野中広務氏が死去し死因が判明か?出身地や沖縄問題の差別などについても!官房長官や自民幹事長を歴任した政治家が死亡

この記事は4分で読めます

出典:Twitter


スポンサーリンク

 

自民党の元衆議院議員で、党の幹事長や官房長官などを歴任した野中広務氏が26日午後、京都市内の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。

野中広務氏 死去 自民党幹事長や官房長官など歴任

YOMIURI ONLINE他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

自民党幹事長や官房長官などを務めた元衆院議員の野中広務(のなか・ひろむ)氏が26日午後、京都市内の病院で死去した。

 92歳だった。告別式は未定。

 野中氏は旧制京都府立園部中学校を卒業後、園部町議、園部町長、府議、副知事を経て、1983年の衆院補選で旧京都2区から初当選した。2003年10月に政界を引退するまで、連続7回当選した。

 1994年6月に村山内閣で自治相・国家公安委員長として初入閣し、95年1月の阪神・淡路大震災、3月の地下鉄サリン事件などの対応に手腕を発揮。98年7月の小渕内閣で官房長官となり、自自公連立の立役者となった。2000年4月の森内閣では党幹事長に就任。加藤紘一元幹事長が内閣不信任案に同調する動きを見せた「加藤の乱」では、鎮圧に回った。

出典:YOMIURI ONLINE

 

野中広務氏について

こちらが、亡くなった野中広務さんのプロフィールです。

出典:Twitter

名前:野中広務(のなか ひろむ)

生年月日: 1925年10月20日

出身:京都府南丹市

学歴:京都府立園部中学校

所属政党:自由民主党

野中広務さんは、1943年春、旧制京都府立園部中学校を卒業し、日本国有鉄道大阪鉄道局の職員として採用され、大阪・梅田の大鉄局業務部審査課に配属された経歴を持っています。

ここで、当時の局長であった、後の総理大臣である佐藤栄作氏と出会い、国政へと興味を持つようになります。

最初は、衆議院議員の秘書や町長など、町政に携わるようになり、やがて、野中さんは京都府議会議員や京都府の副知事を務めたあと、昭和58年に行われた衆議院旧京都2区の補欠選挙で初当選し、7回連続で当選しました。

また、1994年の村山内閣の際には、自治大臣・国家公安委員長として初入閣を果たし、内閣の一部を担う存在として、国政に尽力をした人物でもあるのです。

「郵政族のドン」としても知られ、特定郵便局長会に強い影響力を持ったほか、副知事などの地方行政の長い経験や自治相の経験から、自治省(後の総務省)にも影響力を持っていましたが、平成13年に小泉内閣が発足すると、野中氏は一貫して小泉総理大臣の政治手法を批判し、小泉総理大臣からは「抵抗勢力」として位置づけられていました。

また、地下鉄サリン事件の解明を指揮したことから、地下鉄・霞ケ関駅で行われる犠牲者の慰霊式に毎年、足を運ぶなど、弱者に対するまなざしを大切にする政治家としても知られており、さらには、自身が戦争を体験していることからも、「戦争が、どれだけ大きな犠牲と傷痕を残してきたか、もう一度歴史を学んでほしい」と犠牲者に寄り添う信念を持ち合わせている一面もあります。

そんなこともあり、引退後も憲法改正には消極的な姿勢を見せていましたが、体調の不良を訴え、2018年1月26日午後、京都市内の病院で亡くなりました。

 

死因は?

では、野中広務さんの死因は一体何だったのでしょうか?

報道機関各所によれば、死因について言及しているところはなく、”体調不良”とだけしか報道していないのは事実です。

その詳細は、野中広務さんは2017年11月27日夜に京都市内のホテルで倒れ、病院に緊急搬送されたのですが、その時点では「容体は安定している」と報じられており、病気などが発覚したような報道はありませんでした。

急に倒れるというのは、くも膜下出血や、脳梗塞などの脳系の病気、もしくは心筋梗塞や心不全、肺気腫などの心肺系の病気などがあげられますし、どこかしらにガンを発症し、転移していた可能性も捨て切れません。

しかしながら、92歳というのは大往生でありますし、老衰の可能性も考えられますので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 


スポンサーリンク

 

Twitter上の反応

こちらのニュースに関して、Twitter上では多くの意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

など、元官房長官などを歴任していた有名政治家であるだけに、非常に多くの方が、驚きを隠せないといった様子です。

 

なぜ沖縄県に寄り添わないのか?

昨年、当時の、今村復興大臣は「(震災が)東北でよかった」との東北を傷つける発言をし、安倍首相自らもおわびをするなど、社会問題にまで発展した事件がありました。

もちろん今村復興大臣は更迭されましたが。

一方では、米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立てが強行されるなど、由々しき問題も発生しているのですが、その沖縄に対し、政府や私たち国民はどのように向き合っていけば良いのでしょうか?

原発の立地や再稼働については地元の意見が尊重されるのに、なぜ米軍基地について沖縄の意思は無視されるのでしょう。

沖縄をバカにするような閣僚発言が厳しく問われなず、東北の被災に深く思いを寄せる人が、沖縄の理不尽な扱いに敏感でないのはなぜなのでしょうか。

野中広務さんは、戦争中の召集経験があり、党内では「ハト派」として弱者への配慮を持ち続け、イラク戦争などで自衛隊の海外派遣に抵抗しており、親中派で北朝鮮との関係改善、沖縄問題などに尽力したことでも知られています。

野中さんが亡くなった今、我々は、改めて沖縄問題にしっかりと向き合っていかなければならないのではないでしょうか?

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

『なぜ沖縄に寄り添わないのか』この投書から紐解く、沖縄基地問題の全て

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!