻使用や所持で逮捕や摘発者が出たりと、何かとイメージがよくありませんし、現にヨーロッパなどのクラブではVIPルームを貸し切って大麻パーティーやコカインパーティと呼ばれる非常に危険な遊びが蔓延している地域もあるのだとか。

使用方法は、水溶液にして静脈を注射するのですが、無色無臭のため、コカインだと知らされなければ、分からずに使用をしてしまうこともあるのだそうです。

そのため、本当かどうか分りませんが、君島容疑者は警察の調べに対して、「知人と一緒に薬物を使用した。コカインだとは知らなかった」と一部容疑を否認しているのです。

しかしながら、”薬物”を使用したという自覚はあるようで、コカイン以外でも種類によっては薬物の使用は禁じられていますので、犯罪を犯している自覚そのものが欠如していたということも十分に考えられるでしょう。

 

なぜコカインを使うのか?

では、なぜコカインを使うのでしょうか?

ネット上では、君島容疑者に対して”薬中”すなわち薬物中毒である可能性を示唆している人もいるほど、コカインの依存性は高いとされています。

おそらくですが、コカインを摂取した状態で踊ると、いつもより音楽を感じることができたり、ノレたりと、自分の実力以上の力を発揮でき、なおかつ覚醒状態に入ることで、気持ちよくなれるために使用をしていたことが考えられます。

しかしながら、このような薬物に頼ってダンスをするというのは、本来しっかりと踊っているダンサーさんに失礼に当たりますし、自分は実力がないということを知らしめていることにもなります。

このコカインや他の薬物に頼らなければ踊ることができない体になってしまったのであれば、それはもうダンサーではなく、ただの薬中と揶揄されても仕方のないことでしょう。

いずれにしても、ダンサーのコカイン使用による逮捕なだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

君島かれんは月島かれんで元グラドルだった!コカインの危険性や逮捕の真相も!麻薬使用のダンサー君島カレンとは?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!