登坂アナのスキャンダル(不祥事)、セクハラ疑惑の詳細がこちら!相手や女性問題での降板理由も明らかに!

この記事は3分で読めます

出典:ハフィントンポスト

 

スポンサーリンク

 

フジテレビは26日、4月から平日夕方の報道番組「プライムニュース(仮)」(月~金曜午後4時50分)のキャスターに就任する予定だったフリーの登坂淳一アナ(46)が、発売中の「週刊文春」でセクハラ問題を報道されたことを受け、起用を取りやめたと発表し、世間に衝撃が走っています。

セクハラ疑惑の“麿”登坂アナ、突然の降板

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

フジテレビは26日、4月に始まる報道番組「報道・ニュース新番組(仮)」(月~金曜、午後4時50分~7時)でメインキャスターを務める予定だった元NHKアナウンサー登坂淳一さんの起用を取りやめると発表した。

登坂さんは、今週発売の週刊文春でNHK在職時のセクハラ疑惑を報じられていた。登坂さんから「大事な新番組を傷つけることは本意ではなく、出演を自粛したい」と申し出があったという。

登坂さんは所属事務所のホリプロを通じ、コメントを発表した。

「4月から新たに始まるフジテレビのニュース番組のキャスターのお話をいただいていたのですが、今回の週刊誌報道でお騒がせしたことを受けて、出演を辞退することにいたしました。報道内容については、身に覚えのないことも多く、困惑するような内容で非常に残念ではありますが、大事な新番組を傷つけることは本意ではなく、自ら身を引く潔さも大切と思い至るようになりました。今後も様々なお仕事に挑戦していく所存ですので、何卒よろしくお願いいたします」

出典:朝日新聞デジタル

 

セクハラ疑惑について

朝日新聞などの、メディア各局の報道によれば、登坂アナは、先日発売された週刊文春によってセクハラ疑惑を報じられているとのことですが、一体どのような内容なのでしょうか?

2011年6月、札幌放送局に赴任していた登坂アナは、取材のため、NHKのあるローカル局を訪れた際に、当時NHKの新人キャスターだった田中知子さん(仮名)に対して、セクハラ行為をはたらいたのだと言います。

彼女の相談を受けていた学生時代の友人が、当日の様子を明かす。

「席に着くなり、登坂さんは彼女の膝を撫で回すように触ってきたのです。彼は何杯か飲んでいたけど、酩酊はしていなかったそうです。田中さんの身体を触りながら、耳元で『一緒に抜け出さない?』と囁いてきたといいます。彼女は『初対面なのにベタベタ触ってきて嫌だな。この人は女性を見下しているな』と感じたそうです。ただどう対応すればいいかわからなかったので、とりあえずトイレへ逃げた。すると登坂さんが追いかけてきたのです」

そしてトイレ前の廊下で登坂氏は、田中さんに何度もキスを迫った。「やめてください!」という彼女の言葉を気にすることなく、行動をエスカレートさせていった――。

出典:週刊文春

なんと、キスを迫ったり、胸をまさぐり、スカートをまくり上げて下腹部へ手を伸ばしていたとのことですが、NHKの看板キャスターとして長年君臨していた人物で、公家のような風貌と白髪から”麿”と呼ばれ、お堅いイメージがあった登坂アナだけに、このセクハラ行為が事実であるならば、相当なスキャンダルでしょう。

さらに、当時所属していたNHKの内部調査では、この事実関係を認めているとのことで、セクハラがあったことは明白なのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

セクハラ相手のNHKキャスターとは

では、セクハラ相手の新人キャスターは一体どのような人物だったのでしょうか?

文春の報道では田中知子さん(仮名)としていますが、ネット上ではNHK青森には同姓同名の契約社員のキャスターがおり、NHK青森放送局の夕方の情報番組「あっぷるワイド」などにも出演経験がある人物の田中知子(本名)さんのことを、セクハラの相手なのでは?としているメディアや、意見が多く見受けられましたが、その本人である可能性はまずないでしょう。

なぜなら、わざわざ仮名を使っているにも関わらず、本名と同姓同名はおかしいですし、さらには、2011年3月NHK青森放送局に入局していますが、その際は契約キャスターであったからです。

また、登坂アナは札幌に赴任していましたし、青森のキャスターに対してセクハラをするのは非常に考えにくいでしょう。

 

不祥事続きのフジテレビ

プライムニュースは、フジテレビの低迷する視聴率再建を目論んで、登坂アナなどを起用しましたが、このタイミングでのスキャンダルの発覚に、降板をせざるを得ない状況に陥ってしまいました。

さらには、「週刊文春」で「BSフジLIVEプライムニュース」「ワイドナショー」を担当していたフジテレビの秋元優里アナウンサー(34)と40代プロデューサーとのW不倫疑惑が報じられ、全番組の出演見合わせという事態も招いています。

遡れば、キャスターの不祥事で言えば、平成28年、ショーン・マクアードル川上氏が学歴詐称でニュース番組「ユアタイム~あなたの時間~」を降板したこともあり、およそ2年間もの間に、これだけの不祥事が繰り返されているのです。

全く学習することなく、同じ過ちを繰り返してしまったフジテレビ。

フジの番組改編会見で立木洋之編成部長の口から飛び出したのが「今、フジは完全に非常事態です」という危機感にあふれた言葉でしたし、人気番組の「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜・後8時)や、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜・後9時)、「おじゃMAP!!」(水曜・後7時)などが、次々と打ち切りになることからも、非常に経営状態は危ういのでは無いかとも言われています。

今年の4月に、大規模な改変を試みる予定だったフジテレビですが、このような相次ぐ不祥事に、業績回復はおろか、視聴率の奪還などは不可能なのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

秋元優里の不倫相手のプロデューサーは誰?モザイクなし顔画像やW不倫の真相についても!

 
error: You never click here!!