佐野拓哉(さのたくや)容疑者の顔画像を特定か!ショベルカーで突っ込んだ理由がヤバい!大阪市生野区の事故で女児が死亡

この記事は3分で読めます

出典:NHK

 

スポンサーリンク

 

大阪市生野区で、1日午後4時ごろ、歩道にショベルカーが突っ込み、11歳の女の子が死亡するという事故が発生し、警察は、重機を運転していた佐野拓哉(さのたくや)容疑者を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

歩道にショベルカー突っ込む 聴覚支援学校児童ら5人負傷

産経WEST他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

1日午後4時ごろ、大阪市生野区桃谷の市道交差点で、道路沿いの歩道にショベルカーが乗り上げ、近くの大阪府立生野聴覚支援学校の教員や児童計5人が次々とはねられた。このうち女児(11)が心肺停止状態で、ほかの4人も骨折などのけがをした。

大阪府警生野署は同日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の容疑で、ショベルカーを運転していた建設作業員、佐野拓哉容疑者(35)を現行犯逮捕。「信号が青から赤に変わったときに停止しようとしたが、ブレーキとアクセルを踏み間違えた。交差点に立っていた5人くらいに大けがを負わせてしまった」と供述している。

同署や消防によると、心肺停止の女児のほか、別の女児(11)と教員の女性(45)が骨盤骨折の重傷、もう1人の教員女性(41)と男児(11)も頭や足に負傷した。

現場は校舎北側の歩道。児童3人はいずれも同校の小学部5年生で、けがをした教員2人に付き添われて下校中だったという。

同校は聴覚障害のある3歳児から中学生までの児童生徒らが学ぶ施設。

佐野容疑者は近くで道路工事中だったとみられる。工事現場の関係者から「ショベルカーが歩道に乗り上げた」と119番があった。

現場はJR大阪環状線桃谷駅から北に約300メートルの市道交差点で、支援学校のほか店舗や住宅が立ち並ぶ地域。

同校関係者は「何が起きたのか分からないが、うちの生徒も巻き込まれたようだ」と心配そうに話した。

出典:産経WEST 

 

佐野拓哉容疑者について

こちらが、逮捕された佐野拓哉容疑者のプロフィールです。

名前:佐野拓哉(さの たくや)

年齢:35歳

職業:建設作業員

在住:大阪・阿倍野区

佐野容疑者は、1日午後4時ごろ大阪市生野区の生野聴覚支援学校北側の歩道に、重機が突っ込むという事故で、重機を運転していたとされる人物で、大阪市阿倍野区の住む、建設会社に勤める従業員の男性です。

この事故で支援学校に通う小学5年生の11歳の女の子が死亡、別の同級生の女の子も骨折するなど重傷で、ほかに11歳の男の子と引率していた41歳と45歳の女性教諭がけがをするなど、甚大な被害が及んでいます。

ちなみに、佐野容疑者の顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 

事故現場は?

では、事故現場とされている場所は一体どこなのでしょうか?

NHKなどの報道によれば、大阪府大阪市生野区桃谷1丁目2−1にある、大阪府立生野聴覚支援学校の側だということで、JRと近鉄が乗り入れる鶴橋駅から500メートルほど離れた児童らが通う聴覚支援学校の近くということもあり、おそらくこの辺なのではないかと推測されます。

大阪市生野区は、大規模なコリアンタウンが存在していたり、「大阪府立生野聴覚支援学校」などのように、大阪府北部・東部に在住する聴覚障害のある子どもが主に学べる府立の支援学校などもあります。

大阪府立生野聴覚支援学校は幼稚部・小学部・中学部を設置しており、今回事故に巻き込まれてしまったのは、この学校の小学部の生徒と、その先生なのではないかと言われています。

 

スポンサーリンク

 

事故原因は?

では、事故原因は何だったのでしょうか?

佐野容疑者は警察の調べに対して、「信号が青から赤に変わったときに停止しようとしたが、ブレーキとアクセルを踏み間違えた。交差点に立っていた5人くらいに大けがを負わせてしまった」と供述をしており、単純な操作ミスであった可能性が浮上しているのです。

また、被害に遭われた小学生は、聴覚に障害を持っているということもあり、重機が歩道に突っ込んでくる際のけたたましい音などに気がつかなかった恐れもあります。

気がつかない、もしくは気がつくのが遅れてしまったために、このような悲惨な事故に巻き込まれてしまったということも十分に考えられるでしょう。

しかしながら、この場合は100%運転手が悪いとされますし、業務上過失傷害や、過失運転傷害などの容疑で逮捕・起訴されることが濃厚です。

 

生徒や児童が亡くなる事件が多い

先日、岡山県赤磐市で下校中の児童の列に軽トラックが突っ込んだ事故で、重体となっていた女子児童の死亡が確認されたり、群馬県前橋市の県道で9日朝、自転車で登校中の女子高生2人が逆走してきた乗用車にはねられ、重体となった事故では、意識不明の重体となっていた太田さくらさんが死亡するなど、不慮の事故や理不尽な交通事故によって生徒や学生が亡くなる事件が多発しています。

いずれも、ブレーキとアクセルの操作を間違ったや、気づいたら事故を起こしていたなど、大人の不注意や単純な操作ミスによって幼い命が奪われてしまっています。

今回の事故も、車よりはるかに殺傷能力のあるショベルカーが歩道に突っ込んでおり、その原因が操作ミスであるという言い訳は通用しないでしょう。

何れにしても、亡くなった小学生の女子児童には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

生野区桃谷でショベルカーが突っ込む事故!犯人の顔画像や名前が判明か?現場は生野聾学校付近との情報

 
error: You never click here!!